感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

佐々木 康彦

佐々木 康彦

ドリカムのバックバンドを経てインターネットの可能性を信じて音楽とウェブの制作会社を(有)CMパンチを1999年創業。 ビジネスやマーケティング知識の重要性を感じて47歳で大学に編入し、2017年に社会人大学院でMBAを取得する。 現在はC-M-P株式会社としてクリエイティブに軸足を置きながらも現在は、CRM/MA/CMS連携を前提としたBtoB企業のウェブサイトの構築・運用、コンテンツ制作などマーケティング支援事業を展開している。

プロフィール

有限会社シーエムパンチ 代表取締役。

略 歴

1965年生まれ、青森県八戸市出身。高校時代のバンド活動で調子に乗ってしまい東京でのバンド活動に憧れ上京。

1985年、音響エンジニア養成の専門学校を卒業後、つくば万博やテレビ局系の仕事で下積み時代を経験する。

1989年、持ち前の運でデビュー当時のドリカムのサポートバンドにギタリストとして参加、「晴れたらいいね」「決戦は金曜日」など代表曲のレコーディングへの参加やライブについてはデビューコンサートから1992年の「The Swinging Star」ツアーまでの全ライブに参加。

1999年、有限会社シーエムパンチ設立。IT企業のホームページやコンテンツ制作を多く手がける。

2009年、港区赤坂に本店移転

2010年、電子書籍ビジネスに参入、eBookPro立ち上げ

2012年、産業能率大学のマネジメントコースに入学。

2013年、インバウンド・マーケティングのマーケティング手法を取り入れるため、マーケティング・オートメーション(MA)ツールの導入を経験。

2014年、法人向けマーケティングのコンサルティングやMAツールの導入/運用支援事業へ本格的な取組みを開始