オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

「顧客中心主義」の定義は?

»

「顧客中心主義の大切さ」とか、「製品中心主義から顧客中心主義へ」とかいう表現をいろいろな記事や論文で見かける。「顧客中心主義」という表現を目にして、多分今まで私は、それを「お客様を大切にすること」と同意義でとらえていたように思う。

ところが、この本で以下のような定義に遭遇した。

"...But by being consumer centric, retailers are challenged to look at their businesses in new ways, not how many handbags were sold this quarter, but how much each customer segment spent."

(...しかし、顧客中心主義により、小売業界はビジネスをあらたな観点から見直す必要に迫られているのです。即ち、この四半期にハンドバックが何個売れたかというのではなく、それぞれの顧客層がいくらお金を使ったかというように。)

(小売店が)いくら売ったかではなく、(お客さんが)いくら使ったかをはかるのが、顧客中心主義。何よりも主語が大事なのですね。目から鱗、です。


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する