感覚人間の思いつき、、、気になった記事、、、雑記等

無気力に悩んでいたのが、炭水化物と砂糖とブドウ糖果糖液を排除することで、驚くほど体調変化する件

»

疲れたときには甘いものをとると良いって聞いたのは小学校の遠足に持って行くおやつの品定めをしているときに親に助言された時のような気がします。

この言葉は結構自分には重くのしかかっていて、疲れたときにはキャラメルとかチョコをつまみ食いするような事はその時々でやっていました。

それとゲータレードが登場したのはいつだったでしょうかね?小学校のクラブ活動時代はスポーツ中は水は飲むなが常識だったような気がしていますが、どこからかこの手のスポーツ飲料を飲んでOK、いやどんどん飲むべきってな感じで世の中変化してますよね。

ポカリスエットの宣伝では炎天下のもとで働いていた人たちが塩を水で倒れることが減ったというようなメッセージを流していたのが印象的で、わたしも特別スポーツで脱水症状になりかけているとか、別段過酷な状況でなくてもスポーツ飲料を常飲している時期がありました。

先日エントリでここ3~5年、どうも集中力が持続しないとか、身体的な変調に悩まされていたということを書かせてもらいましたが、

最近読んだ書籍や

  • 動的平衡:福岡伸一著
  • ほとんど食べずに生きる人:柴田年彦著
  • 仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか:山本ケイイチ著

Webページで気がついたことがあります、

これらの情報は一貫性があって手にした訳ではなく、なんとなくここ最近本屋で買ったものを読んでいたら、いろいろと点と点が繋がり始めるといういつものパターンを展開してきたのですけど(苦笑)

基本的に少量頻食にするのがまず太らない食べ方として重要で、そこに低GIという事を加えて食品を構成していく、筋トレにおいてはダイエットとはまた違う考え方が必要ですが、やはりそこでは体内に吸収されるスピードなども重要なテーマであったりして、その課程で「20年来のつらさがほぼ消えたことについて」にあった

砂糖とブドウ糖果糖液を徹底的に避けること

↑これをわたしも実践してみました。

サプリメント生活とかは全然苦にならない性格ではあるのですが、今回はあまりそちらには頼らずにおかずは別として、炭水化物を減らすアプローチとして全粒粉のパンだったり、玄米のおかゆを会社に持ち込む工夫だったり、間食としてはお菓子は排除して、バナナやSoyJoyに切り替えて、水分はこれまでポカリスエットだったのを麦茶に変えました。

するとどうでしょう、「20年来のつらさがほぼ消えたことについて」にもあるように、ほんと数日で全然体調が違うではありませんか!

自分の場合にも加齢による変調とか、さまざまな要因があるとは思いますが、炭水化物を減らすアプローチと低血糖症へのアプローチがこんなに短期間にそれも大きな効果をあげるとはほんとに驚きで、自分の子供のジャンクフード生活の悪影響を恥ずかしながらこの歳でちゃんと管理しておけばよかったと後悔しました。

今回のエントリはあくまでわたし個人の体験であり、誰にでも適用できる話ではありませんが、ちなみにわたし位の年齢の方ですと、最近は男性の更年期障害なども紹介されていたりしてちゃんとした治療法がなくいろいろ悩まれている方も多いと思うのですが、もしかすると食生活を変化させることで解決の糸口が見つかるかもしれないと感じたのでした。

最後に動的平衡で福岡伸一さんが、こんな事を書かれています。

インとアウトだけを付き合わせただけの線形思考からは、生命のリアリティは何も見えてこない。

このほかデカルト主義者への苦言など、生命の不思議という観点においての安易な単純化や機械論的な置き換えの危険性について知見を披露してくれていてます。

実際に自分が食べるという行為で体内に入れたときのカロリーなどは数字として同じだけれど、その食品が何であるのか?またそれをどのように食したのかで身体の反応が違うというこを自覚している今、同著にある「自然界はシグモイド・カーブ」という言葉がとっても心に残っています。


追記:この記事の内容を自分なりに実験し始めておおよそ1ヵ月半の経過報告エントリはこちらになります。こちらのエントリで紹介しているような体調不良で悩んでいる方は是非ご覧いただければと思います。

Comment(10)

コメント

おーつか

興味深いですね。とくに、リンクされている増田のエントリーは心理学で言うところの「至高体験」ちっくで(音楽や映画に素直に深く感動できる云々)、ちょっと別の意味で非常にひかれるものがあります。

炭水化物大好きです。特に昼ごはん。
白米と焼きそば
ラーメンとチャーハン
食後は缶コーヒー(この糖分がいけない)
外回りサラリーマンは夏、
表でアイスコーヒーにガムシロは絶対?
レギュラー珈琲はブラックで飲みますが。。

ささき

おーつかさん、コメントありがとうございます。

•ほとんど食べずに生きる人:柴田年彦著

↑この本で紹介されている微食という行為を実践するのはかなり大変かとは思うのですが、小食のレベルでもかなりこれまでとは違う体験できそうな予感してます。

タバコをやめると食べ物の味や臭いに敏感になるように、食事全体を質素なところに持って行くことで、いろいろな感覚が研ぎ澄まされる可能性はあるのかも…と漠然とはしてますけど、感じてます。

ささき

D社のSさん、どもども刺激的なコメントありがとうございますw

多分人によっては、全然この手の影響を受けない人もいるんだと思うのですが、糖質ひとつをとっても、いろいろな速度で体内に吸収されるモノがあり、それによって身体の反応が違ってくるというのはとっても興味深いものありますよねw

ゆーきー

はじめまして。増田のトラックバックから参りました。マネしたいと思います。野菜や肉はどのように摂られていますか?

すーーー

糖分を摂らないと人間は生きていけない。「20年来のつらさがほぼ消えた」というのは明らかな捏造。砂糖やブドウ糖に嫉妬している者による陰謀以外の何物でもない。

duke

だよね。おかしいよね。脳のエネルギー源はブドウ糖だけであって、他のあらゆる物質はエネルギー源として活用されないから、ほぼブドウ糖である砂糖を現物そのままっていうわけにはいかなくとも何らかの形で取らないと生きていけない。
炭水化物は唾液や胃液で分解されて果糖やブドウ糖に分解されて吸収されて、体中の筋肉のエネルギー源となる。果糖でさえ1割はブドウ糖に変換されるわけで、ブドウ糖を避けるとなると果物全般・ジュース類は飲めない。
たんぱく質や油分はエネルギーが足りない場合には変換されてブドウ糖として活用されるわけで、否が応でも体内でブドウ糖は生成される。
また、果糖・ショ糖・ブドウ糖など糖類全般のエネルギー源を摂取せず、糖分の血中濃度が低下すると、体は飢餓への予防線を張り、エネルギーの消費が高い筋肉や脳を分解して体のエネルギーに回していきます。
もちろん、糖類に。
ちょっとこちらが考えすぎなのかもしれません。下腹部にはたんまりとゼリーのようにこびりついた脂肪。1週間に複数回飲酒し、3食きっちり食って、ファーストフードもラーメンも1週間に1食以上は必ず食って、通勤徒歩程度の運動と車の運転程度の生活では確かにエネルギー制限した方が絶対にいいでしょうね。また、アルコールは適量では血流を良くしますが、それ以上のデメリットとして1mlでも摂取すれば摂取した分だけ正比例に脳細胞の破壊が起こなわれます。こういう生活をされているなら、話は分かりますが。

通りすがり

果糖とブドウ糖を悪者にする人はみんな嫉妬!捏造!って言っても、それもまたあまり意味がないのでは。

そりゃ、今まで何の意識もせずに生活してれば、たいていの現代人は何糖であろうと過剰摂取の状態にあるのでは?

果糖もブドウ糖も炭水化物も、全部避けるぞ!って勢いでやって、結果的にやっとこさ過剰摂取の域を脱せられるということではないの。

だって、どんなに避けたつもりでも、糖類は無意識のうちに食事の中で摂取してるもの。

糖類や炭水化物を目の敵にするくらいで丁度いいんだと思うよ。現代人はとにかく糖類や炭水化物や刺激物を食事以外で取りすぎてるもの。

尿ちゃん

お話を伺っていると、糖尿病だったのでは?と思われます。確認(検査)はされましたでしょうか。私もdukeさんの意見と同感です。

コメントを投稿する