ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

映画:クンドゥンを見た。ダライ・ラマとチベットについて学ぶ:

»

明日、ダライ・ラマの講演を聞きに行くので、ダライ・ラマの半生を描いた映画、クンドゥンをレンタルで借りてみました。映画としてどうのこうのというよりも、中国の侵略の仕方がなんだか理不尽でへこむ映画でした。

なんとなく、チベットと日本は、対応が似ている気がしました。日本もチベットのように、ちょっとづつ侵略されていって、圧倒的な兵力で、この映画のように、最後は街中が中国語だらけになってしまうんだろうか。

だいたいのあらすじは、以下の動画で説明されてます。

ダライ・ラマの教えをなんとなく勉強しています。生きるとは何なのか、死ぬまでに残すべきことはなんなのか、今するべきことは何なのか。最近、よく考えます。少なくとも、スマホのゲームを作ることではない気がしています。

Comment(0)