「仮想化」をキーワードに情報インフラの世界を考察します。

ニコニコ動画は毎日1680万円もの商品を売り上げている

»

ニコニコ動画といえば、YouTubeを超える圧倒的なアクセスを集めている新タイプの動画共有サービスですが、数ヶ月前から 「ニコニコ市場」という動画視聴者が貼り付けるamazonアフィリエイトで、 動画に関係する商品の購入もできるマーケットがオープンしています。

先日、そのニコニコ市場の売上件数が、1日5600件に達したというニュースが流れました。

現在のニコニコ市場の売上件数上位100商品を見ると、5000円を超える高額商品が結構多いのに驚きます。 確かに1000円以下の商品も結構あるのですが、金額×売上件数を計算すると、 上位100位の平均単価は3000円に達しようというレベルでした。

仮に、この単価を全体に当てはめると、

5600件×3000円=1680万円!
日販1500万円と見做しても、月30日計算で4億5千万円!!

これはかなり大きなマーケットですよね。楽天のテナントと比較しても、相当上位の売上だと思います。

ちなみに現在のアフィリエイトの収入は全てニコニコ事業部(先日ドワンゴ内で事業部化されました)の収益となり、 サーバ運営費に充てられています。

ニコニコ市場の発注商品の何割かは常時品切れで発送待ちのようですが、 amazonのアフィリエイト収入は月発送数が7001個以上は売上の7%と規定されていますので、 実際には月収3150万円以上になると思われます。

以前、開発者の方が漏らしていたサーバ及びネットワークの運用費と比較するとまだまだ十分とは言えない収入ですが、今後、 メーカータイアップでプライベートブランド商品をどんどん出していけば、有料会員の会費と合わせて、 黒字に転じることができるかもしれません。

 


 

(2007/09/30 修正)
エントリー後半の月収計算を誤って日収表記にしていたので正しました。

Comment(15)

コメント

もと

そんなに売り上げがあるのですか。著作権無法地帯状態をはやく改善してほしいものです。

違法な動画がアップロードされていたのでJASRACに連絡したことがあるのですが、YouTubeは連絡後1週間程度で削除されたのに対し、ニコニコ動画では半年経った現在でもアップロードされたままになっているものがあります。

砂坊主

売り上げを見れば多いように見えますが、それ以上にコストがかかっているので赤字なんですよ。
著作権は親告罪です。違法かどうかを第三者が決めることができるかは疑問です。
またJASRACが行っている対応についても問題が多く指摘されていますよ。
削除されないということは違法ではないと判断された可能性もあるのではないですか。

もとさん、コメントありがとうございます。

ニコニコ動画の最大の課題は著作権とどのように向き合っていくかでしょうね。これまでは規模の大きさや一般化していなかったことから静観されていたと思いますが、メディアで取り上げられることも増え、YouTube以上の日本ユーザのアクセスがあることが分かってきた今、JASRACも本格的に対応することになると思います。

砂坊主さん、コメントありがとうございます。

 どれだけの割合なのかは分かりませんが、販促や口コミの一環として販売サイドが黙認しているところもあると聞いています。
 また、動画をUPしている方のほとんどは、作品を愛しているからだという動機を考慮しているケースが多いからだと認識して作者が黙認していることも多いのかもしれません。
 そもそもニコニコ動画自体をまだ知らないという作者もいるでしょうから、ニコニコ動画が有名になるほど親告罪である著作権が問われる可能性も高まってきそうですね。

まき

売上が著作者に還元されないのでなんとも微妙ですよね。

元々が商業ベースで作られた人気作品が多いのだから、そこから切り貼りしたMADなんかを作れば、面白いのは当然だし。
正直な話、販促に繋がるからと黙認してくれるなら、版権物を使い倒したい広告代理店や企業は多いはずで・・・

あと、消されにくいのは、IDで制限がかかっていて、権利者が確認できないだけなのかも。

んー

>まきさん
>売上が著作者に還元されないのでなんとも
これは凄い誤解ですよ。なんのためのアフィリエイトですか。
例えば、アイドルグループの映像にそのアイドルのアルバムアフィリが貼られて凄い数売れていますが、この売上は著作者に還元されますよね。
(もちろん映像と全く関係ない製品のアフィリもありますが)

これまでの違法サービス(winmx,winny,youtube等々)でも、ダウンロードなり試聴なりして実際にアルバムなどを買ったユーザーが多数いたはずですが、ニコニコ動画はその試聴から売上に繋がった数が分かること、つまりサイトと市場が繋がること、コレが今までになかった特異性なのです。

やく

ちなみにJASRACが請求した著作料が著作者に行っていないのはご存知ですか。私は現在JASRACの行っている対応が
正しいものとは思えません。
著作権に違反しているのは事実ですが、仮にニコニコ動画で動画が削除されても商品を買わない人は買わないだろうし、
逆にニコニコ動画で、DVDの内容がそのまま動画としてアップロードされていても買う人は買うでしょう。
一概にニコニコ動画が「悪」とは言えません。
もう少し著作物のあり方を考える必要があるのではないでしょうか。

えと

著作権侵害はJASRACでは無く著作者に直接連絡したほうがいいです。
JASRACはあまり良い噂聞きませんし。
著作権違反は著作者が訴えない限り放置されますから。

まきさん、コメントありがとうございます。
 んーさんのおっしゃるように、売上自体に対する著作者への還元金額は変わらないと思います。amazonのアフィリエイトの紹介料支払いはamazon自身が行っていますからね。
 版権物の使い倒しについては、まきさんの仰る面も確かにありますよね。この場合、販促の中でもファンマーケティングを意識しているのだと思います。
 また、個人的な感想ですが、ニコニコ動画に取り上げられるような題材は感性とITリテラシーが高いオタク層向けのものが多く、それらの製作陣や販売サイドのうち、ニコニコ動画にログインしたことがない/中身を確認したことがないというところがあるなら、市場に対する感性が少し鈍ってはいないか、と心配になります。

んーさん、コメントありがとうございます。
 売上と著作権について代わりに説明頂きありがとうございます。ニコニコ動画の問題点は、動画や曲などが丸々1作品アップされていることでしょうね。動画の場合、画質の劣化などもあるので、本当に作品を気に入った人は購入すると思いますが、もしかしたらとりあえず作品を見ることができたから買うのをやめた、という人が少なからずいる可能性を排除できないのですよね。少なくとも音楽業界に限って言えば、mp3と違法DLが広まるのと時を同じくして、CDの売上枚数は年々減少傾向にありますし。
 動画の場合、因果関係はまだ示されていないし相関関係も明らかではありませんが、少なくともCDのケースでは相関関係がありそうだと感じている人がかなり多いはず。
 やはり問題は山積みです。

やくさん、コメントありがとうございます。
 JASRACの行いについては、ネット上でも様々なところで疑問が呈されていますよね。そしてその問いに対してJASRACは明確に答えていないように思えます。一番滑稽だったのは、大槻ケンヂさんが自分の曲の歌詞を使うためにJASRACに使用料を払ったのに、いつまでたっても大槻さんにはJASRACからの著作使用料の還元がなされなかったこと。これは大問題だと思っています。
 ちなみに、先のコメントにも述べたようにmp3とCD売上減少の相関関係が先例にあるので、ニコニコ動画によって損なわれている販売機会の方が多いという疑念を消し去ることができないのがニコニコ動画の難しいところだと思っています。

えとさん、コメントありがとうございます。
 著作権侵害は親告罪ですから、著作権を保有している人に直接もしくは間接的にコンタクトを取るのがよいのかもしれませんね。JASRACについては前のコメントに述べたとおりです。やはり独占業務にすると殿様商売になってしまうのでしょうか。

にゃーす

こんにちは。にゃーすです。
この記事もっと早く気がついていればっ。
えぇと、ごめんなさい。
こちらの記事の計算はかなり無理があります。
5600件に達した、というのは平均5600件ではなく
最高が5600件だからです。
ニコニコ動画の売上高については「ニコニコ市場売上高ランキングアーカイブ」というサイトさんが売上高で見たランキングを毎日200位まで出しています。
http://nicoichibaarchive.blog114.fc2.com/
スクリプトを組んで調査しているようですね。
サイトの管理者さんが言うには、毎日の総売上高は、ランキング200位までの1.2倍から1.3倍くらいで収束するのではないかということです。

にゃーす

実は、「ニコニコ市場売上高ランキングアーカイブ」さんのデータをonsheetにまとめてみたものがあります。
こちらです。
http://www.onsheet.net/user/nanakusa/%E3%83%8B%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%82%B3%E5%B8%82%E5%A0%B49%E6%9C%88%E5%A3%B2%E4%B8%8A
ランキング100位までの合計、ランキング200位までの合計と、「ニコニコ市場売上高ランキングアーカイブ」さんの言うところの総売上高が収束するランク200位までの1.2倍の数字を出して、それぞれグラフにしました。
このデータを見る限り、1日1600万円近くも売り上げたのは、5600件の売上げ件数のあった9月26日だけです。

NAKA@情報インフラ24時

にゃーすさん、コメントありがとうございます。
そのようなサイトがあることを初めて知りました。教えて頂きありがとうございます。色々な活動をしている人がいるのですね。5600件というのは瞬間最高風速だというのは分かっていましたが、こうやってみるといかにピンポイントであったかが分かります。今後はサイトの成長とともに売上も増していくと思いますが、比例してインフラ費用も上がっていくでしょうし、やはり厳しい運営ですね。

コメントを投稿する