発想七日!:ITmediaオルタナティブ・ブログ (RSS) 発想七日!

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

PowerPointによるプレゼンテーションは…眠くなる。


PowerPointへの依存を戒める本やブログは結構あって、毎週のように人前で話さなければならない仕事をしている僕には勉強になる。たとえば"Stop your presentation before it kills again!"というエントリでは、ご丁寧に「本当にそのスライドが要るのかテスト」とか「自分のスライドは○△×かテスト」のような自己診断までできる。

プレゼンテーションは面白いネタなので少しずつ書いていきたい。他の手段(OHPやフリップチャートやホワイトボードなど)と比べて、PowerPointはスライドの順序が固定されがち。スライドの順序が決まっているということは話すストーリーもほぼ決まっているわけで、いきおいコミュニケーションが一方的になりやすい。

講演・講義などは決められた時間で決められた内容を伝えるわけだから、インタラクティブにといってももともと限度はある。
しかしそれでも、OHPや書画カメラを使えば、参加者の興味に応じて、この話に飛んだらこのスライド、あの話に飛んだらあのスライドというように、スライドをサッサカと差し替えることが容易である。
PowerPointでも、スライドのタイトル一覧を表示して任意のスライドにジャンプする機能があるが、時間が掛かるし面倒。あともう一つ、時間が余った時のために差し込んでおいたスライドの問題がある。普通は「今日はここは飛ばしまして…」とやる。ただ、聞いている方からすると、チラッとだけ見せられて解説無しというのは、何だか損した気になるものだ。多分。

slides そこで、右の図のように、スライドを縮小印刷してスライド番号を大きく肩に書いたものを用意する。
スライドのタイトルと番号のリストだけではパッと目指すプレゼンが見つけられない。また、しばしば来る「あの、三角形の書いてあったスライドをもう一度…」なんてリクエストにも容易に対応できる。
A4の紙を持ちながらのプレゼンは辛いので、半分に切る。

これで、任意のスライドに「スライド番号→Enter」で飛んでいける。僕なんかはOHPを使うと手元でぐしゃぐしゃにしてしまって、「その件は…えーと、どこいったっけな、あのスライド…」と、しばしば見苦しいことになる(さっきは「容易」と書いたくせに…笑)が、この方法ではその問題も解決できるはず。


「はず」と書いたのはまだ試していないから。明日試す機会があるので、効果については近日中にまた書きます。スライドを行き来する方法について、何かワザをご存じの方は教えてください。

koji

Special

- PR -
コメント
Shingo 2005/06/25 13:24

僕も来週プレゼンをする予定なので、これを試してみますね。

koji 2005/06/27 09:13

このやり方、勉強会で試してみました。少なくともスライドを探して行きつ戻りつする時間は減ったと思います。スライド一覧が手元にあると、これから先の展開を思い出しながら話ができるところもメリットです。


コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/2785305

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/koji/profile_name.html -->堀内 浩二<!-- /include:/koji/profile_name.html -->

堀内 浩二

(株)アーキット代表。
「個が立つ社会」をキャッチフレーズに、起業・転職支援やビジネスリテラシー研修などを提供しています。 個人向けにはチャレンジ応援サイト「起-動線(きどうせん)」を運営。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Special オルタナトーク

2014年に向けて

カテゴリー
エンタープライズ・ピックアップ

news094.gif 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17)

news094.gif ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う
上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

news094.gif 悩んだときの、自己啓発書の触れ方
「自己啓発書は説教臭いから嫌い」という人もいるだろう。でも読めば元気になる本もあるので、一方的に否定するのはもったいない。今回は、悩んだときの自己啓発書の読み方を紹介しよう。(12/5)

news094.gif 考えるべきは得意なものは何かではなく、お客さまが高く評価するものは何か
自社製品と競合製品を比べた場合、自社製品が選ばれるのは価格や機能が主ではない。いかに顧客の価値を向上させることができるかが重要なポイントになる。(11/21)

news094.gif なんて素敵にフェイスブック
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。吉岡編集長賞を受賞した作品が、山口陽平(応募時ペンネーム:修治)さんの「なんて素敵にフェイスブック」です。平安時代、塀に文章を書くことで交流していた貴族。「塀(へい)に嘯(うそぶ)く」ところから、それを「フェイスブック」と呼んだとか。(11/16)

news094.gif 部下を叱る2つのポイント
叱るのは難しい。上司だって人間だ、言いづらいことを言うのには勇気がいるもの。役割だと割り切り、叱ってはみたものの、部下がむっとしたら自分も嫌な気分になる。そんな時に気をつけたいポイントが2つある。(11/14)

news094.gif 第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(11/8)

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ