翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

エゴグラム:ちょっとやさしすぎじゃない、うちのスタッフは。

»

世の中にはあまたの性格診断、能力診断があるが、社員皆でエゴグラムを行った。「エゴグラム」はアメリカの心理学者J.M.デュセイが開発した性格分析法で、人の心を5つの領域に分類して、どの領域が強く出るのかその傾向をみるものだ。

5つの領域とは
CP(Critical Parent)=厳しい心。正義感が強く理想に燃える心。
NP(Nurturl Parent)=愛性の心。優しく保護する心。
A(Aadult)=大人の心。冷静に分析する理知的な心。
FC(Free Child)=自由な心。天真爛漫で無邪気な心。
AC(Adapted Child)=順応する心。いい子を演じようとする心。

さて、アークコミュニケーションズのスタッフ19人がトライしたところ・・・
なんとNP(Nurturl Parent)に一番高い得点が出た人が11人、FC(Free Child)に一番高い得点が出た人が6人。
これって、平均的日本人の分布と一緒なのだろうか?なんだかかなり偏っている気が。この傾向が、アークコミュニケーションズの社風に影響を及ぼしていることは間違いない。

エゴグラムを行ったのは、自分を客観的に評価する目的もあったが、全社員の結果を公開することで、よりお互いにコミュニケーションを上手にとる目的もあった。

そのために、社員の結果と領域別の好ましい対応法もイントラで公開したのだが、それを見たYさんは、「え~、これってCPになるのが一番得じゃない!」と叫んだ。

CPの傾向が強い人に有効な対応法としては下記の表にあるよう、
・敬語をきちんと使ってけじめをつける。態度は折り目正しく
・逆らわない(Yes But法の活用)
・相手の話にあいづちをうって良く聴く
・自尊心を傷つけない
・苦情の場合は低姿勢で
・積極的に名前を名乗り、責任を持つ(クレーム電話の場合など)
と書かれていたから。

そう叫んだYさんはFC(Free Child)の傾向が強く、なんだか私は妙に納得がいったのであった。

みなさんもお試しあれ。

タイプ 特徴 相性の良いタイプ 好ましい対応法
CP 厳しい親 責任感 AC:順応の子供 ・敬語をきちんと使ってけじめをつける。態度は折り目正しく
・逆らわない(Yes But法の活用)
・相手の話にあいづちをうって良く聴く
・自尊心を傷つけない
・苦情の場合は低姿勢で
・積極的に名前を名乗り、責任を持つ(クレーム電話の場合など)
NP 思いやりの親 思いやり FC:自由な子供
AC:順応の子供
・好意を素直にうける
・共感する
・相手に感謝の気持ちをきちんと伝える
A 理性の大人 理論的 A:理性の大人 ・5W1Hに沿って、冷静・沈着・理論的に話をすすめる
・あまりべたべたした応対は好まない
・スピーディーにてきぱきと対応する
・わからない点は曖昧にしない
・「たぶん」「そのはず」「一応」等の言葉は避ける
FC 自由な子供 明るい FC:自由な子供 ・明るくオープンに対応する
・感情や態度や表情、声に表れやすいので、よく観察し心の波長を合わせる
・少しくだけた対応も必要だが、最初と最後のけじめはきちんとつける
AC 順応の子供 協調性 NP:思いやりの親
A:理性の大人
・無理にすすめない
・押し付けられるとイヤと言えないので、ボディランゲージや声の調子を読む
・じっくり話しを聴き、心を開いてもらう
・理論的に話すと説得力あり

Comment(7)

コメント

kado

しばらく日本を離れていたので(カッコいい!;10日間ですが....)、久しぶりにチェックしました。エゴグラムさっそく試してみましたよ。aaabcとのことでした。何となく分かるような?

kado君
はい、何となく分かるような気がします。ちなみに私はbabccです。

himat

なんとまぁ、懐かしい物を。
久々にやってみたら結果はcaaba、気の良いおっさんって処?

himatさん
ちなみに、昔と結果は違っていますか?よく覚えていないのですが、私がその昔試した時は、CP(厳しい親)が高かかったような気がして。根本的な性格は変わらないでしょうが、ビジネス上現れる性格は立場によって変化があるような気が。

VXR

abcbbでした。責任感は強いが理性と冷静な判断に欠ける、当たってますね。(得点はCP:15,NP:9,A:5,FC:13,AC:10)
新人研修の時もやらされましたが、この時は、cbcba
(CP:6,NP:10,A:5,FC:12,AC:15)でいわば自信がなく臆病で頼りない印象を与えており,仕事も全然出来なくて上司からは叱られっ放し、同僚からはバカにされっぱなしでした。
それから十年以上経って、社会で揉まれていく中で、CPが上がってACが下がり,責任感,厳しさ,独立心と自信が身に付き仕事でも中の上ぐらいの活躍ができるようになりました。
ただAがいぜん低いままで,CPの気合だけが空回りする事があり,カッなったり冷静さを失って後先の考えが足りなくなって猪突猛進すぎと言われます。Aの向上がこれからの課題だと思っており,CPの気合だけでなくAによる段取りや判断力を高めて、更なる活躍を目指したいです。
エゴグラムの解説に「CPは年齢あるいは社会的役割の環境によって自然と上がる」と有りましたが、その通りだと感じました。
そして感じたのは、「CPとACは基本的に相反しており、一概には言えませんが、一方が上がればもう一方は下がる」みたいです。

VXR

古い記事に対し長々としたコメント及び連続投稿申し訳ありません。
気づいた点ですが、CPの人とACは相性が良いとの記載について、私の今までの人間関係経験から一概にそうかな?と思いました。上に投稿しましたようにCPとACは相反関係があるようで,相反による補填でうまくいく面もあれば,相反による反発でうまくいかない面もあるのかな?って感じです。
ACの人は嫌なことにも素直で従順ですので、ACのその面はCPの人と相性は良いでしょう。
しかし一方ACの特徴として、優柔不断,自信欠如,臆病との欠点があり、その点が悪く現れると頼りなさや実行力,決断力の欠如となってしまい,CPの人はそういった面に対しイライラする事があると思います。
CPの人は従順さを求めるだけでなく,理想を追求する要素から実行力,能力,完成度も求めますので,「適度のAC(過度の高さは逆に悪い点が強調されNG)」と「適度のA」も必要だと思います。(過度のAは,損得勘定が先行するので,CPの人にはNG)
生意気な口挟みをして申し訳ありません。決して批判しているのでなく,私もエゴグラムにはいささか興味があり,疑問に感じましたのでコメントさせて頂いた次第です。

VXRさん
コメントをたくさん書いてくださりありがとうございます。キャリアを積んでいく過程で、傾向が著しく変わるんですね、やっぱり。そもそも組織がどうしてエゴグラムのようなプログラムを行いたがるかというと、たくさんいる社員を客観的に自分も他人も評価する方法が欲しいからだと思います。その評価を元に、組織内のコミュニケーション力を向上したり、適材適所を目指したり。(VXRさんの疑問に直接答えてはいないですが)そういう意味で、最近エゴグラムより、もっと興味のある手法があります。ストレングスファインダーです。今年中にブログにアップしますね(実は社員にやらせて結果を見てからブログを書こうと思っていたら、今日まで来てしまいました)

コメントを投稿する