組織を超えてテクノロジーの発展、社会活用を推進しよう、というグループの中の人です。

取材者への危険な質問2つ

»

テクノロジー分野の企業PR支援を生業に、プロボノで「テクノロジー・ネットワーク」を運営する中の人です。

前回に引き続き、取材対応のポイント、取材者への質問についてです。

取材者への危険な質問2つ

取材を設定する場合も、取材の話し手になる場合も、取材者とうまくコミュニケーションを取れるか否かが、記事の成否を決めます。メディア、記者により取材の考え方、進め方が違うので、どう接するのがベストか、個々に判断する必要があります。

取材対応する際に気をつけたい、センシティブな質問は以下の2つです。

  • 「いつ記事になりますか」

回答した内容にニュース価値があれば、記事になります。取材者は、聞いた情報を独自の視点で解釈し、検証して記事を書くので、いつどう記事になるか、確約できません。執筆の工程や労力を理解しない聞き方は、書き手との関係を損ねる危険があります。

  • 「記事を事前に見せてください」

"検閲"と受け取られる恐れがあります。媒体方針で見せられない場合も多いので、当然のように要求するのは書き手との関係を損ないかねません。

取材者の立場を理解し、執筆に協力する姿勢で取材者と関係を築くことが、正しい理解、記事につながります。人間関係は尊敬ありき、を忘れないようにしたいものです。

コウタキ考の転載です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する