昨日はソフトウェアジャパン2009のWeb2.0フォーラムにて、栗原さん小林さんと一緒に講演とパネルディスカッションを行ってきた。当日用意していた配付資料を会場の前に置いていたら別のセミナーの受講者に持ち去られて足りなくなったり、PCが上手く接続できなかったり、講演時間がオーバーしたりとトラブル多発で出席者の方々にご迷惑をおかけして大変申し訳なかった。

 さて諸事情によって私の当日のプレゼン資料を全て公開することはできないのが一部はココで紹介。

20090128

 これは日本のソーシャルメディアの発展史(流行史?)を簡単に纏めてみた図。これは年末休みに皆で考えたSocial Media in Japanの副産物で私個人がメモがてらに著名サービスの登場&ブレイク時期をマッピングしてみたもの。個人作の図なので非営利であれば著作者表示の上自由に再利用していただいてかまわない。もっと良い図に改変というか改良していただくのもOKだ。

 講演の中でも話をしたのだがソーシャルメディアって別に最近出てきた話ではなくって古くはパソコン通信の時代から脈々と培われてきた土壌があって、それがたまたま今ソーシャルグラフという言葉がブレイクして再注目されただけだと思う。

 そして人がいればその人の数だけソーシャルな何かがあるわけで、米国で流行ったソーシャル何とかがそのまま日本では流行るわけではない。実際にニコニコ動画やお絵かきチャットと言ったユーザが書いたイラストや絵(2次創作を含む)を中心としたソーシャルメディアは日本独自なものだと思う。今の米国のソーシャルブームはじきに日本にも来ると思うが、日本では欧米とは若干違った展開を見せてくれるだろうと思って期待している。

===関連リンク

 

yoi

Special

- PR -
コメント
Mamiko 2009/01/29 01:47

すいません、一つ教えていただきたいのですが、上の図の矢印のアップダウンは何か意味があるのでしょうか?

Yoshikawa 2009/01/30 01:12

Mamikoさん
 参考にした元の図がこういう書き方だったのにならっただけで深い意図はありません
 ちなみに参考にした図は以下の資料の5P目にあります
http://www.slideshare.net/CIC_China/q3-wp-topic-onethe-chinese-iwom-landscapeen-presentation

tazuke 2009/01/30 19:16

日本におけるソーシャルメディアの独自性については、濱野 智史さんの著書『アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか』で論じられている内容がとてもユニークで参考になりました。
既にご承知でしたら失礼お許しください。

Mamiko 2009/01/31 04:52

吉川さんありがとうございます。スライドもとても興味深いです。


コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/18318458

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/knowledge/profile_name.html -->吉川 日出行<!-- /include:/knowledge/profile_name.html -->

吉川 日出行

みずほ情報総研勤務。情報共有や情報活用を主テーマにコンサルティングや新ビジネスモデルの開発に携わっている。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
カレンダー
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Special オルタナトーク

2014年に向けて

カテゴリー
エンタープライズ・ピックアップ

news094.gif 顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(12/17)

news094.gif ちょっとした対話が成長を助ける――上司と部下が話すとき互いに学び合う
上司や先輩の背中を見て、仕事を学べ――。このように言う人がいるが、実際どのようにして学べばいいのだろうか。よく分からない人に、3つの事例を紹介しよう。(12/11)

news094.gif 悩んだときの、自己啓発書の触れ方
「自己啓発書は説教臭いから嫌い」という人もいるだろう。でも読めば元気になる本もあるので、一方的に否定するのはもったいない。今回は、悩んだときの自己啓発書の読み方を紹介しよう。(12/5)

news094.gif 考えるべきは得意なものは何かではなく、お客さまが高く評価するものは何か
自社製品と競合製品を比べた場合、自社製品が選ばれるのは価格や機能が主ではない。いかに顧客の価値を向上させることができるかが重要なポイントになる。(11/21)

news094.gif なんて素敵にフェイスブック
夏から秋にかけて行った「誠 ビジネスショートショート大賞」。吉岡編集長賞を受賞した作品が、山口陽平(応募時ペンネーム:修治)さんの「なんて素敵にフェイスブック」です。平安時代、塀に文章を書くことで交流していた貴族。「塀(へい)に嘯(うそぶ)く」ところから、それを「フェイスブック」と呼んだとか。(11/16)

news094.gif 部下を叱る2つのポイント
叱るのは難しい。上司だって人間だ、言いづらいことを言うのには勇気がいるもの。役割だと割り切り、叱ってはみたものの、部下がむっとしたら自分も嫌な気分になる。そんな時に気をつけたいポイントが2つある。(11/14)

news094.gif 第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(11/8)

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ