「仮想化」をキーワードに情報インフラの世界を考察します。

朝日新聞記事の「1万株の22%が8800株」とはどういうことか?

»

これはasahi.comに掲載されていた海遊館株売却に関するニュースの一部表記にあった説明文ですが、 見た瞬間に頭が混乱してしまいました。

「同日開かれた市議会建設港湾委員会で、市港湾局は、所有する1万株のうち22% にあたる8800株を1株10万4000円で近鉄に売却する契約内容を説明。」
http://www.asahi.com/business/update/0926/OSK200709260074.html

これを読んで何とも感じなかった方。もう一度よく読んで下さい。

気付きました? 1万株の22%が8800株になるという摩訶不思議な説明が書かれていますよね。普通に計算すると、1万株の22% は2200株になるはずです。

「Webとはいえ、全国紙を発行する新聞社なのですから、こんな誤植載せるなんて一体何を考えているんだ!」 などと辛口なコメントをする方もいるかもしれません。

でもね、ちょっと待ってください。実はこの説明、あながち間違ってはいないんですよ。 実はある一つの数値を補ってやると見事に意味が通ります。もう少し単純な形で表記すると次のようになります。

 10000株 × 22% = 8800株

上記の式のどこかに加減乗除の記号と数字を1つずつ加えると式は成り立ちます。このことから、 最初の朝日新聞の説明に何の情報が欠けていたのかを考えてみてください。

正解は本日夜に追記します。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する