テクノロジーに心も仕事も奪われそうな日々を綴ります。

ノマドワーキングは現代版SOHO、だと思っていました。。。

»

こんにちは。

ここのところやっと暖かくなり、花粉とにらみ合いを続けています。勝ち目はないけど、戦わなければいけない時があるのです、男には。

そんな、見えない敵とシャドーボクシングをする日々を過ごしています、松井です。

ここのところ、ノマドワーキングをめぐってTwitter方面から季節外れの熱風が吹き荒れていますが、みなさんはどのように感じているのでしょう。

ノマドワーキングと言えば僕が最初にその概念を目の当たりにしたのは、佐々木俊尚氏の著書「仕事するのにオフィスはいらない」だったように思います。それを読んだ僕は「これはマイクロソフトへの宣戦布…、この話はやめましょうか。そして、その後、ノマドに関する書籍がわらわらと出版され、半年もすると落ち着いたように見えたのですが、ここに来てすごく盛り上がっていますね。

で、盛り上がるうちにノマドを拡大解釈されて今では高給フリーランサーのことをノマドと呼ぶ人まで現れてどうしたもんかと、とりあえず聞き流して寝るか、といったスタンスをとっております。

そういえばこんなような議論って他にもいろいろとありますよね。

かつて、Yahoo掲示板、チャットのような閉じたコミュニケーションがSNSと呼ばれるようになってみたり、ASP、SaaS、クラウド・コンピューティングと出世魚のごとく名前が変わったり、パンタロンがフレアパンツと呼ばれて復権したり。

そういえばSOHOもテレワーキングという異名を持っていましたね。

こうして見てみると、人間のやることって実は大昔からそれほど進歩していないというか、変わり様がないんだなぁと感じます。ただ、手段が高度化しただけで。

そういうわけですので、iPadやらSNSやらクラウドを革新的というのはやはりただの宣伝文句でしかないんでしょう。人間にとって本当の革新は産業革命とインターネットでしょうね。それ以外はおまけみたいなもんです。

ただ、おまけのほうが盛り上がってしまうというのもビックリマン以来脈々と受け継がれる文化であったりするのでもうどうにでもなれ、とやけ酒を呑みながらブリの照り焼きでも食べたいと思う今日この頃です。

Comment(7)

コメント

僕は佐々木さんの本を読んで、単なるワーキングスタイルのことだと認識しています。
働き方、ですね。
自社内にいないとできない仕事がある一方で、外回りとかの仕事なんだけど、見積書作成とか、提案書作成とか、いちいちオフィスに戻らないでできるほうがいいよね、それをノマドワーキングと言ってみた、というような。
なので、会社員でもノマドワーキングスタイルはできる、という意味だと思っていたんですが。
ココに来て、やたらと批判したがる人がいるのは、外回りしたいよ、という裏返しでしょうか。ちがうか。(^^;

松井真吾

ookiさん
コメントありがとうございます。
そうそう、スタイルなので会社員でもなんでもできないことはないんですよ。
それがなぜかフリーランスがどうとかっていう話になってややこしくなっています。
呼び方はともかくとして、これだけ災害が多い国でノマド的なスタイルが定着しないのは結構不思議です。

>松井さん
おっしゃるとおりですね。オフィスにこもりっきりでは不安ですしね。
まあ、批判している人の多くは、自宅にいる人のようですが。(苦笑)

このあたりに関するちょっと「ほほー」な記事を現在仕込んでいます。
連休明けにITmedia エンタープライズに掲載しますので、お楽しみに(読めよ、というプレッシャー)。

松井真吾

ookiさん
今は過渡期なのでしょう。。。

ばんちょ~
急にお腹が痛くなりました。。。

松井

ばんちょ~
記事を拝読いたしました。
まさかこんな形でつながるとは。。。
今後の記事も楽しみです。

コメントを投稿する