ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

村上 福之

村上 福之

株式会社クレイジーワークス、代表取締役 総裁。 ケータイを中心としたソリューションとシステム開発会社を運営。得意なことは空気を読まない発言。苦手なものは人付き合い。 休日は会う人がいないので、一日ネットをして過ごし、ブログなどで「死にたい」などを連発する優雅でセレブな休日をすごす。

プロフィール

株式会社クレイジーワークス、代表取締役 総裁。
ケータイを中心としたソリューションとシステム開発会社を運営。得意なことは空気を読まない発言。苦手なものは人付き合い。
休日は会う人がいないので、一日ネットをして過ごし、ブログなどで「死にたい」などを連発する優雅でセレブな休日をすごす。

略 歴

小学校4年の時にお年玉で買ったファミリーベーシックなどでプログラミングを覚える。きっかけは、親がファミコンのゲームを買ってくれないので、作るしかなかったから。
学生生活の後、某メーカー社でエンジニアとして雇われる。PCや組み込みのドライバやコンパイラの開発を担当。
退職後、オーストラリアをワーキングホリデーとして留学と放浪するが、組み込み技術は海外でツブしが利かないことに気づき、現地でWeb関連の技術を習得し、データベース開発などを受託。在豪中にSDカード開発の業績をカテにオーストラリア政府より独立技術永住権を取得。
帰国後、離婚の際に得たヨメからの慰謝料を資本金に大阪でソフトウェア開発業を起業。電子書籍の黎明期の開発にあたりながら、国際会計やJava の資格などをとる。
起業家向けビジネスプランコンテストであるドリームゲートで2位を取得し、当時、審査員だったGMOインターネットの熊谷会長の「渋谷のGoolgeのビルの上の階をタダで貸してあげよう」という太っ腹すぎるご提案で受けて31歳で上京。いろんな会社に助けられてメシが食えるようになる。
好きな言葉は「C言語は世界を救う」。