クライアントの言葉に傷つくことのあるSIの方や、SIの言葉に何か騙されているような気がしているクライアントの方へ

超・劇的に遅い上に今となっては意味が無いと思われる(苦笑)「LYNX 3D SH-03C」レビュー

»

先日、ITmediaさんからのお誘いで、12月3日に発売される「LYNX 3D SH-03C」を見せてもらえるブロガーイベントに参加してきました・・・。

・・・。

12月3日発売・・・。

今日は何日?

12月7日・・・。

もう既に多くの人が手に触れていて、また、そのブロガーイベントに参加した方々が、とっくにレビューを書かれている中、今からこうやって書くのは、非常に恥ずかしい気もするのですが、ここ数年のこのブログのエントリー基準、「まぁ、いいか」で書かせてもらおうか、と思います。

でも、そもそもこのブロガーイベントのお誘いを受けるにあたり、「LYNX 3D SH-03C」としっかり書いてあるのに、別の方が、”家族全員AUだから見たいです”的なコメントを残されているのを見て、勝手に「auの端末なんだ」「IS03だ」って脳内変換してしまってたぐらいの自分(さぁ、明日だったな、と思い、事前に簡単にどんなものか知っておこう、とぐぐると、「あれ?DoCoMo?」「そもそも型番違う~!」と気付いたという(苦笑))なので、気の効いたエントリーは全くできない自信があります(苦笑)

それでは、触った感触を。

最初直感的には、日本のケータイっぽいな、と思いました。それは何でしょう、自分がさわらせてもらったのが、やや紫色に近いフェアリーブルー、という色だったから、か、スイッチ類とかがしっかり筺体にフィットしているから、か、とかく「That's 日本の携帯」って感じが。ここのところ自分が使っている「HTC Desire」に比べると、随分しゃれてる、というか。あ、Desireが無骨だ、という意味ではありません。でもね、色相や形状って、やっぱりそれがどこで生まれたか?を表すような気がしました。

そして起動。・・・ん?何か遅い気が・・・。ハードの性能?Android OSが2.1だから?試しに自分のDesire(Android OS 2.2にUpgrade済)をシャットダウンして、同時に電源を入れてみました。本当は動画でお見せできれば良いのですが、動画をとれるデバイスを持ってなかったのですみません。結果から言うと・・・。

使える状態になるまではほぼ一緒なのでした。じゃあなんで遅く感じたか、というと、たぶんですが、起動してまず最初に表示される「DoCoMo」のロゴが出ている時間が、Desireの「SoftBank」が出ている時間よりえらく長いのです。勝手な推測ですが、「DoCoMo」のロゴ表示の後に、「LYNX 3D」のロゴが、3D表示!で出てきます。この3D表示をするまでに内部ロジックとかの読み込みに時間が掛っているのでは、とか。いや、単にDoCoMoのレギュレーションで何秒以上、とか決まりがあるのかもしれませんが。すみません、DoCoMoのケータイを使ったことがないのでわからないです。(今どき珍しい?(苦笑))

画面の発色はやっぱり有機ELの自分のDesireの方がいいかな?でも、佐藤さんも書かれてらっしゃった「ペールビュー」という機能があることなんかは、通常のケータイに比べてより大画面で表示されるスマートフォンにはとても良いかもしれない。なんせ、電車の長椅子に座っている時にDesireを表示させてると、すぐ横から何やってるか見えちゃうな、と気になるのも事実。え?何やってるか見られても構わないものを見ていればいいんじゃないの?ってなご意見も多いかと思いますが・・・いやぁ、恥ずかしいものなんて見てないですよ・・・きっと。

またこれも佐藤さんが書かれてましたが、ストラップホールがあるのは良いですね。安心してネックストラップとかでぶらさげられる。iPhoneのネックストラップとか、下のDockコネクターに刺さっているの、ありますが、あれって強度どうなんでしょうか?昔の人間なので、あんなラチェット式のものに刺してるといつか抜けてしまうんじゃないか?と思ったり(苦笑)ま、紐式のストラップだって、そんな太い紐でも無いので、強度的にはどうなんだ、と思いますが、なんかね、物理的にちゃんと結合している方が勝手に安心するというか・・・(笑)

さて、売りの3D機能ですが、エコポイントが半額になろうが、来年からはさらにエコポイントもらえる基準が厳しくなろうが、今のところ、地上デジタルへ移行していない自分からすれば、見てみると単純に楽しいです。ただ、元々自分は「飛び出す絵本」系の3Dにうまく焦点があてられない方なので、なかなかうまくポイントを当てられないこともあることも事実。場合によっては、昔、お菓子のおまけとかでついてた見る角度によって出る絵が違うシールとか・・・あれ、なんて言うんですかね?それに見えることもしばしば。また、3D画像を撮影できる機能についても、自分である一定のスピードを保ちながらうまく横に動かさないと綺麗な3Dになりません。ここは、工夫次第で綺麗に撮れたり、逆におもしろい画像にすることもできるかもしれません。そうそう、3Dで放送されてないワンセグ放送も疑似3Dにすることができます。これは単純に楽しめると思います!

元々、910SHに触っていたこともあり、操作性はすごく慣れやすかったです。シャープさん独自のアプリ、という名刺リーダーの認識能力もなかなか!これ、単純に単品で販売してくれないかなぁ、ダメか、仕方無いなぁ~(笑)

自分はずっとSoftbankユーザーということもあり、なかなかSH-03Cを購入して利用できるチャンスは無さそうですが、単純にこの機能でSoftbankで、Desire買うまでに出てれば買ってたな、と。Softbankでも同様にシャープのAndroid携帯出ますけどね、003SH。じゃあ003SH買うか?と言われば、まだまだDesireのローンが残っている所ですしね・・・(苦笑)あともう半年出るのが早ければ、という所でしょうか。

でも、シャープの方のお話によると、それぞれのキャリア向けに対して求められることも違うから、開発部隊も別なそうで。来てくださったシャープの方々としては、他の端末メーカーもともかく、まずライバルは自分の会社の他のキャリア向けの開発部隊みたいでした。なるほど、と、これだからガラケーはガラケーなりにどんどん進化していくのかもしれない、それもまた良しなんじゃないかな、と思いました。

あ、そうそう、12月3日超えて書くエントリーとして唯一の特典、どうどうとサービス内容が書ける(笑)シャープさんのサイトで、SH-03C購入の方に先着50,000名までで色んなイラストレーターが描かれたSH-03C専用のケースがひとつもらえます。なかには「初音ミク」もありますよ~。今日現在でどうでしょう、まだ残っているでしょうか。(2010年12月8日午後1時訂正)16GBのmicroSDカードがもらえます。また、抽選で色んなイラストレーターが描かれたSH-03C専用のケースがひとつもらえます。なかには「初音ミク」もありますよ~。今日現在でどうでしょう、まだ残っているでしょうか。

レビューはここまで。ここからは超余談です。

このSH-03Cを触らせてもらうブロガーイベント中に、自分は自分のバンドのtwitterで「SH-03C触らせてもらってます~」なんてツイートをした所、「Rolandの新しいシンセですか?」的なリプライがちらほら(笑)確かに、バンドのtwitterだからそう思われるのも仕方ありませんね(笑)

(Roland SHでぐぐれば山程そんな画像が(笑))

また、こうして毎日書かないブログなために、実はいつの間にか、このブログも5年目に突入してました(苦笑)普通は「4周年ありがとう!5年目もヨロシク」的なエントリーを一旦はさんでおくべきでしょうが、これからもこのペースで行かせてもらいます。ゴメンナサイ(苦笑)>ITmedia様

Comment(4)

コメント

chif

私は、やっとAndroid携帯買いました、HTC Desire HDです。
某移動体通信、国際通信、光通信などを行う職場で働きながら
フューチャーフォンは、D社、スマートフォンは、S社・・・

IS03は、解像度高いし電池消費早いからおススメですよ!!
今後は、Androidで高速通信対応機種が販売されるので
買い替えは、それからでもと思います。
LTEとかWiMAXとかの3.9Gの時代は始まりつつありますね

名無しさん

文章が非常に読みづらい!

>chifさま
コメントありがとうございました。
お、HTCですか。仲間ですね。HDも良いですね。
何せまだ一年半ローンがありますから、それからかなぁ・・・。

>名無しさんさま

コメントありがとうございました。
誠に申し訳ございません。

コメントを投稿する