IT業界にどっぷり浸かって40年以上現役です。温故知新。人にとってITとは何かを問います。

私より経験豊富な年配のSEさんいませんか?

»

システム開発プロジェクトで、人手が足りず、協力会社や人材派遣会社に人材供給を求めることがある。
そんな会社にとても優秀な50代のベテランを提案したところ、話も聞かずに断られたと、あるソフト会社の営業の方が嘆いておられた。
理由は、プロマネが自分より年上だと使いにくいからというものだ。
私は思わず言った。「そんなプロマネこそマネジャーとして失格だ!」と。
自分より年下の、経験の浅いものを使って仕事をするということは、それだけリスクを背負うことになる。
PIMBOKを覚えてPMIPの資格を取るのもいいが、その前に、大前提として、PMとしての資質の有無が問われるべきだ。
PMには、目的を達成するための強靭な意志と、目的達成のためなら何でもやるという勇気が必要だ。それが無いものがPMになったら周り中が不幸になる。
年上の経験豊富な方をブレーンにして、十分活躍してもらうことができれば、プロジェクトの成功率は高まる。わたしはそういうPMを知っている。

若いプロマネに告ぐ、経験豊富な年配SEを使いこなせてこそ一人前ですぞ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する