知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

【徹底討論!?】SaaSとASPはどこが違うのか?

»

今、某誌向けにSaaS("Software as a Service")の記事を書いてます。現状のSaaSの定義は、「アプリケーション・ソフトウェアをユーザーが自分のシステムに導入して使うのではなくて、ソフトウェア・ベンダーが所有するインフラで稼働してもらって機能だけをネット経由で使うモデル」という感じでしょう。そうなりますと、SaaSとASPモデルはどこが違うのという話になります。

ネット上で「SaaSとASPはここが違うんだ」という意見をサーチすればするほど、私的には「やっぱり同じでは」と思えてしまいます。たとえば、

1.ネットコストの違い: 昔のASPは通信費が高かったが、SaaSは高速回線を安価に使用できる(参照記事
   これは利用環境が変わったというだけで、特に本質的な違いではないのでは?

2.ホスティング方式の違い: ASPではシングルテナント(1サーバ=1ユーザー)が普通だったが、SaaSではマルチテナント(1サーバ=複数ユーザー)が主流(参照記事は1と同じ)
   これまた利用環境の違いであって、モデルの本質的な違いとは思えません。

3.アプリケーション設計の違い: ASPはクライアント・サーバ・アプリケーションを無理にネット対応にしたもの、SaaSは最初からネット向けに設計(Wikipediaでの説明
   そうなんでしょうか?ASP時代にもネット・ネイティブのアプリケーションはあったと思います。

ということで、今の私の結論は「SaaSとASPに本質的な違いなし、ASPにはあまりビジネス的に成功できなかったという悪いイメージがあるのでそれを避けるために、ベンダーがマーケティング上SaaSという新しい言葉をプロモートしている」というものです。そもそも、1990年代末のASP時代から"software as a service"という言い回しはよく聞かれてました(SaaSという短縮形は一般的ではなかったかもしれませんが)。

まだ、原稿の締め切りまでには時間があるので、この意見に納得できない方、ASPとSaaSの本質的な違いを私に説明して説得してみてくださいな(^_^;)

ついでに書いておくと、SOAとSaaSがごっちゃにされることもたまにありますよね。同じ「サービス」という言葉が出てくるがゆえだと思いますが、SOAはソフトウェアの部品化の話ですから、SaaSとはちょっと方向性が違います。

たとえば、社内システムのアプリケーションをビジネスプロセスごとに分割して相互呼び出しできるように再構築するのはSOAですが、SaaSとは呼べません。salesforce.comはSaaSではありますが、(少なくとも現状では)SOAではありません。もちろん、将来的には、アプリケーション丸ごとだけではなく業務プロセスの部品をネット経由で使わせるモデルが一般化すると思います(前回書いた、Google Checkoutなんかはその例です)。そのようなシステムはSaaSでありまたSOAでもあるということになるでしょう。

Comment(14)

コメント

Manabu

ASPとSaaSって同じように見えますね。大昔のMISとSISみたいなマーケティングフレーズの違いでしょうか。

しかし、データ渡し -> 処理 -> 計算結果 っていう流れだけを見ると、太古の時代の「計算センター」と同じじゃないかという気もします。処理内容と対話性に進歩はありましたけど、それでいいのか、なにか腑に落ちないのですが・・・

栗原潔

「計算センター」モデルへの回帰自体は別に良いのではないでしょうか。ネットがAlways Onでかつ十分に速ければユーザーの手元にはアクセス機器だけあれば良いわけですから。
ところで、昔からある概念に新しい名前を付けること自体は別に良いと思っています。「SaaSはASPと基本的に同じだけど、その有効性は遙かに大きいですよ」と言うのなら全然OKだと思います。一方、「SaaSはASPとは違う、なぜならば...」とあまり納得できない理由を付けてユーザーを混乱させるのはあまりよろしくないと思います。

本質的にASPとSaaSは私も同じだと思います。
でも、昔商売にならないと烙印を押されたASPが今SaaSと名を変えて有望視されるという外部環境の変化とか、競争の差別化のポイントが変わってきたところとかは評価してあげたほうがいいかなという心情があります。
Altavistaはアルゴリズムを売りにしていた記憶がありますが、Googleは極端なSEOを排除する運営ノウハウも含めたサービスが差異化のコアになっていると思うんです。
SaaS = ASP 2.0
ぐらいの説明だったら納得いきません?(いい見出しを思いついたので、こんど使ってみよう。)

小川@Feedpathです。
Feedpathでは、SaaSとASPの本質的な違いは、
SaaSが、
- 画面ではなくサービスそのもののカスタマイズが
 できることを前提とされている。
- その他のWebサービスとの連携を実現することを
 前提として設計されている。
ことであると考えています。

SaaSもASPであることには変わりありませんが、
Saas = Web2.0的ASP、とするならば、
上記の機能を具備しているはずです。

Manabu

ASPにこびりついた埃と汚れを嫌って、新しいSaaSでというのは手法として良くわかります。とはいえ、洗練された使い方がされないままだと、またSaaSも汚れてくるのだと思いますが(無理な説明ですでに汚れてきているのがもったいないくらいで)。

ところで、昔の計算機センターへの回帰はいいのですが、それでは個人が安価に扱えるようになった膨大な計算機パワーはいったいナンなのだというのが釈然としないところだったりもします。
いぇ、論点はずしてしまって申し訳なかったです。

longtail

従来型のASPでは主に単一のアプリケーションを利用するという形態であったように思います。SaaSで
は複数のサービスをmash upしたものが主流になるのではと考えます。
salesforce.comのAppExchangeは過渡的なサービス(1.5?)でしょうか。
Longtail@元ASPIC理事

のんた

ある海外の調査会社のプレゼンでも、アプリケーション・オンデマンド=ASP=SaaS、って書いていたスライドを見た記憶があります。オンデマンドという意味ではASPもSaaSも同じで、でも当初のASPを改善して限定的なカスタマイズを可能にし、期待ほどビジネスにならなかったASPという名を変えたいベンダー?調査会社?メディア?の意向も入ってSaaSに変わった(変えようとした)、というところでしょうか。ただ、まだASPと言った方が多くの人に理解してもらえる気もします。「あなたの会社ではSaaSを利用していますか?」と聞いたら、「はっ?」と言われそうです。

zoffy

"SaaS"はIDCが会社に似合わずガンバってPRしてますね。
ASPとSaaSの違いはWeb1.0と2.0の違いのようなものなんだろうなあ。違うという人もいれば同じという人もいる。SaaS=ASP2.0ってことで。:/

遅ればせながら、わかりました!
Application Service Providerという時、法人としてのProviderのビジネスモデルにアクセントがあります。
Software as a Serviceという時には、より大きなアーキテクチャに占める”それ”のポジショニングにアクセントがあります。
前者は商売のことを語る文脈で有用、後者はアーキテクチャのことを語る文脈で有用な文言ということです。95年頃は商売方面の不確定要素が多く、ビジネスモデルを論じることに意味があった。現在ではほぼ決着が付いている。けれども現在では、アーキテクチャのなかで”それ”が占める位置づけにまだまだ不確定要素が多い、だから論じる意味がある。さらには従来Providerとして括られてきた提供主体が個人もあり匿名コミュニティもありで、Providerたりえない、だからアーキテクチャの方に話を振る。。。ということなのではないでしょうか?

栗原潔

私は出てないんですが、salesforce.comのベニオフCEOの記者会見に出てた人によると本人が「SaaSもASPもオンデマンドも一緒、googleもyahoo!もeBayもsalesforce.comもSaaSであり、ASPであり、オンデマンド」と言っていたそうです。
>今泉さん
たしかにそういう違いはありますね。だから正確にはは比較すべきは、ASPモデルとSaaS、または、ASPとSaaSベンダー(プロバイダー)ということなんでしょうね。

栗原潔

記者会見の内容がZDNET Japanに出てました(トラックバック先で知りました)。
http://japan.zdnet.com/news/internet/story/0,2000056185,20164327,00.htm
「つまり、ASPやSaaSなどの言葉の違いなど重要ではない。顧客を混乱させるだけだ。」なんておっしゃてます。要は、当事者は同じだよと言っているのに、周辺(特に、某メディア)が変な騒ぎ方をしているだけという状況のようです。

津田 邦和

ASPとSAASの議論ですが、この栗原さんのコメントどおりだと思います。
単なる一部の人の都合で言葉を変えようとしている。本質的な意味はありませんね。
議論するだけ時間が無駄ではないでしょうか?

栗原潔

はい、確かに*これ以上の*議論は不要でしょう。
しかし、ASPとSaaSは実質的に同じという見解がはっきりしたということで、今までの議論は無駄だったとは思いません。

ASPとSaaSの違い

私の会社は、2002年から物流在庫管理のASPを提供しております。

最初から私のASPの認識は今言われているSaaSです。
即ち、完全同一仕様のパッケージソフトウェアを一つのサーバ(論理構成)に入れて、Webブラウザ上から多くのユーザが共有して利用する形態です。
こうでなければ消費税一つが変わってもユーザ分のマシンのソフトウェア更新が必要です。1万のユーザがあれば1万台の更新を行うなんて馬鹿なことは有りません。

個別要求によるカスタマイズも同様です。これは複数の似た要求を一般化して同一仕様に昇華してインプリメントすることがASPに取って必須のことです。
私どもはそのように取り組んできました。しかし、最近の進んだASPはSaaSと言える変化と進化を遂げていると認識しています。私どもの目標です。

単なるサーバハウジングもASPだという論理は、変なASP事業者達がの市場の成長性を投資家に見せるために、何でもかんでもASPの事業に組み入れていたからです。

さて、最近になってSaaSで代表例として紹介されているSF.COMについて触れてみましょう。このソフトは、所謂、CRMとSFAを基本機能としたグループウェアと言える。これが、WEB2.0で言われるマッシュアップできるAPIの解放と画面の構成カスタマイズは、勿論、データベースの項目やテーブルの追加まで可能であり、作成した機能をコンポーネントに登録でき、他社に売ることもできる基盤も含めている。

これは、従来の完璧なASPにサービスのレベルが1段階抽象化レベルが向上していると言えます。

当社のASPではここまで行くためには、更に数億円の投資が必要となります。
技術的なレベルでは、ASP時代とSaaS時代の差と言えるでしょう。

コメントを投稿する