IT業界にどっぷり浸かって40年以上現役です。温故知新。人にとってITとは何かを問います。

クライアントの仮想化とユビキタスコンピューティングの実現

»

ネットワークが高速化され、いつでもどこからでもアクセスできるようになると、ITインフラは、これまでの分散から、また集中に戻る。
現時点ではっきりいえることは、いずれにしてもデータはサーバで一元管理。
処理を分散しているパソコンやモバイル端末でやらせるか、それも仮想化してセンター集中させるかだ。
興和不動産の事例は参考になる。
興和不動産では、リッチクライアントで業務をWeb化したが、それをシンクライアント環境で動かしている。
つまり、もしターミナルサービスでは通信事情で使えない環境があった場合は、パソコンリッチクライアントとして稼働させることができ、普段はシンクライアント環境で動かすということだ。
これで管理面と運用面の両方を満足させることができる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する