IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Ruby on Rails 海外事情コラム > 第21回 Rails 5.1のリリースとJavaScript連携

»

CTC教育サービスは私が編集支援しているコラム「 Ruby on Rails 海外事情コラム」の第21回「Rails 5.1のリリースとJavaScript連携」を公開しました。

Railsはこの半年で求人が400件も伸びたPython、C++に次ぐビジネスに期待が持てる言語となりました。

Railsを追いかけている方は是非ご覧ください。

###

こんにちはー。野田貴子です。

今月も海外のRails情報で面白そうなものを意訳してご紹介しますね。興味がある方はご覧ください。

###

4月に公開されたRails 5.1のリリース記事(*1)から1ヶ月が経ちましたね。このバージョンアップで一番注目を集めたことは何といっても、RailsがJavaScriptとの連携を強化した点ではないでしょうか。

Webシステムはデータベースなどを操作しながらサーバー上で動く「バックエンド」のプログラムと、利用者が使いやすいようにブラウザ上で細やかな処理をする「フロントエンド」の技術から成り立っていることは、開発者でなくとも多くの方が知るところだと思います。Ruby on Railsでは前者はRails本体、後者はRailsに内包されたJavaScriptが担当しています。今回はそのJavaScriptの管理機能を強化したことで、Rails界以外の「フロントエンド開発者」と呼ばれる人々の興味も惹き付けました。

このフロントエンド旋風がRailsに起きた発端として私が把握していることは、Ruby on Railsの牽引者であるDHH氏が「jQuery(という古き良きJavaScriptライブラリ)をRailsの基本セットから外したい」という提案(*2)をしたことでした。一年ほど前のことです。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans21.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する