世界を変える為のオピニオンをソーシャルメディア×グローバル×マーケティングを軸に発信していくブログ

コワーキングから見えてくる、従来の労働を超えた幸せをコントロールする働き方とは

»
Blank

286268_146346915448372_100002191927


本日は株式会社ソーシャルカンパニー市川さん主催の
『New Yorkのコワーキング・スペース「New Work City」創業者と
語る新しい働き方の可能性』
というセミナーに行ってきました。

先ほど終わったばかりで
興奮冷めやらぬうちにブログにまとめたいと思います。

本日は
ちよだプラットフォームスクエア
設立者の藤倉さん

PAX Coworkingで日本版Jellyを開催する
佐谷さん

そして今回の会場でもあったコクヨエコライブオフィス品川
運営するコクヨの八塚さん

そしてNew YorkでNew Work Cityという
コワーキングスペースを運営している
Mayor(市長w)のTony Bacigalupoさんが
メインスピーカーとしてお話ししてくれました。

今、コワーキングはノマドワークにも繋がる
新しい働き方として非常に注目されている
というのを理由に参加させて頂いたのですが、
予想以上のモノを得ることができたと満足しております。

なぜかというと今回のセミナーで
「アメリカにおけるコワーキングスペースの
使われ方が勉強ができる!」と期待して行ったのですが、
実際話を聞くと働くことを超えた「生き方」についても
深く考えさせられる機会を得ることが出来たからです。


マズローの欲求ピラミッドはご存知でしょうか?
有名な考えなので説明は省略させて頂くとして、
今回非常に印象的だったの内容が人々の仕事における
内容もこれに近い部分があるということです。
つまり労働内容と欲求内容はリンクしているのです。

 

下記がマズローの欲求ピラミッドです。

21_image1



我々の労働は原始時代の「狩り」から始まり
内容は「農業」「工業」「知識産業」と進化してきます。

今日のメインスピーカーのトニーは「知識産業」の
次のステージは何か?という問いを考えながら
今のコワーキングスペースを運営しているそうです。

下記が労働におけるピラミッドです。

X2_7856c93


そしてマズローの欲求ピラミッドの頂点は
「自己実現の欲求」ですが、これはそれより下の
自我や愛の欲求の段階を得た後にある層です。

我々が今生きる社会はモノや情報に
溢れていており、モバイルを通じいつでも
友人に会え、さらにTwitterやブログを通して多くの人から
共感を得ることができる時代です。


つまり今の私たちは「自己実現」の階層に
向かって生きている真っ最中だと言えます

トニーはこの自己実現に向かって生きている
我々に「知識産業」を超える程のインパクトのある
社会変革をおこしてもらい、新しい産業を作りだし
それを踏まえて自己実現に到達する場

コワーキングスペースを通じて
提供していきたいと仰っていました。

そこで一番重要なのがそこにいる「人」なのです。
全員がそこでのアクティビティに積極的に参加することによって
メンバーのスキルが最大限に引き出されるということ。
CoWorkingのキーワードは『場所』でははなく『人』ということなのです。
シェアハウスとは違うのがこの点であくまでもビジネスではなく
このようなコミュニティの維持という点です。


Nwcinactionstartupweekend



マズローの五段階欲求と、今の私たちのマインドや働き方とを
重ねてきた時は本当にビックリさせられました。

つまり我々自身が我々の幸せをコントロールするべきなんですね。
難しいですがそれこそ自己実現の完成形なのではないでしょうか?

また、より働き方も人間らしくなってくるんだなと
感じました。場所ありきではなく人ありきで働く。
ここもソーシャルメディアによる繋がりと
LCCの発達などによる移動距離の低価格化が
一役買っている部分かもしれませんね。

「仕事=オフィスでやるもの」をはじめとして
従来の常識をもろもろ真剣に疑い始めたほうが
いい頃かもしれません。

懇親会の後、最後の後片付けもみんなで行いました。
本当に良いイベントだったと思います。
市川さんを始めとした関係者の方々お疲れ様でした。

最後にトニーと話をさせて頂いた時の一枚です。
緊張して早口英語になりすぎて全然言葉が伝わらなかったです。。
もっと勉強しよう。

271259_146433195439744_100002191927

Blank

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する