最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

会社が若者を選ぶことができる時代は既に終わっている

»

「優秀なエンジニアが、この一年で3人辞めてしまいました。来月もまた一人やめる予定です。いったい、どこに問題があるのでしょうか。」

businessman1_nayami.png

あるSIerの方からこんな話を伺い、私は次のように答えた。

「仕事が楽しくないからじゃないですか?」

「守りのIT」が企業内で一巡し、ユーザー企業は膨大なシステム資産を抱えている。一方で、「守りのIT」の新規開発は少なくなり、業務の変更や拡大に合わせて既存システムの手直しをしながら使うことが当たり前となっている。その結果、情報システム部門の予算の7割から8割が既存システムの運用や保守に関わる費用となってしまった。

この会社は、新規システムの請負開発でリスクを冒すよりも、既存システムの保守、運用の仕事をするほうが継続的に工数を確保でき、安定した収益を得られると考え、そんな仕事を増やしてきた。また、大手の下請けにも入り、同様の仕事を増やしてきた。

意図的に増やしてきたと言うよりも、開発に携わった当事者に運用や保守を任せておいたほうが余計な説明もいらないので楽であるとの情報システム部門や元請けの思惑もあったようだ。そして、いつしか個々のシステムは特定のエンジニアに依存して切り離せない関係となり、結果として、お客様との継続的な関係を支えるようになった。しかし、そんな依存関係ももはや限界となりつつある。

「経費削減が求められており、支払金額を10%下げさせてもらえませんか?ただ、いまの仕事内容や品質には満足していますので、そこはかえないでください。」

そんなお客様からの相談が後を絶たないという。また、大口の取引先で、収益構造を変えるためにM&Aを積極的にすすめているそうで、そのために既存の基幹業務システムでは多様化する業務内容や組織の統廃合に柔軟に対応することができず、新システム開発の動きがあるという。

そうなるとこの「システムと個人の依存関係」はなくなってしまい、これまでやってくれたからというだけで新しいシステムを任される保証はなく、むしろ積極的に新しいやり方を模索したいという情報システム部門の思惑もあって、これまでの仕事を失う危険にさらされている。

また、IoTやAIなどでビジネスの差別化を図ってゆきたい、つまり「攻めのIT」に取り組もうという気運が高まっている。しかし、そんな取り組みの主導権は事業部門が握っており、情報システム部門にしか関係を築いてこなかったこの会社にとっては、きっかけさえつかめずにいる。

新しい技術スキルの獲得や新規チャネルの開拓にもっと挑戦すべきだということは十分に分かっている。しかし、元々が低い利益率なので、収益につながる稼働率を維持しなければ、そのための人件費さえ確保できない。その結果、新しいことに人材を割くことができないといった悪循環を抱えている。

そんな状況で、若いエンジニアが新しいことをやりたいといっても、単金の低い労働力は利益の源泉だから、収益の上がる仕事で稼働率を上げてもらわなくてはならない。収益が上がるかどうか分からない仕事をやらせるわけにはゆかない。そんなことが、若い人たちのモチベーションを下げているようだ。

新しいことに関わることは、楽しいことだ。モチベーションも上がり、自分でいろいろと勉強もするようになるだろう。そういう環境が、人を育て、魅力ある商品やサービスを生みだすのではないか。

SIerにとっては、人材こそが商品だ。高い技術力だけではなく高いモチベーションも併せ持った人材こそ、最高の商品となる。それにもかかわらず、「優れた人材=優れた商品」への投資を渋るこのようなこの現実は、新製品開発のための研究開発に投資をしない製造業と同じ話で、いずれ商機を失ってしまう。

この会社の若い皆さんと話してみると、いいアイデアをいろいろと持っている。そんなことを上司に相談しても、まともにとりあってはくれないそうで、それが上司への不満となり、さらには会社への不満となり、モチベーションを下げているようだった。

そんな上司たちは、リスクを上げ連ね、あれはだめ、これはだめ、ああしろ、こうしろと言う。会社のためと称して自分の存在感を示すことに腐心しているようにも聞こえる。一方、まだチャンスのある優秀な若者たちは、「やってられないよ」と去ってゆく、つまり、楽しくないから去って行くのだ。

若いからと言って、かれらは決して自分のことしか考えない人たちではない。もっと会社をよくしたいと熱く語ってくれる。そういう若い人たちの声に耳を傾け、助言を与えつつ信頼して任せてみる。そんなささやかな「投資」が会社を変えるきっかけとなるかもしれない。

少し見方を変えるなら、優秀な若い人たちは、お客様があるいは世の中が、いま何を求めているかを敏感に感じ取っている。それを受けとめられない会社では、自分の成長は見込めない、この会社も長くはもたないと本能的に感じてしまうのだろう。だから楽しくないのだ。

若者たちが会社に感じる楽しさ=会社の成長力の尺度

忙しくてもチャレンジできる会社は楽しい会社だ。結果として、人材は育ち、外からも優秀な人材が集まってくる。一方で「優秀な若い人が辞める」会社は、楽しくないのだ。そんな会社は、衰退の道を歩みはじめる。そうならない先に、「楽しい会社」にするための取り組みを始めなくてはならない。

時短だけの「働き方改革」では、これを実現できない。若い人材が、チャレンジでき、楽しめる会社にするためにはどうすればいいのか、そんな視点から働き方のあり方を考えてみるべきだろう。

一歩進めて考えれば、若い人たちが楽しめる会社へと「変える」のではなく、若い人たちが楽しめる会社を「新たに創る」といった発想が必要なのかもしれない。もちろん、簡単にできることではないが、自分たちの事業が続けられるうちに実現しなければ、元も子もない。

少子高齢化が待ったなしに進みつつあるいま、若者人材の確保は益々難しくなる。

若い人たちから選ばれる会社になることだ。会社が若者を選ぶことができる時代は既に終わっている。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LiBRA 10月度版リリース====================
・新たに【総集編】2018年10月版 を掲載しました。
「最新のITトレンドとこれからのビジネス戦略」研修に直近で使用しているプレゼンテーションをまとめたものです。アーカイブが膨大な量となり探しづらいとのご意見を頂き作成したものです。毎月最新の内容に更新します。
・アーカイブ資料につきましては、古い統計や解釈に基づく資料を削除し、減量致しました。
==========================================..
ビジネス戦略編
【更新】UberとTaxi p.10
【更新】もし、変わることができなければ p.16

人材開発編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】モノのサービス化 p.34
【更新】モノのサービス化 p.37

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【更新】AIと人間の役割分担 p.12
【更新】自動化から自律化への進化 p.24
【更新】知的望遠鏡 p.25
【更新】人に寄り添うIT p.26
【更新】人工知能・機械学習・ディープラーニングの関係 p.64
【更新】なぜいま人工知能なのか p.65

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・開発と運用編
【新規】マイクロサービス ・アーキテクチャ p.62
【新規】マイクロサービス・アーキテクチャの6つのメリット p.63
【新規】マイクロサービス・アーキテクチャの3つの課題 p.64
【新規】FaaS(Function as a Service)の位置付け p.68

ITインフラとプラットフォーム編
【更新】Infrastructure as Code p.78
【新規】Infrastructure as Codeとこれまでの手順 p.79
【更新】5Gの3つの特徴 p.235

クラウド・コンピューティング編
【更新】クラウドの定義/サービス・モデル (Service Model) p.41
【更新】5つの必須の特徴 p.55
【新規】クラウドのメリットを活かせる4つのパターン p.57

テクノロジー・トピックス編
*変更はありません。

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更ありません

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する