知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

著作権は所有権ではない

»

なぜ、人の著作物を勝手にコピーするのはいけないのかという議論がされる時に、人の物を盗むのが悪いのは当然という理由付けがされることがあります。しかし、これはミスリーディングな論理です。傘を盗まれれば、盗まれた人は傘を使えなくなりますが、著作物をコピーされても元々の所有者はその著作物を使い続けられます。あえてオッサン用語を使うと「減るもんじゃない」ということです。

もちろん、「減るもんじゃない」からと言って、著作物をコピーし放題にしていては、クリエイターは適切な見返りを得られなくなり、世間全体で創作意欲がなくなってしまいまずいので、著作物を無断でコピー等してはいけないという制度を人工的に作ったのが著作権制度の意義とされています(いわゆる「インセンティブ論」という考え方。これに対して著作権は著作者の天賦の権利であるという「自然権論」という考え方もあります。これについてはまた別途。)

要は、「人の傘を勝手に持って行ってはいけない」という話と「人の著作物を勝手にコピーしてはいけない」は、結論は似てますが理由付けが異なります。 

昔は著作権(および特許権等)を知的所有権と総称してました。これは誤訳とすら言え、所有権という言葉に引っ張られて「だから著作権は(物の所有権と同じように)絶対的排他権でなければならないのだ」という本末転倒なロジックが展開されるリスクについての指摘が識者によりなされていました(例:『マルチメディアと著作権』(中山信弘))。なお、今日では、知的所有権という言葉はもう使用されなくなっており、知的財産権という言葉が使用されるようになっています。それでも、「著作権=(物の)所有権と本質的に同じ」という前提で議論をする人が今でも多いように思えます。

ついでに言っておくと、Winny問題に関して、JASRACの中の人が「Winnyはピストルだ(ゆえに、それを作って配付した人は罰せらて当然)」という発言をしたのを覚えています。
これを聞いたときは、ベータマックス訴訟の時に映画会社側の人間が家庭用VCRを連続殺人鬼にたとえたという話を思い出してしまいました(今にしてみればお笑いですが)。どちらの場合も、著作権の侵害を(自然権の最たるものである)生存権の侵害にたとえてしまうのはいかがなものかと思います。

(日本国内で)ピストルを作って売れば明らかに犯罪ですし、Winnyを作って配付したことは(今の所は)犯罪とされています。しかし、ここでも結論は似てますが理由付けは異なります。

たとえを使うことでものごとが理解しやすくなることは多いですが、知的財産権はかなり特殊な権利なので、安易なたとえを使うことは本質を見誤らせることになりかねないと思います。

Comment(12)

コメント

通りすがり

「包丁を製造した人を処罰するのはおかしい」という安易なたとえを出す人がいたから、「(包丁ではなくて)ピストルだ」という応答が出てきたという話なのですから、何の不思議もありませんね。

ピストルの製造が違法なのは銃刀法で規制されているからであって、Winnyの製造は規制されていない。だから、そのような主張は不当だというのはわかりますが、JASRACの意見が立法論だとすれば、別になんらおかしくありません。

エクサ

>栗原さん
>クリエイターは適切な見返りを得られなくなり、
>世間全体で創作意欲がなくなってしまいまずいので、

ここは違うのではないでしょうか。
著作権の本来の目的は
 
「世間全体により多くの著作物をより安価に提供する社会的インフラ(印刷出版業者)の保全」
 
であり、その手段として「フェアな業者をアンフェアな業者から守ること」のはずです。
 
かつては、著作物を作者から買った出版社から本が出版されたら、
他の出版社がそれを勝手に複製することが横行していたそうです。
しかし、それでは「著者から原稿を買って出版する」ようなフェアな業者が報われないだけでなく、
「フェアな業者」の経営に悪影響が出ますし、最悪つぶれかねません。
 
「著作物を現実的なコストで複製頒布できるインフラを持つのは出版業者や印刷業者だけ」
だった時代ですから、印刷業者や出版業者が潰れたら、一般の人には「著作物」の入手が
極度に難しくなります。よってそういうフェアな業者を守る必要が出てきます。
 
「一般人が著作物を安価に、沢山入手する事ができる」ためには、
そういうフェアな業者をアンフェアな業者から守る法的枠組みを作らなければならない。
アンフェアな業者がフェアな業者の出版物を「複製して売る」事を、規制できるような
そんな法律を作らなければならない。
 
また、いくら「社会的インフラを保全するため」といっても、一般人の行為などに
多大な影響やデメリットが出るのは許されません。
それは、法律や国家の存在する根本理念の問題です。
 
つまり、
・一般人にメリットが発生すること
 →フェアな印刷業者や出版業者が生き残ることで、
  一般人が著作物を入手するコストが激減する
 
・一般人にデメリットがない(無視できる)こと
 →そのような枠組みが制定されても、一般人には全く足かせにならない
  (複製頒布を行うインフラを持たないから)
 
この二つを同時に解決する法律概念を制定する、ということのソリューションが
「Copyright」で、それが「著作権」といわれているもののはずです。

Copyrightとはその名のとおり、Copy(複製)のright(権利)であり、
その概念が作られた当時、「"Copy"を行えるインフラ」を持っていたのは業者だけですから、
その権利概念はあくまで「業者を守る」為に制定されたと考えるほうが自然ではないでしょうか。

栗原さんの論理では、著作権が「Creators' Right」(創作者の権利)ではなく、
「Copyright」(複製権)である理由を説明できません。
なぜなら、著作権の概念が誕生した時代は
「著作者自身が大規模な複製頒布を行うことは現実的に不可能だった」わけですし、
そんな状況で「著作者を守る権利として複製権を制定する」のは不自然かと思います。

EarlGrey

>通りすがり さん
 『ある創作物の創作者が、必ずしも「著作権者」であるとは限らない』、という点に注意が必要な気がしますが、いかがでしょうか。

 著作権は人格権的要素と、財産権的な要素の双方を持ち合わせています。このうち、財産権的な領域(話題に上がっている"複製権(22条)"などはこちらに入ります)は、他人に対して譲渡可能です。

 著作権が譲渡された場合、創作者は著作者人格権(18条~20条)については引き続き著作権者でありつづけますが、財産権的な部分(21条~28条)については著作権者ではなくなります。譲渡を受けた側(おそらくは専業の業者)が、著作権者として振舞うことが可能になります。この結果、新たに著作権者となった印刷業者などが、著作権の保護を受けることになります。

 結局のところ、著作権法は『著作権を持っている人/法人しか保護しない』ものであって、特定の業者や創作者を守るためのものではない、というのが私の意見です(人格権的な分野は除きますが)。この文脈であれば、いわゆる『インセンティブ論』も十分実効性をもつのではないでしょうか。

ちょっとだけ

「「人の傘を勝手に持って行ってはいけない」という話と「人の著作物を勝手にコピーしてはいけない」は、結論は似てますが理由付けが異なります。 」という点ですが、確かに、有体物に関する所有権を所与のものと見ると一見違いがあるように見えます。しかし、もともと「人が物を所有する」という概念も物の開発や物の利用を促進するためであったことを想起すると(例えば、囲い込み運動や三世一身の法や墾田永年私財法などを考えればそういう面は否定できないでしょう)、所有権概念にもインセンティブ論は、通用する気がします。もちろん民法には著作権法の目的のような規定はないのですが、著作権法の目的条項も「文化の発展」と言っているだけ(「公正な利用」は留意事項だし、「権利の保護」は手段です。)なので、民法の目的が経済の発展ということなら、そんなに変わらない感じもするのです。

エクサ

>ちょっとだけ様
>もともと「人が物を所有する」という概念も
>物の開発や物の利用を促進するためであったことを想起すると

「所有」という概念を「インセンティブに利用」した例があったとしても
「インセンティブのためであった」というのは言い過ぎというか
詭弁とすらいえる程の怪しい論理展開だと思います。

というより、ぶっちゃけ「詭弁」にしか見えないのですが。

ちょっとだけ

>エクサ様
コメントありがとうございます。
「詭弁」を行ったつもりは全くないのですが、そうとられたのなら、説明不足をお詫びします。
所有権と知的財産権の違いを論じるときは、所有権概念がどういう経緯や理由で成立するに至ったのかという点を考慮しなければならない(知的財産権の立法趣旨は、比較的把握しやすいので)、と思ったまでです。
もし、エクサ様が、「所有権」の成り立ちについてインセンティブとは違うというのであれば、所有権が成立した理由はどのあたりにあるのか、それをコメントして頂けると幸いです。
仮に、インセンティブでなく「持つ」という自然な感情が成立に背景にあるということであると、これまた、著作権の立法趣旨の自然権説とすごく似ていると思うのです。

エクサ

>ちょっとだけ様

申し訳ないのですが、貴方がなにを話したいのか分かりません。
「所有権」の由来が「自然感情」であると考えることと、
「著作権」の由来が「自然権」であるという説の間に、
一体なんの関係がありますか?

貴方がおっしゃってる論理は

・A=Bという説を採用すると仮定する
・それは、C=B’という説と似ている

これだけです。
「だから何だと?」という以外に私には返す言葉がありません。

印象操作や詭弁法めいた論理をわざわざお使いになる
理由を知りたいです。

ちょっとだけ

言いたいことは簡単で、筆者の「要は、「人の傘を勝手に持って行ってはいけない」という話と「人の著作物を勝手にコピーしてはいけない」は、結論は似てますが理由付けが異なります。 」とは必ずしも言えないのではないかということです。著作権の趣旨をインセンティブとするにせよ、自然権説的に捉えるにせよ、それは所有権にも当てはまって、実はそんなに理由付けは異ならないのではないかと申し上げているのです。
エクサ様は、所有権概念が認められてきた理由をどのように捉えておられますか?そこをはっきりさせれば、私の意見との違いがはっきりすると思います。

ちょっとだけ

若干説明不足な点があったので補充します。
>「所有権」の由来が「自然感情」であると考えることと、「著作権」の由来が「自然権」であるという説の間に一体なんの関係がありますか?
 「著作権」を「自然権」と捉える考え方の背景には程度の差こそあれ、自分の考え出したものは自分だけのものだという自然な感情があると考えていますので、所有権の由来が「自然感情」とするなら、著作権の由来が「自然権」という説と実はすごく似ていると述べたかったのです。

エクサ

>ちょっとだけ様
>著作権の趣旨をインセンティブとするにせよ、自然権説的に捉えるにせよ、
>それは所有権にも当てはまって、実はそんなに理由付けは異ならないのではないか

あまりにも論理の飛躍がありすぎるのではないでしょうか。

・著作権の由来には、インセンティブ論だけでなく自然権論がある。
・所有権の由来にも、自然権論だけじゃなく、インセンティブ論がある。
・だから、この二つは同じように考えてもいいのではないか。

所有権概念における「インセンティブ論由来」の妥当性、
著作権概念における「自然権論由来説」の妥当性、
そういったものを立論もせずに上記論理を展開するのは無意味です。

「著作権の、自然権由来説の妥当性」の立論と
「所有権の、インセンティブ由来説の妥当性」の立論を行って、
初めて「二つとも同じようなものだ」という論理を
展開できるのではないですか?

よって、引用が前後しますが、上記引用部を論拠としたと思われる
>言いたいことは簡単で、筆者の「要は、(引用者略)理由付けが異なります。 」とは
>必ずしも言えないのではないかということです。

という主張には、合理性が全くないと私は考えます。

この辺の難しい話は分かりませんが、著作権も所有権も似た様な物じゃないですか?
いや、言いたい事は分かるのですが・・・
例えば、「この傘は私の物だから、この傘の貸出しについては私が条件を決める。」とした上で、条件を飲める人にだけレンタルする事が出来ます。
そして、傘は人に譲渡する事が出来て、譲渡すると条件を付けてレンタルしたり、否、レンタル事態が出来なくなってしまいます。
その傘について無関係になってしまう訳です。

続いて著作権ですが、「このソフトは私が作った著作物(言い換えれば私の所有物)なので、私の好きな様に条件を付けてレンタル(複製使用込み)します。」と言える訳でして、更に著作権は本来破棄・譲渡が出来ない物だと聞いた事が有りますが、実際は譲渡されていて、仕事で作った著作物は会社の著作権として扱われます。
そして、譲渡された著作物に関しては、例え私が作ったソフトウェアであろうとも、あれこれ言えない訳です。
譲渡、分与出来ている時点で「物」です。
著作権は二次著作権や特定の権利に関する共有等も有り得るので、株やお金に近いかも知れません。
と、直感的に感じました。

PS.Winnyについて
配布は違法だと言うのはちょっとおかしくないですか?
最近、裁判の流れを把握していないので断言出来ませんが、争点は配布そのものでは無く、作者の教唆行動なのでは無いですか?確か。
もし著作物をコピー出来る物を配布したのがいけないと言う事になったら、著作物をコピー出来るPCそのものや、コピー機等もアウトな訳で・・

コメントを投稿する