知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

副作用が大きすぎるストレージ・サービス違法判決

»

自分のCDをリップして、アップロードし、自分の携帯電話にダウンロードできる(他人の携帯電話にはダウンロードできない)というストレージ・ホスティング・サービスが著作権侵害を構成するという判決が東京地裁でなされました(参照記事)。

判決文がまだ裁判所のサイトにアップされてませんので、報道内容から推定して検討します。

「システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」

ということで、いわゆるカラオケ法理が適用されたということのようです。

要は、「自分が所有する著作物を自分が使用するためだけにストレージ・サービスに許諾なくアップすると著作権侵害である」ということになります。

解釈論の話はさておき、現実的妥当性という観点から見るとこれは非常によろしくない判決ではと思います。この判決では、音楽の著作物だからとかCDだから、ストレージ・サービスだからとかは言ってないようなので、影響は広範囲です。

たとえば、出張先から新聞記事のスキャンを家人に頼んでメールで送ってもらうというのはアウトになり得てしまいます(実際には家人があなた宛てに送っているのですが、法的には「メール・サーバの管理業者が公衆に対して送っている」と解釈されてしまいかねないわけです)。FAXで直接送るのならOKかもしれませんが、それが蓄積交換型のFAXサービスだとアウトかもしれません。

一番極端なケースを言えば、自分の所有する著作物を自分に対してメールする場合でも、すべて自前のサーバを経由するのでない限り、著作権者の公衆送信権を侵害し得てしまいます。

いわゆるストレージ・サービスに限らず、メール・サーバを始めとして複製行為を行っているサービスはすべてリスクがあることになります。

自分のCDを携帯にダウンロードできてしまうと、JASRAC的にはドル箱の着うたの収入に影響があるので(百歩譲って敢えてJASRACの立場に立てば)困るのはわかります。しかし、この判決はあまりにも副作用が大きすぎます。地裁判決なので今後どうなるかはわかりませんが。


キーワード記事*

知的財産著作権Webサービス

Comment(34)

コメント

Can

歌詞を印刷したものをFAXで送る相手が、「FAXお知らせメール」というNTT西日本のサービスを使っていれば、NTT西日本のサーバにデータが蓄積されるのですが、JASRACはNTTを訴えるのでしょうか。見ものですね。

貧乏神

インターネット自体がこういう伝言サービス型の実装では?

インターネットを使うと一体誰を訴える気なんでしょうね。これだからJASRACは時代遅れの大馬鹿者だと言われるんですよ。

これが違法ということは、自分で買ったCDをダビングしたMDが入ったバッグをコインロッカーに預けるのも違法ということになるのかな。「システムの中枢になるコインロッカーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ」ということになるのだから。

arere

>複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ
コインロッカーだと「複製」の行為主体は利用者なので今回の事例には当てはまらないですね。

takabe_aho

うちの会社さ、ネットワークスキャナが各フロアに入ってるんだが、これって一旦会社のサーバーに蓄積されて、各人のPCに落とす方式なんだよね。
顧客からの手紙とか手書き書類とかスキャンして管理しててすごく便利なんだが、俺は自分の会社から訴えられることになるのか?それとも手紙を書いた人から訴えられることになるのか?
っつーか馬鹿じゃね?

ak

アップロードするファイルは、すべてGnuPG等で、暗号化してしまうしかないですね。

暗号化しても著作物は著作物。

ってことじゃん?

通りすがり

掲示板に書き込むのも違法なんですか?

ていか

全てのデータが保存されるインターネット自体が違法と言う意味になるのでは・・・

日本音楽著作権協会(JASRAC)は、このストレージサービスによって訴えなければならないほど不利益があったのかな?
あったとすればどんな不利益だったのかな?
そして
これによって誰が得するのかな?

yyy

>自分のCDを携帯にダウンロードできてしまうと、JASRAC的にはドル箱の着うたの収入に影響があるので(百歩譲って敢えてJASRACの立場に立てば)困るのはわかります。

これって裁判官が「JASRACの立場に立たないと」困るって事はわかんないんじゃね?
「判決に左右されるユーザーの立場」ってのはかんがえないんじゃね?

カラオケ法理を援用しつつ、(著作物の複製・利用等に係る)勧誘行為や継続性といった「故意性」(そして、そこに包含される「専ら性」)を無視した論理展開をするのは、ただの「あおり記事」としか思えませんね。

しかも、著作権侵害の恐れがある者が「サービス提供者」と「サービス利用者」のどちらなのかすらコチャマゼになってますし。

とても弁理士の書いた文章とは思えませんし、一般への誤解を広める以外に効用のない最低の記事です。

記事のbold部分じゃないですが、「あまりにも副作用が大きすぎます」。記事の訂正をすべきでしょう。

4e

新参のオンラインサービスのみならず、旧来のサービス(インターネットに限らず)すら全否定する勢いの判決であることは最早疑う余地が無い。
それは既に(彼等を除いた)衆目の一致するところなので置いておき、一点だけ指摘したい。
「MYUTAの弁護陣は何をやっていたの?」
こんな愚にもつかない判決、覆せるでしょうに。。。

alb

もしこれが非親告罪化がなされ、高裁Lvでの判決が確定した場合・・・
全インターネットは違法&訴訟対象になりうるってことですね

上に書いている方の批判に対して質問していいものか分かりませんが
たさん
どこがどう誤解なのでしょうか?
論理に対する批判しかなく、「誤解」に対する具体的な指摘を教えて頂けないでしょうか?

tatenon

インターネットの仕組みから考えれば、全てのデータがアウトですね。
メールやWEBはおろか、もうパケットレベルで全てのデータが著作権侵害。
プロキシサーバーなんて保有してるだけで逮捕ですね。

やはり技術的な知識の無い裁判官にこの手の判断は無理があるのかな・・・もう随分昔から問題視されていることだけれども。

albさん

 記事を書いた人が書けばよいと思ったのですが、ご指摘を受けたので。(かなり端折りましたが長いです)
#判決文を読んでいない(最高裁のWebが激込み…)状態で推測ベースで書くのも気が引けるのですが…。


 で、いわゆる「カラオケ法理」というのは、「著作物の利用」が行われていることが前提の下で、いくつかの条件(管理性、誘因性、有償性など)が整った場合には、直接利用者(だけ)ではなく、環境の提供側が(も)侵害の主体となる、という考え方(「侵害者は誰か」が論点)です。
 したがって、「カラオケ法理」をベースに論を展開するのであれば、「今後新たに○○という行為が著作権侵害に該当しうる」という論理展開にはなりえません。
#もちろん、「個人」が「公衆」となるが故に私的使用の枠外となり、結果著作権侵害となる行為もあるわけですが、これは「カラオケ法理」の外の話(行為の主体が確定した上での、単純な著作権法の当てはめ)です。

 概観としては、
  http://www.mext.go.jp/b_menu//shingi/bunka/gijiroku/013/05072901/004-2.htm
あたりを参照ください。

 にもかかわらず、今回の判決で著作権侵害の恐れがある行為が拡大される、とコメント欄やトラックバック(さらに本記事にリンクを張っている2ちゃんやスラド)で誤解している方が多々いらっしゃる、というのが「誤解を広める」と私が主張しているベースです。
#現にalbさんも「全インターネットは違法」と勘違いされていますし。


 なお今回の事案に関して付言すると、「公衆が利用することを目的として設置された自動複製機」を用いた複製は私的使用に含まれません(著作権法第30条第1項第1号)ので、「レコードの著作物」を「携帯電話」へ複製することを「容易化」するシステムを誰もが利用可能な状況にあるのであれば、それを利用する行為も利用させる行為も複製権の侵害に当たります。
#携帯電話に個人がコンテンツを入力することは現状困難であり、だからこそMYUTAのようなサービスが成立するのでしょうが、そうれあればあるほど「自動複製機である」という主張が通りやすくなります。
#またここでいう「公衆」は、「複製したものを利用できるのが公衆」でなく「複製機を利用できるのが公衆」です。したがって、記事中に引用されている判決の考え方は、法適用的には明らかに正しい。

 その一方で、ftpやメール送信などは、通常の記録媒体(FD,CD,DVD,USBメモリなど)の代わりにサーバーを使うに過ぎませんので「容易化」とは言い難く、さらに「著作権侵害以外の真っ当な使い方」をいくらでも説明できるので「複製機」ともいえない可能性すらあるため、その役務提供全体をとらえて「複製権の侵害」と主張することは極めて困難と考えられます。
#取り扱ったデータを個々に見れば、それが著作権の侵害に当たることはあり得ると思います。

 また、ftpなどにおける公衆送信権侵害については、もっぱらその目的で利用されていることを管理者が認知している状況でなければ、管理者が主体とみなすことは困難です(ファイル・ローグ事件の判例を参照ください)。


 したがって、報道ベースの情報から想定されうる副作用は極めて限定的であるにもかかわらず、著作権法の解釈の基本を示さず、かつ知財の専門家という属性を知らしめた上で、「副作用が大きすぎる」「この判決では、(略:役務を限定していない、という趣旨)ようなので、影響は広範囲です」と無用の混乱をあおる行為は、極めて無責任と私は考えます。


 最後に、私もネットワーク上のサービスに対する今回の判決の影響範囲を見積もることは極めて重要だと考えています。ただ、そのために必要なのは、「どのような条件が積み重なった結果として今回の結論に至ったのか」という(判決文をベースにした)冷静な分析であり、この記事のように判決分も読まずに無用の心配の種をまき散らす存在は迷惑でしかありません。

やっと判決が読めました


ざっと読んだ限りでは、知財高裁などで示された著作権法関係判例の解釈の流れに沿いつつ、「本サービスのみに特化した」極めて穏当かつ適当な判決だと思われます。


本サービスの「仕組み」に関する裁判所の理解も十分ですし、被告(JASRAC)主張として「掲示板や一般のストレージサービスと本件は違う(p5)」とも明記されています。
#仕組みに対する記載は、下手なSEが書く概念設計書より詳細かつ分かりやすいレベルですね。

したがって、今回の判示は「MYUTA」に限るものであり、「ストレージ・サービス違法判決」ですらありませんでした。


さて、本記事が前提としている「この判決では、音楽の著作物だからとかCDだから、ストレージ・サービスだからとかは言ってない」というものが崩れた中、裁判長への誹謗中傷の根拠(の一つ)として多方面からリンクが張られた本記事、どうされるおつもりなんでしょうか。


とまで書いたら、本記事の修正ではなく、別記事(5/28付)を立てたようです。
#相変わらず「カラオケ法理」や著作権法上の「私的使用」&「公衆送信の『公衆』」の概念が理解できていないようですが。


まぁ、blogの仕組み上やむをえないのでしょうが、多方面からリンクが張られているこちらにも「新記事を書いた」とかけないものでしょうか?

alb

たさん
返答ありがとうございました。
>>「掲示板や一般のストレージサービスと本件は違う(p5)」
とありますが
そうすると、このサービスにおいて、音楽に特化しなければ適法と見なされる・・・そういうことでしょうか?(音楽のアップが可能でも)

また、手段の容易化による著作権違反との記述がありますが
そもそも現在の携帯の多くにはSDカードなどのフラッシュメモリスロットが装備されており、コンテンツの移動は可能です。このような状況で容易化というのは納得しがたいところです。
さらに複製権にしても、個人の所有する携帯であれば私的複製の範疇なのでは無いでしょうか?

判決が本サービスに特化しているとの事ですが、まだ混雑が激しく判決文が読めませんので、その辺りについては控えさせて頂きます

テント

た様
>#携帯電話に個人がコンテンツを入力することは現状困難であり、だからこそMYUTAのようなサービスが成立するのでしょうが、そうれあればあるほど「自動複製機である」という主張が通りやすくなります。

今回の携帯電話へのコンテンツ入力は転送禁止や保護を解除している訳ではありませんでした。
ではこの様なソフトウェアを開発販売した場合、自動複製機であると言われてしまうのでしょうか?
CDリッピングソフトが出た当時もそうだったのですが、新規案件への圧力ともとられます。
現在CDリッピングソフト(例:iTunes)は大衆化して、ソフト開発に利権はからみません。
しかし携帯電話への転送ソフトは許しませんということですね。
そういう意味で不当だと考えられるのです。

robo

今回は、以下の2点が問題とされており、
判決ではどちらの主体も原告(サービス提供者)であるとしています。
 1.複製行為の主体は誰であるか(判決文本文P27~)
 2.公衆送信行為の主体は誰であるか(同P33~)

そして、これらの主体がサービス提供者であるならば、
サーバ内でユーザと楽曲とが1対1に紐付けられていたとしても、
このサービス自体は誰か特定の人のために実行されるのではなく、誰もが参加可能なものであることから、
このサービスは公衆に向けたものであり、よってユーザは公衆とみなされます。

このため、著作権者の許諾を得ずに以下の行為をサービス提供者が行うことは著作権侵害となります。
 1a.ユーザ(公衆)のために複製を行うことは、著作権侵害。
 2a.ユーザ(公衆)に向けて送信を行うことも、著作権侵害。

alb

判決文を読みましたが、確かにこの裁判についてはMYUTAに特化している様ですね。
結局のところ、着歌用の3G2ファイルへの変換が、サーバー上で行われていることが問題ってことですか
確かにサーバー上で形式を変換した場合、元のデータとは別物となり、不特定多数への送信であることに異論は無さそうです
 
つまり、変換ソフトをユーザーのPCに落とし、そこで着歌形式に変換したあと、ただの携帯用オンラインストレージとして利用することまでは禁止してないという判決ですね
 
なんというか、著作権保護のための仕組みが、却って著作権侵害を起こしている感じがします。

alb

判決文を読みましたが、確かにこの裁判についてはMYUTAに特化している様ですね。
結局のところ、着歌用の3G2ファイルへの変換が、サーバー上で行われていることが問題ってことですか
確かにサーバー上で形式を変換した場合、元のデータとは別物となり、不特定多数への送信であることに異論は無さそうです
 
つまり、変換ソフトをユーザーのPCに落とし、そこで着歌形式に変換したあと、ただの携帯用オンラインストレージとして利用することまでは禁止してないという判決ですね
 
なんというか、著作権保護のための仕組みが、却って著作権侵害を起こしている感じがします。

芹沢

公衆送信権とは平文で言えば「誰でも受信可能な状態に置く」権利だと思っていたのですが、違うのでしょうか。
また、MYUTAのシステムはあくまでユーザが自発的にデータを複製し、自分自身に対してのみ送信していることになります。にも関らず複製の主体をMYUTAと見做すこと、公衆への送信と見做すことのどちらにも違和感があるのですが。

albさんとテントさんからご質問をいただいたようなのでお返事おば。

なお、判決文は
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20070528141551.pdf
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20070528142238-1.pdf
からであれば落とせると思います。
#pdf直リンです。

まずalbさん(すでに自己解決されたようですが)
>このサービスにおいて、音楽に特化しなければ適法と見なされる・・・そういうことでしょうか?(音楽のアップが可能でも)

少なくとも今回の判決は「音楽を特定のフォーマット(.3g2)に変換する」というところまで含めて、「管理側が行為の主体」と判断しています。

言い換えると、「音楽に特化していないもの」については、今回の判決は一切判断していません。

ですので、今回の判決を土台にして言えるのは、「音楽に特化していないサービスは適法『かもしれない』」までです。


また、
>現在の携帯の多くにはSDカードなどのフラッシュメモリスロットが装備されており、コンテンツの移動は可能
とありますが、判決では「再生可能な形で携帯電話に取り込むことに関しては、技術的に相当程度困難」と認定されています。

個人的にもメモリカードで持ち込んだストリームデータは、着メロにはできず諦めた記憶が…。


続いてテントさん
>ではこの様なソフトウェアを開発販売した場合、自動複製機であると言われてしまうのでしょうか?

「自動複製機である」と言われるとは思いますが、開発・販売や、それを私的に利用する限りにおいては「公衆が利用することを目的として設置」には相当しませんので、私的利用の範囲にとどまります。
#元々「持ち込んだビデオテープのダビングサービス」を念頭に作られた条文ですので。

したがって、「自分で買った自動複製機を自分だけで使う/個人に向けて販売する」行為は、著作権法上は「シロ」というのが今の主流の解釈と理解しています。


今回問題になっているのは「公衆にサービスとして提供する行為」に限った話であり、自宅もしくは個人の近傍で完結するのであれば、「技術的保護手段の回避」に相当しない限りにおいては、大抵の行為は「私的使用のための行為」に含まれると考えてよいです。

芹沢さん
>公衆送信権とは平文で言えば「誰でも受信可能な状態に置く」権利だと思っていたのですが、違うのでしょうか。

ご指摘の権利は、公衆送信権の一部(であり、「公衆送信が未遂でも侵害する」ために追加された権利)である「送信可能化権」で最も近いものと思います。

公衆送信は、平文で言うと
 ・公衆に向かって
 ・送信する
ことのみが構成要件であり、その内容が人によって異なっていたとしても公衆送信に該当します。
あくまで受信者になりうる人が「公衆(不特定又は多数)」であることがポイントです。

また、
>ユーザが自発的にデータを複製し、自分自身に対してのみ送信
と見えても、そのユーザーを数多抱えるのであれば、「個々の行為はユーザー行為かもしれないが、総体としては役務提供者の主体的行為」と看做されるのが一般です。

著作権法の運用のおいて、看做す際の要件をまとめたのが「カラオケ法理」と呼ばれるものになります。

テント

揚げ足をとる訳ではないので、念のため
判決文を読みました。
>「再生可能な形で携帯電話に取り込むことに関しては、技術的に相当程度困難」と認定されています。
判事はそう解釈したようですが、昔はmp3に変換することも相当困難でした。
公衆にサービスとして提供する行為がなければ総合的に白だったかもしれませんが、
技術的保護手段を回避した訳ではないのに、技術開発によってクリアできる案件を認定し判決の材料にしてしまったことは遺憾です。
結果、着メロサービスへの不当な保護が成立してしまいました。

robo

芹沢さん

まず、著作権における公衆とはなにかと言う点ですが、公衆とは「不特定又は多数の人」です。
すなわち、
・相手が一人でも見知らぬ人なら公衆
・相手が知ってる人でも多数なら公衆
となります。
日常で使う認識からするとかなり違和感がありますね。
今回のサービスはMYUTA側が主体であるとすれば、
対象となる人が不特定であり、かつ多数となりますので著作権的には公衆に対するものとなります。

一方、MYUTAに主体をおくことも違和感があるのですが、
送信する行為は専らMYUTA側が設計し所有し管理しているサーバにより行われるものであり、
その主体はMYUTA側にあるものとされます。
つまり、ユーザによる操作は送信行為のきっかけに過ぎないと言うことです。

また個人認証による紐付けがなされていたとしても、それはその様に設計された結果でしかなく、
MYUTA側が主体となって行う限り、この送信は上述の通り公衆に対するものとなります。

違和感はありますが、理屈に間違いはありません。

なお、まねきTV(TVを録画して送信するサービス)は、
ユーザが購入した市販サーバ(ロケーションフリー)を預かるのみであり、
さらにその操作も全てユーザのみにより行われるものであると主張することで、
自らは複製及び送信行為の主体ではないことを認められています。

テントさん
> 判事はそう解釈したようですが、昔はmp3に変換することも相当困難でした

判決が困難と判断したのは、「フォーマット変換」ではなく、「携帯電話への転送」です。
#流石にauの公式サイトで「QuickTime Proを使えばできるよん♪」と書いてあることを困難というほど、裁判官は馬鹿ではないです。

私も携帯電話端末の「入力側のプロテクト」の詳細は存じませんが、それを回避する結果として、「役務提供者が複製及び送信の主体となっていた」ということと理解しています。

なお、「入力側のプロテクト」については、コピー防止のための技術ではない(携帯電話事業者のビジネスモデル保護の技術も過ぎない)ので、著作権法上の「技術的保護手段」に相当することは有り得ません(不正競争防止法上は謎)から、単に「MYUTA側にそこまでの技術力は無かった」というだけだと思います。

まぁ、どっちにしても、知財関係の法令はあちこちに遍在していて、わかりづらいことこの上ないです。
#だからこそ、専門家にちゃんとした解釈を広く知らしめてもらいたいのに…

芹沢

>送信する行為は専らMYUTA側が設計し所有し管理しているサーバにより行われるものであり
つまりYahoo!ブリーフケースなどのオンラインストレージへデータをアップロードし別の箇所へダウンロードするユーザがいた場合、Yahooも有罪ということですか?そうなってしまうと、やはり影響はMYUTAのみに留まらないのでは。

>判決が困難と判断したのは、「フォーマット変換」ではなく、「携帯電話への転送」です
メモリーカードやPC=携帯電話接続ケーブルを用いてのデータ移動程度のことが技術的に困難とは考え難いように思います。それならむしろフォーマット変換の方がまだしも困難かと。

まあ何にせよ、法律家でない身としてはたとえ判決が法に照らして適正であったとしても「現実的な感覚と乖離した状態が適正とは思えないから早急に法を改正すべき」という結論に落ち着いてしまうのですが。

栗原潔

>「た」さん
亀レスですが回答します。
>しかも、著作権侵害の恐れがある者が「サー
>ビス提供者」と「サービス利用者」のどちら
>なのかすらコチャマゼになってますし
最初は「サービス・プロバイダーが...」と主体を明確に書いてたのですが、判決文をまだ読んでない執筆段階ではひょっとすると共同行為が認定されてる可能性もありますし、サービス利用者にも不法行為としての責任が生じる可能性もあるのであえて主語をぼかした書き方に直しました。
テキトーな知識で煽り文を書いているかと思われてるかもしれませんが(執筆時点での)限られた情報と(ブログとしての読みやすさを想定した)限られたスペースの中でできるだけ誤解がないように書こうとしているのです。
その他の点については、次のエントリーの2007/05/30 09:47のコメントを参照下さい。

QUAD

>メモリーカードやPC=携帯電話接続ケーブルを用いてのデータ移動程度のことが技術的に困難とは考え難いように思います。それならむしろフォーマット変換の方がまだしも困難かと。

これなんですけど
PCから音楽を取り込んでそのデータをSDカード経由で携帯電話に保存しても、着うたとしては利用できませんよね?
だから相当程度困難となるんじゃないですか?

栗原潔

本当のところ、CDを着うた化するのは技術的にどの程度困難なのかご存知な方がいれば教えていただきたいです。au WIN端末が対象です。
ちょっとした工夫でできるレベルなのか、リバース・エンジニアリングしないとできないレベルなのか、プロテクトの解除が必要なレベルなのかということです。もし、最後のケースだとするとまた別の問題が生じてきます。
追加:
"au CD 着うた"等で検索するといろいろと情報が出てきますが、フリーウェアとちょっとした工夫(ファイル名設定等)の組合わせでできてしまいそうに見えます。本判決では「ユーザーが個人レベルでCDの音源を携帯電話で利用することは相当程度困難」と判断されており、それが複製・公衆送信の主体がサービス・プロバイダーであることの論拠のひとつになっているわけですが、この「相当程度」のニュアンスが微妙な気がします。

さやま市

栗原様

auのCDから着うた化なのですが、
「再生だけの着うた」であれば簡単に作れます。

問題は着信音として登録できる着うた、ということになると機種によって可能だったり、不可能だったりします。
現状W41Kを使っているのですが登録可能な着うたが作れます。
特に携帯電話側に細工する必要もなくファイル名設定で出来ます。

まとめると
・機種に依存するが、
「再生できる物だけならだいたいの機種で」
「その楽曲を着信音登録するとなると機種に依存」
という感じでしょうか。

ms

要は著作権モノの割合だと思います。
MYUTAはほぼ100%著作権モノをアップするのに対し、メールサービスは著作権モノをアップする割合は5%もないでしょうからセーフだという判断がされると思います。

コメントを投稿する