『まさにベンチャーはアドベンチャー』取引先のベンチャー経営者がいつも私に言っていました。傍から見れば楽しそうでほほえましくも、当事者はみな真剣。そんなベンチャーで発生するさまざまな出来事、珍事、事故…などを真面目につづっていきたいと思います。

20代で転職を考えている方へ、、2軸の強みを考えてください。

»
こんにちは、株式会社アマテラスの藤岡です。

ベンチャー企業に専門特化した人材紹介事業をしています。

20代の方からの相談でよくあるのですが、
"事業内容にはこだわりません、人事の仕事ができればいい、財務ができればいい、、"

そんなお話がよくあります。

これではいけません。
専門スキルを磨きたい、と考えているようですが、これからはスキルという1軸だけでは足りません。

事業内容にはこだわってほしいのです。

どの事業分野で、そのスキルを磨くのか、というのはとても重要なことです。

代替可能なスキルであれば、終身雇用制度が壊れているので、若い人や賃金の安い人、海外の人に単にとって変わられてしまいます。クラウドソーシングが発達すると、その流れはもっと加速するでしょう。

となると代替不可能なスキルを創っていかなければなりません。
そのためには特定の事業分野において固有のスキルを磨くことだと思っています。

つまり、『事業分野 × スキル』 、この2軸を意識することはとても重要だと思うのです。

例えば、
・人材紹介会社にとても強い税理士
・医療分野にとても強い営業マン
・エンタメ分野に詳しい戦略コンサル
・知財業界に詳しい財務マン
・化粧品通販に強いウェブコンサルタント 、、、 などなど

こういう人は、業界ならではの事情や、業界内のネットワークをもっていたりして、代替不可能な人材であることが多いです。もっといえば会社に雇われずとも独立してやっていけるだけの強みを持っています。

一方で、
・いろんな営業ができます。
・経理は一通りできます。
・ウェブマーケはだいたいわかります。

こう言われてしまうと、逆に何もできないのではないか、、と感じてしまいます。その武器の強みを発揮する戦場がないのです。

特にベンチャー企業でいえば、それぞれが狭い分野で深い知識をもって戦っているので、漠然したスキルだと戦えません。

"営業が強みで、なんでも売れます"

ときどきこんな人がいます。でも、例えば、エンタメ(映画やドラマ制作など)の世界で仕事をしようと思ったら、業界知識や人脈がなければどんなに気合と根性があっても、テレアポを一日100件しても成果はあがらないでしょう。

ベースとなるスキルは確かに必要です。でも、仕事で成果を出すためのスキルは、一般の書籍やセミナーでは学べない業界特有の事情を理解したスキルが必要だと思うのです。

ですので、そのスキルをどの分野で磨くのか、事業分野までしっかり考える必要があると思います。

なお、私は、人材紹介業界に特化した税理士にお世話になっています。
なぜこの人にお願いしたのか? この方はどんな人材紹介会社がうまく行っているのか、うまくいかないのか、累積した知識をたくさんもっていて、人材ビジネスの戦略、営業、オフィス、社員採用にいたるまで固有のノウハウに基づいて財務・税理のアドバイスをしてくれるのです。人材ビジネスに詳しい税理士、、私にとってはとても価値がある人です。

スキルだけでは足りません。
事業内容 × スキル、 この二軸でまずは考えてください。

転職活動で悩まれている方に少しでもお役に立てればと思います。

このお話、30代の人にも該当はするのですが、20代から考えてほしいのです。

株式会社アマテラス 藤岡




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する