日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

プレゼンターとして、参加者の質問に答えるときの心がけ(TREES)

»

これは覚えやすい。

  • Thank - 発言してくれた人に感謝する
  • Restate - 発言者が言ったことを言い直す
  • Encourage - しっかり答えることによって、発言を奨励する
  • Ensure - 発言してくれた人が納得したか確かめる
  • Stay - 誠実でありつづける

聴衆の質問に答えるときの心がけ:TREES - *ListFreak

このリストに個人的なメモを追加しておこう。

Thank:毎回「ご質問ありがとうございます」と言うとくどい状況もある。「なるほど」という相づちや、大きく頷くといった身振りもOK。態度で感謝を表すこと。

Restate:「後ろの人、聞こえましたか?」などと言いながら質問をまとめ直す。厳しい質問のときには、考える時間が確保できる。

Encourage:建設的な質問には、特に熱を入れて答える。すると、質問者も嬉しくなる。

Ensure:一番難しいところ。特定の人が際限のない問答を始めるリスクもある。その場合は後ろに回すか場外に。何にせよほったらかしはダメ。

Stay:自分の話している内容を信じる。参加者と自分にとっての最善なやり方を常に考える。

Comment(2)

コメント

mohno

> Restate
これは重要ですね(ほかのも重要でしょうが)。セミナーを記録している場合など、これを忘れると、あとで再生するとき何を答えているのか意味不明になってしまうこともあります^_^;
そうでなくても新しい話を聞いたばかりの質問者は、手探りで(しどろもどろで)質問することもあるので「ただいまのご質問は、かくかくしかじか」と要旨をまとめてから答えるのはプレゼンターのスキルだと思います。

> そうでなくても新しい話を聞いたばかりの質問者は、手探りで(しどろもどろで)質問することもあるので
たしかに、お互いの整理になりますね。

コメントを投稿する