日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

Kiva.org -- Microfinanceで開発途上国のビジネスを支援

»

KivaというNPOは、P2Pローンによって開発途上国の事業家を支援している。
具体的にはアフリカ(現在はウガンダ)で資金需要のある起業家と、彼らに無利子のローンを提供してもいいという個人とのマッチングを行っている。

ウガンダは一人当たりの国民総所得(GNI)が240米ドル(2003年、外務省のHPより)で、ざっと日本の1/200だ。仮にあなたが5万円を貸すことができれば、もちろん事業にもよるが、ウガンダの起業家一人を支えることができる。

HPの説明によると、貸し手のお金は100%起業家に貸し出される。手数料ゼロということだ。その代わりKivaは若干の利子を付けて起業家に貸 し出し、その利息収入(と寄付)で運営しようと試みている。このスキームが素晴らしいと思う。貸し手(我々)からすると透明感がある。
※さらに貸し主には毎月起業家からのメッセージが届くことになっている。

利息が付くわけではない。貸し倒れのリスクもある。でも寄付ではなくローン。一方的な寄付でなくファイナンス事業とすることで、事業の維持および拡大が期待できる。

(参考)
ネクスト・マーケット 「貧困層」を「顧客」に変える次世代ビジネス戦略

Comment(3)

コメント

mohno

こういう話があっても、割と冷めてみてしまうんですよね^_^;
どこかの“スター”が目を付けてくれたら、ガラっと状況も変わるでしょうが。2年後、あるいは5年後、どのように成長しているでしょうか。:-)

Asako

さっきBSの番組でKIVAのことやってましたよ!。
私もNGOの船旅で世界を周ってアフリカにも訪れたことがあるのでKIVAの活動に参加する予定です。
日本人てまだ世界の人と触れ合う機会が少ないからこういった活動にピンとこないんと思うけど。
これだけ豊かな国なのに心も体も日本だけにとどめておくなんてもったいない。
私も海外まったく興味なかったけど日本を出て変わったし。
とりあえず日本を出てみて、発展途上国の人達の貧しいのに凄く輝いた瞳に出会うことからチャレンジしてみて欲しいな。
そうすれば日本にいても世界を感じる素敵な大人になれかもね。

コメントを投稿する