感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

eBookProは電子書籍にAR(拡張現実)技術を前向きに取り入れて行きます!

»

先日このエントリを書いてから鳴りを潜めていたわけですが、

順調に離陸したかに見えたアメリカのほうでもGoogleが電子書籍ビジネスから撤退みたいな話しだったり、米大手出版6社がAmazon社との契約更新を拒否という話しなど急転直下的なニュースが続いてますけど、

紙の媒体そのままのほうが利点があることと、電子化されることでより効率的に知識習得が可能になる話がどうもちゃんと整理されていない状態で議論されたり、電子版が既存書的に利益をもたらさないビジネスモデルのために広告などの面でも不利な状態だったりする訳ですが、例えば書店にあるオーディオブックの中味はどんなモノか、これは立ち読みのしようがないので聞くしか判断しようがないわけですが、レコード時代を含め、長い期間消費者は試聴もさせてもらえない状態で購入判断を迫られていたわけです。

こういう場面においてARの技術は、どんな音声コンテンツが入っているオーディオブックなのかをこのように示してくれるわけで、消費者にメリットを与えてくれますね。

ガラケーではバーコードリーダーがデフォルトくっついてくるのが非常に羨ましいところですけど、スマホにおいてもコードリーダーか画像認識の技術を使い、紙媒体の現実強化することが現在なら手軽に実現可能だったりします。

eBookProとしては、ヒューレット・パッカードグループのソフトウェア部門オートノミー社が開発したAurasma(オーラズマ)という画像認識技術を使って、写真家ハービー・山口の電子書籍「LONDON 1973」のARポストカードを作成してみました。

これを手始めに紙媒体と電子媒体をスムーズに繋いでいく企画をいろいろ形にしていきたいと思っておりますが、まず今日はこちらのエントリをご覧いただければと思います。

Aurasma(オーラズマ)とはヒューレット・パッカードグループのソフトウェア部門オートノミー社が開発した画像認識技術を利用してAR拡張現実を提供するビジュアルブラウザプラットフォームです。

グローバルに展開し、300万以上のダウンロード実績を誇る拡張現実(Augmented Reality: AR)プラットフォームAurasma(オーラズマ)を、革新的なコミュニケーション・プラットフォームとしてeBookProでは積極的に利用していきたいと考えています。

postcard_public.png

まず最初の取り組みとして好評をいただいているハービー・山口の電子書籍「LONDON 1973」のポストカードをAurasma(オーラズマ)の「Auras」対応に改訂しました。

この「Auras」を体験していただくには無料アプリAurasma LiteをインストールしたiPhone(3GS以上)、iPad(2以上)、アンドロイド端末で、

お手数ですがこちらのリンククリックで購読設定完了しますので、それからポストカードの画像をかざしてみてください。

ポストカードなので紙でお試しいただくのが本来の形ですが、画像認識技術を利用したAurasma(オーラズマ)ですとPCのモニターの表示した画像であってもご覧のように「LONDON 1973」のAR(拡張現実)コンテンツをご覧いただけます。

DSC00321.png

今回eBookProでは初めてのAurasma(オーラズマ)コンテンツ制作にあたり、告知用のショートムービーとAppStoreへのリンクボタン、更に多くの方々にこれを知って頂くためにfacebookでのリンクシェアボタンを実装してみましたので、是非お試しください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する