IT業界にどっぷり浸かって40年以上現役です。温故知新。人にとってITとは何かを問います。

RDBMSでは処理できない膨大なデータを処理できる技術がでてきたが、、さて

»

データベースソフトと言えば、ここ25年ほどは、ORACLEに代表されるRDBMSのことを指す時代が続いたが、ここに来て多様化してきた。
日経コンピュータの2010年4月28日号66ページの「CloseUp」に、「リアルタイムに近づくバッチ処理。大量、高速、安価が身近に」と題してユニバーサル・シェル・プログラミング研究所の「ユニケージ開発手法」とHadoopを紹介している。
一方で可変長データの取り扱いに長けているという4DDAMという製品も出てきた。
HOWSのISSEIも定形データの処理ではHadoopを凌ぐ性能とのことだ。

膨大なデータを瞬時に処理する時代になってきた。
既存のRDBではどうにもならない問題を解決できる技術がようやく整ってきた。

問題は日本の、残念ながらとても保守的なデータベースエンジニアが、少しの勇気を発揮していつ採用するかだ。

Comment(1)

コメント

製品と手法

ISSEIとHadoopの比較ってなんかおかしくないですか?

コメントを投稿する