Web1.0とWeb2.0の間を行ったり来たりしながら半歩先のWebを考えます。

Web2.0とは?

»

最近、一部のブログやメディアで目にすることが多くなって来たこのキーワード「Web2.0」。このブログ、Web1.5のメインテーマでもあるこの言葉は、いったい何を表す言葉なのでしょうか?今回はWeb2.0に関する概略についてまとめてみようと思います。

僕がこの言葉をはじめて聞いたときは、2.0と言うだけに何か新しいソフトや何かのバージョンなんじゃないかと思いましたが、実際は単なるソフトウェアのバージョンとはちょっと違う意味合いの様です。

最近、突如として登場したこのWeb2.0と言うキーワード、とても簡単に言うならば、現在のインターネットやインターネットサービスをWeb1.0や1.5と総称し、次世代型のインターネットやインターネットサービス、或はそれを構成する仕様の事をWeb2.0とさす言葉です。つまり、「Web2.0=次世代インターネットの方向感」と言う事です。

を参考にしながら、少し詳しく見てみると、こんな感じになっています。(のWeb2.0のページはこちらから)

Web1.0

The original conception of the web (in this context, labelled Web 1.0) comprised static HTML pages that were updated rarely

Web1.0と言うのはめったに更新されないスタティックなHTMLで作られたWebだと言う話です。静的で、ちょうど図書館の書棚の様なイメージです。


Web1.5

The success of the dot-com era depended on a more dynamic web (sometimes labeled Web 1.5) where content management systems served dynamic HTML web pages created on the fly from an ever-changing content database.

Web1.5ではコンテンツマネジメントシステムを利用して、いつも変化がある、ダイナミックなWebと定義されています。Web1.0と比較すると極端に動的なWebだと言う事ができるでしょう。また、付け加えるのであれば、サイト内で完結したサービスが多く、多大な投資を行う事で成立しているWebと言う事ができます。ドットコムバブル時代のサイトがまさにこの種類のWebサイトになるでしょう。


Web2.0

Proponents of the Web 2.0 approach believe that web usage is increasingly oriented toward interaction and rudimentary social networks, which can serve content that exploits network effects with or without creating a visual, interactive web page.

まだまだWeb2.0そのものの定義は曖昧な様ですが、大枠の意味合いとしては、Web1.0の静的なWebであったり、Web1.5のサイトの独立性が高いダイナミックなWebとは異なり、サーバやコンテンツ同士がシームレスに連動され、インターネットが社会的なネットワークとして動作すると言う様な意味合いです。

一言ではなかなか表現しにくいのですが、インターネット全体がコミュニケーションプラットフォームとして連動、共鳴し、進化すると言う事になるでしょうか。もう少し具体的には、サイトやサービス、コンテンツがコンポーネント化され、コンポーネント化されたリソースがインターネットと言うインフラの上で複合的に利用されると言うイメージになります。

今まで、サイトが提供するサービスやコンテンツを左右するものとして、資本力が非常に大きなファクターとなっていました。ですが、Web2.0の世界では、数多く存在するリソース(サービスやコンテンツ)を複合的に利用する事により開発/運営コストは軽減され、サイトとしてユーザにとってどのようなベネフィットを生み出す事ができるのか?と言うサービスが持つ本質的な部分が強く求められる世界になるのでは無いかと思います。

今までに無い世界観としてのWeb2.0。今まさに議論されているテーマであるからこその曖昧さを感じるところではありますが、今後、技術観点、マーケティング観点、ユーザ観点で複合的に考察して行く中でよりその輪郭を明らかなものに出来ればと思います。

Comment(30)

コメント

こんにちは!
Web2.0に関する考察、興味深く読ませていただきました。一部引用させていただきましたので、TBさせていただきます。

服部 正廣

始めまして
「蜘蛛の巣2」=WEB2?今後どのような展開を見せるのか楽しみです。
 webど素人の我輩ですが・・・
   TB Fine

はじめまして、うずらんと言います。
この記事すごく参考になりました。
ありがとうございました!

はじめまして。
WEB2.0について勉強していて辿り着きました。
非常に分かりやすかったので、一部引用させて頂きました。
ありがとうございました!!

よるだ

はじめまして。
Webサービスの焼き直しかと思いましたが、もう少しユーザ視点での変革をもたらすコンセプトのようですね。
この辺りとても興味あります。

rizuu

はじめまして、Web2.0への考察を読まさせて貰いました。
非常に分かりやすくて、一部だけですが引用させてもらいました。
ありがとうございました;

みそちる

web2.0を今日知った素人(俺)の感想:
¥方向性を考えるのものならばバージョン数ではなく、普通に固有名詞をつけるべきでは。
なぜなら進んでいい方向は一つではないからです。
これからもいろんな進路方向を見出し、それぞれに固有名詞をつけて分類しませんか。

PMDCTI2006=The Plan of Most Dynamic Community Transmission Internet in 2005とか。

これは適当です。英語は能く分かりません。
=
ぱっと見た所、つまり、接続方法はP2Pみたいなもの?
=
既にある技術の焼き直しですね。
最近できた優秀なサービスや接続形態を真似するだけ。
google map や sns や wikipediaをパクるだけ。
なんと接続の仕方もp2pのぱくりだったりして。

通信広告提案者

Web2.0を始めて知りました。
私見ですが、これが必然のインターネットが辿り着く道になるのではないでしょうか。
個人用途では2、3年後には携帯Webが多分Webの主役になります。
そこではあらるるコミュニケーションの場と情報やサービスも有りますからビジネスのポータルになって行きます。
来年当たりから、駅や店先に設置の大画面ディスプレイ端末が店舗媒体で多く出現し出します。
ほとんどは携帯コンテンツの映像広告です。
9000万人の携帯が双方向通信出来るこの街頭メデイアが何十万台もネットワークされ共通の媒体基盤になった時、Web2.0が花開くことになるでしょう。
これを「通信広告」革命と人々が喧伝するでしょう。

こんにちは、web2.0を最近、知りました。
この概念は、ほとんど「googlezon」と同じなのでしょうか。
こちらも同時に知りましたが具体像として現在、語られている
近未来のwebの姿なのでしょうね。情報、出版,広告、流通、
販売の形が統合され一変するのでしょうか。乗り遅れたら
生きてゆけないような予感がします。(笑)
http://nikkeimedialab.jp/blog/2005/05/post.html

Web2.0きっと知らずに使ってますよ!って知人に言われてこのページにきました。

7つのキーワードとは何でしょうか?

非常にわかりやすかったです
サイバーエージェントの藤田社長がweb2.0の話をしており、検索してみるとここに辿りつきました
これからも時々拝見させてもらいます
(たいへんすばらしい内容なので、ブログのなかで一部引用させていただきました)
ありがとうございました

cafe

はじめまして。
最近、新聞紙上でもこの「web2.0」という言葉を目にすることが多くなり、漠然とblogやsnsのようなものをさすのかなぁ~とは思っていましたので、検索したところこちらの記事にたどりつきました。
とても参考になりました。
のちほど、トラバさせていただきます。

web2.0
小生は、もう30年ほど前から、コンピュータとの出会いがありました。当時は会社の経理にミロク経理のオフィスコンピュータを使用していました。このマシンでワープロ機能を使い文字を書いたり、地図を作成したりしていました。
今は、インターネットのパチンコを開発しております。これも、知識の持ち合いをした方が、得策かと考えて本日公表いたしました。   頑張りましょう。
                 MRKIM より

はじめまして。

今更ながら、web2.0という言葉をよく目にするようになったので、検索してみたらここに辿り着きました。

私もweb2.0は最新のソフトだと思っていました。

参考にさせて頂きました。
ありがとうございます。

コメントを頂いた皆々様。ありがとうございます。
長らくブログを留守にしていましたが、最近戻ってきました。WEB2.0ってなんだろう?というぐるぐると巡る思考の中ででてくる色んな考えをまた展開しつつ、時にはお休みしつつ続けて行きたいと思います。ではでは、皆様よろしく御願いします。

今夜のNHKでweb2.0を知り、早速検索してみました。大体様子がつかめた感じです。
有難うございました。

爺さん、コメントありがとうございました。大体でも様子がつかめてよかったです。

kita

昨夜のNHKクロ現を見てWeb2.0の便利さを知りました。
小生、独学でPCプログラムを勉強していていつも壁に当たります。
PC言語の質問はどのサイトを利用したらよいか分かりません。
どなたが知っている方がおられるなら幸いです。

kita

昨夜のNHKクロ現を見てWeb2.0の便利さを知りました。
小生、独学でPCプログラムを勉強していていつも壁に当たります。
PC言語の質問はどのサイトを利用したらよいか分かりません。
どなたが知っている方がおられるなら幸いです。

若葉

初めまして。
Web 2.0 を調べていて、拝見させて頂きました。

非常に内容が判りやすかったので、
輪講の参考資料にさせて頂きたく思います。

よろしくお願いいたします。

toshi

はじめまして。
最近の話題となっているweb2.0について勉強不足であったためこの資料を参考にさせていただきました。どうもありがとうございます。
また一部引用させていただきます。どうかよろしくお願いします。

どうぞどうぞ、ガンガン引用して下さいね。

このエントリーは、あいかわらず、よく参照されていますね・・・。

綿帽子

web2.0について、何も解らないまま検索しました!色々見ましたが、このサイトが一番参考になりました。ありがとうございます。

綿帽子

web2.0について、何も解らないまま検索しました!色々見ましたが、このサイトが一番参考になりました。ありがとうございます。

はじめまして。webに投じる時間が軽減できるという話は嬉しい話ですね。まだweb2.0についてはそれくらいしかわからないので、より多くの情報を引き続き調べたいと思います

この概念は、ほとんど「googlezon」と同じなのでしょうね。
こちらも同時に知りましたが具体像として現在、語られている
近未来のwebの姿なのでしょうね。情報、出版,広告、流通、
販売の形が統合され一変するのでしょうか。乗り遅れたら
生きてゆけないような予感がします。

口コミ 集団感染

web2.0非常に漠然とした概念だったが、このブログは極めて明快だった。最近話題の客が客を呼ぶ集団感染の仕組みも、コミュニティ内で如何にして 口コミ伝染、集団感染菌を培養していくか実践面で詳細だった。これはマーケティングを初めとして衝撃的な一種の大きな革命をもたらすと思う。

茶太郎

WEB2.0について
分かりやすい説明だとおもいました

http://sekiou2000.ddo.jp/factory/
上のサイトは色々な機能を紹介しています。
これもひとつのコンポーネント化なのでしょうね。

sheeta

とても分かりやすかったです。web2.0を理解するのに参考になりました。

コメントを投稿する