あらゆるビジネスマンに通ずる「原理原則」の話を、ブログでぼそぼそぼやきます

「思考変革」を、声を大にして提唱する理由

»

皆様、はじめまして。

株式会社エクスバンスの齋藤耕平と申します。






この度ご縁あって、このオルタナティブ・ブログに参加させて頂く事となりました。

いつもサイトを「閲覧側」として利用していたので、

こうして「発信側」に立つというのが非常に不思議な感覚です。






本日は第一回目の記事投稿という事もあるので、

まずはご挨拶の変わりに、「オルタナティブ・ブログで何を語るの?」

ってところのお話をしていこうと思います。

これから定期的にオルタナティブ・ブログを更新していくので、

非常に長い文章ですが、是非初めにご覧頂ければ嬉しいです。






本ブログのテーマには、「思考変革論」というテーマが名付けられています。

実はこの「思考変革論」というテーマで、齋藤耕平公式メールマガジンも発行しています。

http://ecc-x.com/fr/0002/jlUhwW

最近のアウトプットの専らのテーマは、「思考変革」です。

なので、このオルタナティブ・ブログでも、

様々なビジネスに関わる方々に、少しでも気付きを与えたりきっかけを与えたりして、

「良い思考の変革」を実現出来ればな、と考えています。

中々、壮大なテーマではありますが(笑)







こうして「思考変革」という話にこだわっているのには、

コンサルタントとして、経営者として得た様々な背景が関連しています。







僕が株式会社エクスバンスを立ち上げたのは、2009年の3月です。

時間が経つのは早いもので、現在4期目の半ばまで時が経ちました。

事業の方は紆余曲折ありながらも順調に推移し、

様々な方のサポートもあり、

立ち上げた当初の予定を上回る形で事業展開を行う事ができています。







7月には名古屋での事業展開を始める為に、

セントロイドコンサルティング株式会社を設立。

ずっと主戦場としていた東京以外での事業展開を行っていく事もあり、

今はビジネスマンとして、経営者として、

自分の中では結構変革の時期を迎えていたりします。







なんだかんだ生き残る事の出来たこの3年半。

なんだかんだ成長する事の出来たこの3年半。

自分の想像通りの今もあれば、

自分が全く想像していなかった今もありました。







この「自分が全く想像していなかった今」という所が、

「思考変革」を提唱する理由に大きく関わっています。







実は、自分の中で、2つ、

立ち上げ当時の想像と現在で大きく考えが異なっていた事がありました。







まず一つ目に想像と異なっていた点は、

ビジネスマンとしての「立ち位置」です。

本来根っからの営業マンなので、

やはりしばらくは営業をベースに事業を展開していくのかと思ってました。

しかし、

とあるきっかけから「コンサルティング」という事業に携わる事になり、

その後は上場企業から個人事業主まで、

幅広いクライアントに対して「より良い方向に導く」事を

仕事としてきました。







気付けば講演も各地に月1回程で呼ばれたり、

研修事業として新入社員から役員層の方々へ研修を提供したり。

「教育」という形でこんなにも仕事ができるなんて事は、

起業当時は全くもって考えていない事でした。

自分が想定していたビジネスマンの立ち位置と大きく異なる

立ち位置だったんですね。







そしてもう一つの想像と異なっていた点は、

あらゆる業種業態、あらゆる属性、あらゆる思考の人達と触れ合い、

仕事する環境が生まれた事です。

立ち上げ当初はWEB系の営業が主だったので、

その業界以外の人達との接点をイメージしていませんでしたが、

コンサルティングという仕事を通じ、

またそこから生まれた派生の仕事や繋がりを通じ、

本当に多くの業界の人達、属性の人達と触れ合い感じる

きっかけを得る事が出来ました。







この2つの想像していなかった経験が、

僕の中に大きな「思考変革」をもたらしました。

自らの視野や知見を大きく広げられたのと同時に、

様々な業界や属性に対しての「問題意識」が芽生えたのです。







先程「教育」「コンサルティング」という言葉をぱっと出しましたが、

その事業内容は、実際にはもの凄くハードなものです。

圧倒的なインプットと圧倒的な実践が必要なのはもちろん、

どんな相手にも理解される伝達力やどんな状況でも最善の結論を導く問題解決力、

もっと言えば相手の事をどこまでも突き詰めて考える思考力や、

誰にでも信頼され、

「一緒に頑張っていこう」と相手に思ってもらえるだけの人間力やマインド。

これら全てを求められるのが、

「教育」「コンサルティング」という仕事だと僕は思っています。







自分がその立ち位置での仕事を期待されて仕事を引き受けた以上、

絶対にその立ち位置でビジネスを行えなければなりません。

だからある意味、

半ば強制的に「成長」が実現できる環境で仕事を行う事ができたのです。







なんて書くと、非常にポジティブに見える一連の流れですが(笑)

実際は正直今思い出しても鳥肌が立つくらい、

めちゃくちゃに突き詰めて頑張っていました。

1日18時間週6,7で仕事なんていうのはざらって時期があったり。

過労で3回くらい倒れたり。







でもそのお陰で、視野が広がり、思考のキャパシティが広がり、

どんな事業にでも応用出来るビジネスのベースが確立され、

各方面へ良い影響を与えられるだけのビジネス力を身に付ける事ができました。

当初は死ぬ程大変でしたが、今となっては、本当によかったなと思っています。







そうして自らの見える世界が広がった状態で様々な業界を知り、

様々な人々と接していくと、良くも悪くも、

何回も何回も僕の中で大きなパラダイムシフトを引き起こすのです。







もちろん、非常にプラスに働くパラダイムシフトもたくさんありました。

ビジネスマンとしてのあり方を再考させてくれる出逢いも、

人の素晴らしさを再認識させてくれる出逢いも、

大きな気付きを得させてもらった出逢いもたくさんありました。

もちろん、今でも。







ただそれと同時に、様々な側面で、問題意識を感じる事も多々ありました。

・他人依存している人の多さ

・情報弱者を食い物にしている業界の負のスパイラル

・思考停止しているビジネスマンの現状

・独立を志している人が考えている、ロードマップにおける具体性の欠如

・お役所絡みの人達の意識の低さ

などなど。







接していて、

「何で?」「どうしてこう考える?」「それで良くないのに何で変わらない?」

なんて事を感じる事が結構な頻度であったのです。

もちろん、価値観は多種多様です。

その価値観を否定するつもりはないですし、

否定できる程立派な人間でもありません。







でも、

・明らかに目標に対しての行動が誤っていたり

・なりたい像になる為に必要な考えが全く備わっていなかったり

・本来「こうあるべき」と定義付けられる事でも大きく歪んだマインドを持っていたり

・小学生でもわかる人間のベースの部分を見失ってたり

そんな事が、結構多くの世界で生じていたりするんです。

これ、あまり良い状況とは言えないですよね。







そんな事に気付いていくと、

次第に自分の仕事のスタイルにどんどん疑問を抱いて行く様になるんです。

「もっともっと俯瞰的に行動を選ばなければいけないんじゃないの?」って。







会社を立ち上げた最初は正直、会社を大きくする事しか考えていませんでした。

でもある程度事業も軌道に乗せ、

あらゆる形の事業展開へのロードマップを引けてという状況になって

様々な角度から自分の行動を考えた時、

「もっともっとやるべき事もあるんじゃ」って感じたんです。

綺麗事みたいですけどね。

でもほんとに。

もしかしたら、

「社会的意義」みたいな言葉を真剣に考えだしたのかもしれません。

「起業して会社大きくしてその為に努力して、

それだけで齋藤耕平の価値ってあるのかな」

みたいな若干病み気味な思考が巡ったりしてました(笑)

でも結構真剣に、悩んだんです。

どうしよう、みたいな。







そしてその悩んだ結果の行動が、

この「思考変革論」の提唱でした。

オルタナティブ・ブログやメルマガを通じて、

「伝える」を徹底的に実践しよう、という結論に至りました。







僕はこの3年半のビジネス経験、特にコンサルティングという仕事を通じて、

「伝える」事の重要性を学びました。

そして、伝える事の難しさも。

でもそれでも努力して伝えて、その結果相手に変革を及ぼし、

結果相手を良い方向に導けた時、

その時の喜びは他にはないものでした。

これで事業としての対価をもらえるというのは、本当に幸せだなって。







でも色んな業界、色んな人と触れていき、

「自分の「伝える」は、全然、伝えたい人・伝えるべき人にリーチできてない」

という事実も痛感してしまいました。

自分が色んな問題意識を抱いているにも関わらず、

そこに対して何も出来ていないって。

これは、自分の中で大きな気付きでもあり、

大きな葛藤を生み出すものでもあったんです。







そして僕の性格上、

そんな葛藤を抱えている状態を放置するはずもなく。







だから、こうしてちゃんとアウトプットの環境を作って、

気の向くままに、自分が伝えたい事を伝えたい様に伝えていこうって思いました。

そしてやるなら徹底的に、ってことで、

「思考変革論」という非常に大きく壮大なテーマを掲げ、

様々なビジネスに関わる人々に少しでも「気付き」を与えていける様にと、

こうして発信をしていこうとしているのです。







正直、何を書こうとかなんとかを詳細に全部決めているわけではありません。

ただ、本当に伝えたい事はたくさんあるので、

ビジネスの話、人としての話に限らず

色んな事をこのオルタナティブ・ブログで伝えていくつもりです。







ちなみに、「メルマガとオルタナティブ・ブログって何か違うの?」って話ですが、

メルマガの方がよりビジネスに特化した所の話をしていこうと思います。

収益化の話とか、ビジネスの裏の思考の話とか、

結構エグい部分もどんどん出していこうと思っています。

こちらもオルタナティブ・ブログとは違う濃い話をたっぷりと出して行くので、

ビジネスへの感心が強い方は是非ご登録してみて下さい。

無料で登録可能です。





http://ecc-x.com/fr/0002/jlUhwW





こんな形で、色んな事を語っていこうと思います。

自分的には大きなモチベーションを持って、

このオルタナティブ・ブログに参加させて頂いたつもりです。

ビジネスにどっぷりハマっている人はもちろん、これからビジネスに触れていく人、

お金を稼ぎたい人、世界を変えたい人、将来起業したい人など。

色んな人にとって何かしらの気付きを与えられるものにできればなと思っています。







伝える。

それは唯一の、世界を変える手段だと僕は思っています。

今までの経験、これからの学びを元に、どんどん齋藤耕平なりの「伝える」を、

このオルタナティブ・ブログとメルマガで出来ればなと思います。







それでは、これからの更新を楽しみにしてて下さい。

では。

Comment(2)

コメント

初めまして、GREAT GEEKSというオルタナブログを書いている佐々木と申します。
ブログデビューおめでとうございます!オルタナブロガー仲間として、どうぞよろしくお願いします。

KoheiSaitoh

佐々木様

コメントありがとう御座います。
皆様と比べて経験値の乏しい新参者ですが、
自分らしい言葉で自分らしいアウトプットをオルタナティブブログで綴っていければなと思います。

佐々木様のブログも是非拝見させて頂きますね。
今後もご指導ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

コメントを投稿する