知財、ユビキタス、企業コンピューティング関連ニュースに言いたい放題

Web 2.0というバズワード

»

すでに他の多くのブロガーの方も書かれていますが、Web 2.0がちょっとしたバズワードになっています。Web 2.0については、提唱者の一人であるTim O'Reilly氏の記事にまとめられています。たとえば、ブリタニカのオンライン百科事典はWeb 1.0、WikipediaはWeb 2.0なんて例が書いてあってWeb 2.0のイメージがつかみやすいです。

バズワードの中にもちょっと流行ったかと思うと瞬く間に恥ずかしい言葉になってしまうものもあれば、長期的に使われ続けるものもあります。その境目はどこにあるかというと、実際の現象が伴ってないのに、メディアやベンダーが言葉を流行らそうとすると前者に、既に現象が起きており、誰かがそれに対する適切な名称をつけた時には後者になる気がします。要するに、言葉先行だと短命に、現象先行だと長命になるということかと思います。

そう考えると、Web 2.0というのは「blog, RSS, Wikiなどでインターネットの世界は大きく変革してきているなー」という世の中の人々の感覚にうまく名前を付けたと言うことで、長期的に使われる言葉になるのではと思います。

ところで、「Web 2.0」って、「ウェブ バージョン ツー」と読むかと思っていたら、普通に「ウェブ にーてんゼロ」と読むのが正しいようですね(英語だと"Web two dot o")。人前で発音する前に気が付いて良かったです ^_^;

追加:

小川さんのコメントもいただきましたが、"web two dot o"と読む人もいるようですが、"web two point o"の方が一般的なようですね。(ピリオドをdotと読むかpointと読むかは出身大学で変わるとかいう話を読んだような気がしますが、忘れてしまいました)。

ところで、この件を調べているときに見つけた笑えるページがここです(既出?)。Web 2.0時代にふさわしい会社名と業務内容を自動生成してくれるというものです。

Comment(4)

コメント

英語的には、ウェブ トゥーポイント オー、が一般的なようですね。

livinginabox

オリジナルの人の記事というのは、いいですね。まわりの人の解釈というのはブレたりしますからね。
Web 2.0 の世界(?)が当たり前になれば、わざわざ「Web 2.0」という人もいなくなる気もします。が、何年も前、mp3.tv の運営者に「mp3 というフォーマット名なんて、いずれ新しい技術に置き換わって廃れてしまう」と暴言を吐いたのに、廃れる気配も見えませんから、きっと気のせいでしょう^_^;

WebサービスもWeb2.0も既知の技術を実質的には、寄せ集めただけの感じで、技術的に見た場合、確かにバズワード的に使われている面はあると思います。しかし、バリューチェーンという面では、新たな切り口を提供しているという意味では、必ずしもバズワード的とは言わないと思いますが、如何でしょうか?

コメントを投稿する