「仮想化」をキーワードに情報インフラの世界を考察します。

世界中に散らばる3900台のサーバを30台に減らす魔法

»

日頃からインフラ系のニュースは欠かさず目を通していますが、近年稀に見るサプライズがこのニュースでした。 既にご存知の方もいるでしょうが、IBMがプロジェクトビッググリーンという全社的なエコの取り組みで発表した、 超大規模なサーバ統合プロジェクトです。

驚く無かれ、その数なんと3900台。それをたった30台のハイエンドサーバ(System z9、通称zサーバ) に置き換えると言うのですから、これはニュースになります。

何しろ、1/130にサーバの数が減るのですよ。言いかえると、サーバ1台あたりのシステム密度が130倍になるということです。 100人乗っても大丈夫な物置が1万人乗っても大丈夫になってしまうと考えると、その凄さが少しは伝わるでしょうか。

削減したサーバはリサイクルするか処分してしまうとのこと。これだけの台数だと、処分する量も相当なものでしょうから、 廃棄費用もそれなりの金額になりそうです。

事の詳細はIBMのニュースリリース記事が一番詳しかったので、そちらを紹介します。
http://www-06.ibm.com/jp/press/20070801001.html


ちなみに、IBMは今回のプロジェクトの効果として、次の利点を挙げていました。

 ・小さな町の需要を丸ごとまかなえるほどの電力が削減可能
 ・プロセッサ単位のソフトウェアライセンス料を最小限に抑える
 ・技術担当者がシステム管理の作業から解放される

うーん、最後はちょっと微妙だったりして?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する