中堅IT会社の事業企画、経営企画、マーケ、営業、コンサル・・・雑多な経験とマルチタスクに翻弄される日々の徒然と気概をお届けします。

【仕事の何に喜びを感じるかを考えてみる-仕事が嫌になったとき-】

»

皆様こんにちは。鈴与シンワート株式会社の正林です。

本当に仕事が嫌になった方にとって、「仕事の何に喜びを感じるかを考えてみる」なんて容易に出来るものではないでしょう。
仕事の難易度、多くのタスク、責任の重さ、スピード感、人間関係など、ありとあらゆるプレッシャーの中にいて自分の持つキャパシティを超えそう或いは超える、という状況にあって「嫌になる」のだから。
ですので本当に嫌になった方は、少しこんな考え方もあるという程度の、軽い気分転換として読んでいただければと思います。そして、どこか頭の隅に置いておいていただいて、何かの折にでも思い出していただければ幸いです。
仕事が嫌になった方、或いはなる方は

● 仕事に対しての理想や情熱があるからこそ、そのギャップに悩む

のです。すなわち、仕事へのモチベーションが高い故に感じるジレンマにストレスを感じているのです。
仕事というのは習熟すればするほど、熱心になればなるほど

「責任は重くなり」

「品質への意識は高くなり」

「難易度も高くなり」

「求められる結果もシビアになり」

「孤独になっていく」

ものだと考えています。だからこそ、嫌になるのは当たり前だし、辛く厳しいものになっていくのは当然のこと。ただ、何故こんなにも自分に負荷をかけてまで仕事をするのか、というと「理想やギャップを埋めて達成した成果」の喜び、カタルシスがあるからに他なりません。
仕事が嫌かどうかは別にして、厳しさ辛さを感じないとすれば、それは情熱をもって取り組んでないのではないか?とさえ考えてしまいます。
だから、ほとんどのビジネスパーソンは何らか「嫌」と感じることがあると思うのです。
今、リアルに「仕事が嫌」だと思うのであればそれは「仕事が好き」だからこそ生じる感情です。

その時こそ、仕事の「何に」愛情を感じているのか考えてみては如何でしょうか?そうすれば、少し息抜きするのか、別のコミュニティで発散するのか、転職するのか、ペースを落とすのか・・・次に取るべき動作も決まってくるはずです。

※2012/10/25:大幅に文章削除しました。

<了>

-正林 俊介-


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する