知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

著作権法における同一性保持権と「おふくろさん」について

»

この話はいつか書こうと思ってたのですが、ちょうど良いネタがあったのでこの機会に書いておきます。「トクだね!」を見てたら、森進一の「おふくろさん」の作詞者が自分の作品を勝手に改変されたのはけしからんので、森進一にはもうこの曲を歌わせないと怒っているなんて話をやってました。私も初めて知りましたが、「おふくろさん」には別の作者(こちらも相当の大御所)による前奏(専門用語で言うとバースですな)があるそうです。これについて、本体部分の作詞者の方が怒っているという話のようです(何十年も前からバース付きで歌っているのに、何でいまごろ怒り出したのかという問題はありますが)。

番組中で弁護士の先生も言われてましたが、これは、著作権法上の同一性保持権に触れる可能性がなきにしもあらずです。著作権には財産権的な要素と人格権的な要素がありますが、日本の著作権法ではこの辺が明確にわかれており、著作者の権利=著作者人格権+著作財産権という構造になってます。単に著作権といった場合には、著作財産権のことを指すことが多いようですが、広義に著作者人格権も含めて著作権ということもあるようです。

一般的に、違法ダウンロードなんかで問題になる著作権とは著作財産権(狭義の著作権)の方です。一方、「おふくろさん」で問題になってる同一性保持権とは著作者人格権に属します。他人に著作物を勝手に改変されるのは元の作者の人格権の侵害にあたるということです

なお、著作財産権は他人に売ったりライセンスしたりできますが、著作者人格権は著作者に常に帰属します。音楽について言えば通常の作家はJASRACに著作財産権を信託しているので、誰でもJASRACに金さえ払えば音楽の著作物を利用できるわけですが、同一性を損なうような使い方をすると、作者自身から差し止め請求を受ける可能性が出てくるわけです。実際、こういう形で同一性保持権が問題になった例としては、PE'Zによる「大地讃頌」 の事件なんかがあります(有名な合唱曲をジャズ風にアレンジしたところ原曲の作者が抗議し、CDが発売中止になりました)。

同一性保持権の意義はわかる(追加: そういうえば以前のエントリーで生方氏のサウンドロゴの話を書きましたがここでも同一性保持権が争点になってました、これは妥当な行使だと思います)のですが、「リミックス・カルチャー」が進展する現在においては、あまり広い権利行使を認めるのはどうなのかとも思います。「ニコニコ動画で自分の映像作品にキャプションをかぶせられて同一性保持権を侵害された」なんて人が出てきたら困ってしまいますね。

Comment(36)

コメント

mohno

かつてワイドテレビで縦横比が変わるのは同一性保持権の侵害だという訴えがありましたね(これは技術的な問題として退けられた気がしますが、うろ覚え)。
YouTube に投稿された動画のアレンジについては、使用条件(http://www.youtube.com/t/terms)に "... you hereby grant YouTube a worldwide, non-exclusive, royalty-free, sublicenseable and transferable license to use, reproduce, distribute, prepare derivative works of ..." という記述があるので問題ないと思いますが、「リミックスカルチャー時代だから」という理由で同一性保持権を抑制すべきというのは同意できないですね。
まあ、「おふくろさん」については、私も“何でいまごろ”と思いますが(30年間も作詞家に気付かれないように歌ってきたのか?)

セキジー

今回「おふくろさん」という森進一氏歌唱の楽曲の前奏部分にダイアログを追加した件は、日本の現行の著作権法で見れば人格権部分に大いに引っかかる案件だ。通常こうした改変が行われる場合は、作家の許諾が必要なのは常識だが、改変をしたのが大物作詞かということでなんとなくうやむやになっていたのだろうか?と推察する。
JASRACの管理を見ると「おふくろさん」というタイトルの楽曲は全部で5曲管理されており、いわゆる我々の知る森進一氏の「おふくろさん」での登録は1曲しかない。この事実を見れば改変された楽曲そのものは未管理楽曲であると言える。この場合、未管理部分の前奏ダイアログ部分の著作権は当然これを書いた人物に帰属するはずだが、そもそもこの改変が未許諾で行われているとなるとこの部分の著作権の存在そのものが合法化どうかも怪しくなってしまう。またこの曲がダイアログバージョンで放送されているとすれば、放送局はどのようにこの曲の使用を処理したのかも怪しいということになる。そもそも論としては、ダイアログを追加する時点で権利者と改変に関して完全に処理しなかったから話がややこしくなったということと、オリジナル作詞家の川内康範氏がこうした改変を知りながら10年近く放置したということも原因だろう。オリジナルの作家としてこだわりがあるのなら森進一氏が改変版を歌い、川内氏が認知した最初の時点でキッチリ処理すべきだっただけである。今となってはどっちもどっちで、結局最後は話し合いで解決するしかない事案だと思われる。

話は変わるが、ネット時代になりYOU TUBEやウイニーに見られるように作家にとって著作権が非常に守り難い時代になっている。現行の著作権法は作家に非常に強い権限を与えているが、ネットの出現によって世界がフラット化した状況下で権利者や管理者が権限を確実に行使するためには現在よりも多くの労力と資金が必要になるだろう。あくまでも個人的な考えだが、作家が自分の作品に対する権限を必要以上に固持するよりは、自由に使わせる代わりに「ちゃんと使用料を払ってもらう」という部分に管理を集中した方が今後の社会では効果的かもれないと考える。これはある部分の著作人格権を緩和する考え方だが、法律が現実社会に対応できない状況下で効力のない条文を後生大事に御旗の如く抱えていても作家を幸せにしないのではないかとさえ思う。簡単に言えば「使うなら払え」を徹底させるということで逆に言えば「払うなら自由に使える」ということでもある。議論の余地が大いにある考え方かもしれないが一考の余地があるとも考えてます。仮に作家が本当に管理を徹底したいとすれば作った作品の公表をせず自分で一生抱えておくしか手が内容にも思える。はたしてそれが作家の望みなのかと考えれば反対意見が多いでしょう。「公表」と「管理」が相反する部分を含む時代であるからこと「使用したら払う、払うから使用できる」という形を追及すべきと改めて感じる次第です。

もびもび

著作権にうとい小市民の疑問としては、じゃあ
替え歌ってどうなるの? って感じです。

それにしても、ある特定の人にこの歌は歌わせないって
とが認められる(のかな?)とは驚きです。

nmaeda

今回の場合、前奏といってもセリフなのですが、曲の改変といえるのでしょうか? 微妙な気がします。

栗原潔

時間がないので手短かに、
本文にも書いたように日本の著作権法では同一性保持権はライセンスできません(一身専属性)ので、同一性保持権についてはYouTubeの既定は無効と考えます。これこそが、著作者人格権の根本にかかわる問題です。
「ちゃんと使用料を払ってもらう」のは別に今もやっているとおりJASRACのような管理団体経由で著作権者に利用料を払えば済む話では?
ちなみに米国では替え歌等のパロディは(著作者の名誉毀損等にあたらない限り)Fair Useとして処理されることが多いようです。

栗原潔

>nmaedaさん
厳密にはセリフではなく、猪俣公章先生作曲の曲がついてます。いずれにせよ、とくダネに出てた弁護士の先生もこの件については同一性保持権の侵害になるかどうかは微妙と言われてました。念のため。

flash_gordon

猪俣氏も(前振り部分の歌詞を書いた)保富氏も既に故人。
猪俣、保富両氏に前振りの付加を依頼した(と思われる)レコード会社や事務所も今とは違うみたいだから遡って責任を問えない。
それ故に、森氏への直接抗議なんでしょうね。
ここまでくると法的な問題じゃなくて、川内、森両氏の道義上の問題じゃないかと。

同じような問題が生じないように作家、歌手それぞれの契約にはきちんと歌詞の改変や追加についての条項を盛り込んでおく必要はあると思います。
レコード会社のプロデューサーや事務所も原著作者の許可無くしての安易な改変や追加は慎むべきでしょう。

mohno

> 同一性保持権についてはYouTubeの規定は無効
そうなんですか。著作者自身が「改変してもいいですよ」と言えない(言っても意味が無い)というのは、いわゆる「素材集」などにも影響するのでしょうか。

flash_gordon

YouTubeについては「日本国内の法律が優先する」という認識ではないかと。
それとは別に、パッケージとして販売されている「素材集」も日本の著作権法では、著作者自身が権利を放棄できないという矛盾があります。いわゆるフェアユースって概念もありません。

flash_gordon

あと「自由利用マーク」で規定されている目的(特に障害者向けや教育目的)での変更は出来ますが、これも非営利目的に限定されています。
また「自由利用マーク」自体の知名度も現行では十分行き渡っているとは言えません。

mohno

市販の素材集は fair use を超えた改変を認めていますよね。著作権法第20条には「…意に反して…」とあるので、意に反する(許諾しない)場合だけ問題になるのかと思っていました。しかし、同一性保持権に関する wikipedia の説明にも「著作者人格権の不行使契約は無効であるとの見解がある」と書いてありますね。自由に使って欲しいという著作者の意図までも法律が抑止する可能性(見解)があるというのは、ミックスカルチャー時代とは関係なく問題な気がします。:-<
たとえば、悪意の作者がクリエイティブコモンズに改変自由な素材集を登録して、利用された後に「日本では無効だから改変は認めない。賠償金よこせ」なんてことが可能性としてあるわけでしょうか。私も、市販の素材集を利用することは多いので、こんな“見解”は間違いであることを願います。

栗原潔

仮にそういうことがあっても、現実的には、権利の濫用として認められないと思います。立法論として適切なのかという話は別として。
なお、fair useの概念は日本の著作権法にはありませんので念のため。20条2項の例外規定のことはfair useとは言いません。fair useとは明文化されてなくても、常識的に問題なければOKにしましょうという考え方です。

mohno

だったら YouTube も問題ないのでは?:-D

栗原潔

たとえば、CDに合わせて素人が踊ってるビデオを本人がYouTubeに投稿しても、米国ではFair UseとしてOKな可能性が高いでしょう(レコード会社はそれほど損失を受けているわけではないので。)日本で同じことをやるとおそらくJASRACからメールが来ることになるでしょう。
米国であっても映画を分断して丸ごとアップしたりすれば、とうていFair Useとは言えないので、著作権侵害となるでしょう。

栗原さんみなさんこんにちは。やっぱり話題にされてましたね。
森進一さんのもはや僕の曲というような理解が世間で一般かもしれないので、著作者人格権を知らしめる材料としていい課題提起かもと思いました。ひょっとして川内康範先生は、いつかとっておきの時期に仕掛けようとこのネタを暖めてこられたのかもしれません。

mohno

「問題ないのでは?」というのは、最初のコメントにも書いた同一性保持権の部分で、つまり、
> 「ニコニコ動画で自分の映像作品にキャプションをかぶせられて同一性保持権を侵害された」
とは言われないのでは?という意味です。

栗原潔

フリー素材集は改変されて使われてもしょうがないという前提で売っているのは明らかですが、YouTubeに投稿する人がニコニコ動画でキャプションかぶせられてもしょうがないという前提で投稿しているかどうかは微妙かと思います。
まあ、現実的に、同一性保持権に基づいてニコニコ動画を訴える人はいないでしょうが。

mohno

最初のコメントに書いたとおり、
> YouTubeに投稿する人
は、使用条件にしたがって派生物への利用も認めているはずでは?という意味です。

栗原潔

投稿者とYouTube間の契約により、著作人格権を行使しないと取り決めるはまあありでしょう(無効との説もありますが)。しかし、これは第三者であるニコニコ動画には関係ない話です。

mohno

> sublicenseable and transferable license
なのだから、投稿者は第三者が使うことも認めているはずですよね。というより、使用条件5.Bには「投稿するからには何でもアリだぞ」と書いてあるように読めますが。
5.Bの最後には「投稿を削除すれば終了する」ともあるので、第20条の「…意に反して…」という点もクリアできるような気はします。

flash_gordon

法解釈は難しいといつも思うし、自分が言ってることが正しいかどうか自信が持てないこともあります。
しかし、YouTubeと投稿者の間で著作人格権(米国にそれがあるとして)を行使しないという取り決めが成立しても、それは米国内でのみ通用する話ですよね。
実際のサーバーがどの国にあろうとも日本のドメイン名で運用されている「ニコニコ動画」に米国の著作権関連法律を適用するのはいささか無理があると思うのですが。

そして米国の法体系をベースに作られているクリエイティブコモンズの考え方を、そっくり日本の法体系に当てはめることも
また困難ではないでしょうか。
日本人が日本の法体系を理解しているという前提で、日本版の「クリエイティブコモンズ」のようなものを作るしかないでしょう。
でも、それは非常に困難な道のりのような気がします。

flash_gordon

付け加えるなら、森進一氏と川内康範氏との間の問題はクリエイティブコモンズの問題ではなく、二者間の道義上の問題だと考えます。
川内氏が持っていた「おふくろさん」の歌詞の世界観を、森氏は私的な理由(母親の死)のもとにぶち壊したわけで。
法律を持ち出す以前に、パースを追加するなら、森氏は川内氏が納得の行く説明をして許しを得なければならなかった。
同時に川内氏が森氏の事情を知った上で、それでも歌詞で表現した自分の世界観を破壊するようなパースの追加は認めないという権利は当然ありますよね。

mohno

だから日本では「素材集」も問題なのかと聞いたのですが・・・。
市販の素材集はその使われ方(利用や加工)について、原著作者(メーカー)と利用者の間の使用条件によって合意がとれている範囲で使うわけです。たとえば、加工して自分の著作に使うことはできますが、加工せずにコピーして自分の素材集として売るのは合意の範囲じゃないでしょう。この合意の範囲で使っているものを、著作者人格権という法律が脅かす可能性があるのかという懸念が先の質問で、それは権利の濫用として認められないだろうという回答と理解しました。
YouTube の場合は、YouTube のサイトを見るだけでなく、リンクや埋め込み、第三者による API の利用など YouTube が認める範囲において、著作者、YouTube、利用者、API の利用者など、すべての関係者の間で合意が取れるように使用条件が書かれているはずです(でなければ著作権法に関係なく使用条件の不備)。使用条件を見る限り不備があるようには見えないので、素材集において合意を法律が脅かすおそれがないなら、YouTube でも同じですよね、と申し上げているのです。

栗原潔

>著作財産権は他人に売ったりライセンスしたりできますが、著作者人格権は著作者に常に帰属します。
>著作財産権は他人に売ったりライセンスしたりできますが、著作者人格権は著作者に常に帰属します。
>著作財産権は他人に売ったりライセンスしたりできますが、著作者人格権は著作者に常に帰属します。
3回書けばわかっていただけますでしょうか?日本の著作権法では、著作者人格権たる同一性保持権は契約しようが何しようが他者に譲渡できません(選挙権を売り物にできないようなものです。)
投稿者(動画の著作者)とYouTubeの間で著作者人格権を行使しないという契約を結ぶのは実務上あり(ただし、無効説あり)ですが、第三者たるニコニコ動画等に対して著作者が同一保持権を行使する可能性は残ります。
あと、権利の濫用(民法1条3項)は現行の法律ではどうしようもない時に苦肉の策として持ち出される最後の手段ですから、権利の濫用で処理できるから問題なしということではありません。
要するに現行の著作権法は、クリエイティブ・コモンズとかフリーに加工してよい素材(これもCCの一種と考えられます)とかを想定してないということです。このエントリーでは、これは問題ですよねという当たり前の話(著作権法を知ってる人となら誰でも言いそうな話)を言っているだけであります。

mohno

> だったら YouTube も問題ないのでは?:-D
と書いたのは、クリエイティブコモンズの件で「現実的には、権利の濫用として認められない」の“だったら”という意味です。まあ、問題がある可能性(“見解”)があるから wikipedia にそう書いてあるんでしょうが、栗原さんは現実的に問題ないという見解をお持ちなのかと思いましたよ。

あのう…

>mohno氏
前々から思っていたのですが、貴方は貴方が書き込む全てのことについて、もう少し勉強すべきでは?。

著作権法にせよ税法にせよ経営学にせよ経済学にせよ、あまりにも無知なうえに失礼な言動が多すぎ、しかもそれを全く悪びれる様子も無く「知らないんだから仕方ないだろ、だったら教えろ」といった主張が多すぎます。

栗原先生は貴方の教師でも保護者でもないんですよ?。もちろん個別にそういった情報授受契約を結んでいるのでしたら別ですが…。

mohno

具体的にどれのことでしょうか。
たとえば、ここで言えば(a)YouTube 画像の改変が問題になるなら、(b)複数の人によって改変され続けることのあるクリエイティブコモンズこそ問題((a)→(b))という命題(真)において、(b)が偽であるなら(a)も偽であるという話をしました。
基本的に“事実”を争うつもりはありません。ですから指摘が明らかな間違いである場合には、その都度お詫びしたり訂正しています。少なくとも逃げたりしていません。しかし“意見”がおかしいと思ったらそれに異議を申し立てるのは普通のことではないでしょうか。でなければ「ファンの集い」になってしまうのではないでしょうか。
経済学は池田信夫氏のブログのことを指しているのでしょうが、池田氏のブログでも姿勢は同じです(経済学についてはほとんどコメントしていないと思いますが)。
あまり長くなると、それこそこの場のコメントとして失礼だと思いますので、さらに異論があるようでしたら、私のエントリのどれかにコメントください。

通りすがり

》((a)→(b))という命題(真)において、(b)が偽であるなら(a)も偽である

既にこの段階で論理学的に破綻しています。その理由については初等論理学か数論の教科書でもどうぞ。それでも判らなければ論理を語るのは避けた方が宜しいでしょう。


》“意見”がおかしいと思ったらそれに異議を申し立てるのは普通のこと

意見が論理的におかしいあるいは事実と異なるといった内容を指摘することは意義がありますが、よく判らないし知らないけどそれは違うと主張するのはただの情緒的言いがかりに過ぎません。
意見とは主張であり主張の基になるのはその人独自の見識や見解です。それを洞察・推察できる知識や能力無しに異議の声を挙げることに嫌がらせ以外の意味はないでしょう。だから貴方は批難されているのではないですか?。

ABC

バースを追加したという程度のことが「改変」にあたるかどうかの議論はありますが、少なくとも川内氏の書いた歌詞そのものを改変したわけではないですし、川内氏はJASRACに同曲を信託しているので、そもそも著作権者として翻案権を行使できる立場にないはずです。このような権利の濫用は作曲家の猪俣氏(故人)、隣接権者の森氏、ならびにビクターエンタテインメントの財産権を侵害しているとも考えられます。特に猪俣氏が存命であれば、川内氏はこのような暴挙には出られなかったのではないかと思います。

そんなことよりも問題なのは、どちらが良い悪いではなく、川内氏も森氏も、この曲を「自分のもの」としか考えてないことです。川内氏は作詞の権利を、森氏は実演家としての隣接権を保持するのみで、どちらもこの曲の権利をすべて持っているわけではないことを両者とも忘れているのではないでしょうか。権利の一部しか持ってない人が、つまらない感情のみで、作品の利用機会そのものを奪うのは権利の濫用でしかないと思いますし、もっと重要なことは、この作品を支持しているファンの気持ちを、両者ともまったく考えてないことです。

PE'Zの「大地讃頌」も、翻案権の問題だと思いますので、東芝EMI側が徹底抗戦すれば勝訴したと思います。

名無し

通りすがり at 2007/03/03 12:42

>》((a)→(b))という命題(真)において、(b)が偽であるなら(a)も偽である
>既にこの段階で論理学的に破綻しています。その理由については初等論理学か数論の教科書でもどうぞ。それでも判らなければ論理を語るのは避けた方が宜しいでしょう。

a ならば b の対偶は、まさしく bでなければ aでない です。
破綻してないですよ。

おふくろさん騒動についての整理

みんながよくわからないのをいいことに「川内氏の行動は法的に根拠がないらしい」とか洗脳を試みる者もいたりする。http://soulwarden.exblog.jp/m2007-03-01/#4905791

栗原潔

立法論と解釈論がごっちゃになってる典型的ケースですね。>上のコメントのリンク先のもうひとつリンク先の記事。

拝島止

火急ゆえ用件のみで失礼致します事をお許しください。
私の持つブログをトラックバックさせていただいたのですが、手違いで2度されてしまいました。どちらか片方を削除願えないでしょうか?

だぁ

JASRACって翻案権を管理してるんですか?

ひろ&

モップスの月光仮面は本人許可済みなんですか?

コメントを投稿する