事業グローバル化における戦略と人はどうあるべきか? そのヒントとなるべき考察と事例集

【寄稿】異文化経営研究第七号、論文掲載

»

異文化経営研究学会の学会誌、異文化経営研究第七号に、小生の論文が掲載されました。

             

タイトルは、”Participative Management" as a               Management Model for Japanese Firms in Management Globalization(英文)として、グローバル化する日本企業が目指すべきマネジメントモデルを述べております。

             

日本企業に多く見られる合意形成を主とした意思決定(Decision-by-the-consensus)を軸に、いかにしてグローバルに通用するマネジメントシステムを構築するか、また直面する課題は何か、を明らかにしています。

             

この論文は、1年後にオンラインでも公開されます。

             

異文化経営学会

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する