翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

英語力が大事か?仕事が出来ることが大事か?

»

英語が出来るけど仕事が出来ない人」と、「仕事が出来るけど英語が出来ない人」のどちらが本当に会社の役に立っているのか?どちらが出世するのか?
若かりし頃、究極の選択肢で議論のための議論をしていたことがある。
「帰国子女だけど仕事が出来ない人」が本社や本社から来た外国人上司に受けがいいのを見ると、「英語は下手だけど会社を支えているのは俺たちだ」と思っているグループにとっては納得がいかない。英語力を武器に職を転々とする人に対しては「あいつは外資系ジゴロだから」と相手にしない。
日本の通常の教育だけを受けて英語を勉強したものにとって、英語力(特に会話力)は鬼門だ。そういう中、「話せる中味を持っていたら拙い英語でも聞いてもらえるし説得力もある」という先輩の言葉には、説得力があった。

アメリカに留学して英語を話すことが少々うまくなって、最初はその上達に喜んでいても、やっぱり「話せる中味」があるかどうかがネックになった。あぁ、昔先輩に言われたことは本当だったなぁと思った。

ビジネスを学びにいったはずが、日本の文化の紹介、アメリカの文化の理解に範囲が広がっていく。ビジネスも最後は全人格をかけて、日本を理解してもらい、相手の国を理解することに行き着く。Identityの勝負で、ますます「話せる中味」をもつことだ。

ただそうなってくると語学が達者ということは、言葉を通して、ましてやその国に長く住んでいたのであればその生活を通して、その国の考え方、感じ方をより理解しているということなんだなぁと感じるようになった。

中国で仕事をしていた時には特に痛感した。
当時私たちは、「日本語を話せるが経験のない営業」を採用するのか、「経験豊富だけど中国語しか話せない営業」を採用するのかと悩み、言葉だけ出来てもしようがないだろうと、後者を積極的に採用することにした。(まるで若かりし頃の議論のようだった)

が、残念なことに、その人は「中国語しか話せず、かつ売り上げもあがらない人」に変わってしまった。

言葉が全く話せないということは、異なる文化・異なる考え方をもつ我々との溝を埋める手段を全くもたないということに等しかった。
営業は顧客と自社の接点を見つける仕事だ。社内に対しても営業活動を行わなければ、顧客に対して魅力的な取引を提案できない。
申し訳なかったが当時の私たちには、通訳を介しても、彼が言わんとすること、しようとしていることを理解できずに彼の希望をかなえてあげることがなかなか出来なかった。彼は彼で私たちを説得するうまい方法を全く考え付かずにいらいらしている。お互い不幸であった。
とにかく基本的なコミュニケーションがとれないと信頼関係も構築できず事が進まないのだ。結果、「日本語を話せる経験のない営業」のほうが、営業成績がよかった。

IBMの椎名元社長がSell IBM in Japan, Sell Japan in IBMとよく言っていたが、まさしくそのとおりだなぁ。

現在私は的確で効果的で効率的な「ビジネスコミュニケーション」を提供する仕事を本業としている。
翻訳の仕事、特に通訳の仕事を引き受けると、このことを思い出す。訳さなければいけないのは言葉なのか、越えなければいけないハードルは何かをよく考えさせられるのだ

<今日のオリンピックへの道>

自転車通勤:往復14キロ

Comment(13)

コメント

究極の選択ですね。。でもおっしゃるとおり、ビジネスは
人とのコミュニケーションありきで進むものなので、
『仕事ができるけど英語ができるひと』が重宝されるん
でしょうね。ちなみに私は英語は苦手でそれはそれで
一時期苦労しますね・・・(泣)

マリコさん、
「英語できるけどコンサルスキルが今一歩な人」と「英語いまいちだけどコンサルスキルがしっかりしている人」で、弊社も一応外資系コンサルファームなんでよく悩みます。
帰国子女だけどビジネスライティングスキルが希薄な人もいますよね。
これから自ブログに記事を書くつもりですが、「英語はできるだけ堪能がいいけどむしろ要求しているコンサルスキルに有識な経験者求む」という要件の「英語」部分をどう理解するかはなかなか勘所が難しく・・・最近或るプロジェクトが炎上しまして。
もしよろしければブログをお読みくださいませ。

大里さん、こんばんは!
私のいる業界では「プログラミング能力は高いけどマネジメントができない人」と「マネジメント能力は高いけどプログラミングができない人」で同じような話があります。
最終的にはそれぞれのプロジェクト、それぞれの顧客でどちらが売り上げに結びつくのかということになりますね。はっきりさせないで逃げかもしれませんが場合によりけりです。

田中さん
コメントありがとうございます。
うまく説明できないのですが、日本語力が足りないからコミュニケーションスキルが足りないというように言われることってないですよね。それが英語力が足りないとそう言われてしまうので、なんだか消化できない気分になっちゃうんですよね。

トラパパさん
>帰国子女だけどビジネスライティングスキルが希薄な人もいますよね。
日本語が出来る日本人だってビジネス文書を書くのは別スキルですものね。ブログ楽しみにしています。


手文庫さん
なるほど、興味深いテーマですね。自分から言い出しておいてなんですが、現実の世界は、どちらかが完璧で、どちらかが全く出来ないというイチゼロのデジタルではなく、強弱のアナログの世界ですね。結局は自分の強みがより活かせる環境をどのように構築していくかということでしょうか。

貧乏神

>ビジネスは人とのコミュニケーションありきで進むものなので、
営業はこの傾向が非常に強いでしょうね。
技術者の場合は、「コミュニケーション」と行っても自然言語によるコミュニケーションばかりとは限りません。人工言語や数式などによるコミュニケーションが非常に重要です。ですので、人工言語や数式が満足に読めない人は、日本語と英語のバイリンガルだとしてもコミュニケーションが取れません。
でも日本のITゼネコンだと、こういうコミュニケーション能力0の人達がかなりの率を占めてるんですよね。

>「話せる中味を持っていたら拙い英語でも聞いてもらえるし説得力もある」
深い言葉ですね。
英語も仕事も勉強中の身ですが、
これに限って言えば、集中してどちらかと言うよりも、
どちらも両立させて強みへと
結び付けたいところであります。


語学も、コミュニケーションも学ぶには場数が
必要になるのが難しいところだと思ってます。
座学だけでは完結しない世界は、奥が深いですね。

貧乏神さん
コメントありがとうございます。
>技術者の場合は人工言語や数式などによるコミュニケーションが非常に重要です。
本当にその通りですね。コミュニケーションというと相手を人間と思いがちですが、様々な人と事をつなぐことですものね!

工藤さん
是非両方追求してください!まだお若いので時間もチャンスもたくさんあります!ところで、初めての海外旅行は是非社長になって、社員旅行で行くというのはいかがでしょうか?
かっこいいと思ったのだけど。

外資系ではいつもでてくる深いテーマですね。

立ち上げ期や、少規模の企業だとやはりバイリンガルでないとと厳しいと思います。ある程度の規模になれば、語学が得意な方から社内でナレッジ・トランスファーもできるようになるので、営業力のある方も活躍できるようになると思いますが。

mihoさん
コメントありがとうございます。まず言葉ありき。
最後は、一人でできる仕事量は限られているので、どういう人々とチームが組めて仕事をするかの総合力ですね。

bibendum_iwa

キックオフで聞いた椎名さんの言葉とあの時の状況を思い出せる自分。思えば遠くへ来たもんだとは思いますが、あの時の気持ちの根っこは忘れたくないですね。特にITから別の業界の異文化の会社に転職した現状は、まさにその通りです。

因みに個人的に THINK はいまだに座右の銘ですね。
まず考える。
もう一度考えてみる。
まだ考える。
「これは在るべき姿なのか?自分は逃げてないか?もっと出来る事やるべき事があるんじゃないか?」

お里が知れる・・・(笑)

bibendum_iwaさん
コメントありがとうございます。 THINK という言葉は本当によい言葉ですね。正直、新入社員として入ったときは、「考えよ」という文字が社内のあちらこちらに貼られているのを見て、なんてダサイ言葉を社是にする会社なんだろうと浅はかにも思ってしまいました。そのせいか、いまだにTHINKが足りていません。反省。

N Bewig

アメリカ生活トータル25年の私。子供の頃からアメリカに住みそしてある一定の年令にて日本での生活も。やはり日本語が上手に出来てそして日本の文化もちゃんとわかっている人なら英語もそれなりに出来ると思います。しかし一つだけ残念な事は英語には一つの言葉でもちょっとしたニュアンスにて意味がかなり違ったりまた英米国の文化も知らなくてはビジネスもキチンと出来ないと私は思います。
マリ子さんガンバ!!!!同じ女性として私は貴女のなされてきた事にとっても感激!もし私でもお手伝いできる事が有れば何時でも言ってくださいね。ちなみに私はNYに住んでいて三菱化学の社長秘書をしたり日立アメリカ本社では資材の副社長秘書を。。。。もしNYに来る事が有りましたら是非家にもよって下さい。現在は日本に一時帰国して2月の25日まで日本にいます。

N Bewig さん
コメントそして暖かい応援ありがとうございます。
短い日本での滞在を楽しんでください。そしてもしお時間が許すのであれば是非、泉岳寺参りのついでに当社にお寄りくださいませ。私もマツイを見にNYへ行きたいです。

コメントを投稿する