オルタナティブ・ブログ > Joomla CMSの世界 >

ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

ウエブでの集客は簡単でない!

»
ホームページさえあれば、新しいお客様がやって来ると思っている人がいるとは思わないが、ホームページの作り方を良くすれば(綺麗にする、目立つようにする、動きを追加するなど)集客に貢献すると思っている人たちは大勢いる。

  1. ホームページが悪いからお客がやってこない。
  2. ホームページが悪いから検索でヒットしない。
  3. ホームページが悪いからお問合せがない。
  4. ホームページが悪いから・・・・・・・
とホームページに責任を転嫁してホームページ制作会社を取り替えてサイトを何度もリニューアルする会社がある。

ウエブでの集客は、本質的に「絞りこまれたコンテンツ(情報)」であると私は思っている。

10ページ程度のホームページで新規のお客様が説得されるだろうか。情報の浅いサイトは、その会社名以外のキーワードでヒットしない。ユニークな情報が絞りこまれていてそのサイトしか最新情報を入手できないという状況があれば、自ずとターゲットのお客様が検索でやって来る。

本は、他社にない情報をターゲット層のお客に絞り込んで情報発信を継続的に行なっているかどうかである。

会社のホームページで発信する情報は、個人がブログで発信する情報とは違う。御社の存在価値をしらしめる情報である必要がある。どの会社でも入手可能な情報であればあるほど、御社ホームページにやって来る必要はない。

ホームページの見栄えやSEO設定以上に、自社の存在価値をどの様な情報として発信しているかではないか。

当社のホームページは、Joomla CMSというオープンソースCMSの情報だけに特化している。

なぜならば、

ウエブで情報発信が出来ないお客様にJoomla CMSというツールを使って出来るようにするサービスで会社を設立しているからだ。Joomla CMSは、日本では知られていない。知られていないCMSを使ってホームページを構築する理由がちゃんとなければ当社は生存できない。

世の中には、色々なニーズを求めているお客様がいる。ニーズを満たすツールは一つではないという現実がある。どんなに素晴らしいツールでもお客様の関心を得られなければ使いものにならない。

非常に便利なツールである。

ターゲット層のお客に絞り込んで情報を発信したい会社にとっては、最高のツールではないかと思っている。ツールはツール。使うのは、人間。人間は、間違いや失敗を通して目的に近づいていく。Joomla CMSで構築されたホームページは、不完全な人間がトライアル&エラーで目的に向かうために作られている。




Comment(0)

コメント

コメントを投稿する