ITに強いビジネスライターとして、企業システムの開発・運用に関する記事や、ITベンダーの導入事例・顧客向けコラム等を多数書いてきた筆者が、仕事を通じて得た知見をシェアいたします。

【ITエンジニアセカンドライフ】就活をして思ったこと

»

ITに強いビジネスライターの森川です。

前回のつづきです。

2011年から14年にかけて経済的に苦しい状況が続きました。

その間、2回就活をしました。

1回目は、2011年。妻から「そんなに苦しいなら就職したら?」と言われたのです。私は素直に従いました。

転職サイトに登録して、プロフィールを一生懸命書いたら、いくつかスカウトメールが来ました。

内定を出してくれた会社もあったのですが、一人で客先常駐する仕事だったので、結局断りました。

48歳で英語もできないとなると、市場価値が低いのだと思い知りました。

その後何とか持ち直したのは、既に書いた通りです。

2回目は、2013年から14年にかけてです。

自分軸ワークショップで知り合って親しくなった方に、「仕事がないのだけど」と相談したら、「私にもそういう時期があって、バイトでも何でもした。森川さんもバイトしなさい」と言われました。

そこで家庭教師のバイトに申し込みました。すると電話が掛かってきたので、一生懸命アピールしたのですが、その後音沙汰なしになりました。

ならばいっそと就活を再開し、やはりスカウトメールが来るのですが、今度はもろに派遣の仕事しかありませんでした。

派遣をバカにするつもりはないのですが、50歳を過ぎて派遣はつらいなあと正直思いました。

とはいえ、企業向けの「自分軸」コンサルティングの仕事が全く取れず、お金がなくなっていきます。もう派遣登録しようかなと思ったのですが、そもそもなぜ独立したのかを考えると踏み切れませんでした。

自由な時間が欲しくて独立したのではなかったのか? それをあきらめたら、また心の病になるのではないか?

そこで私はあることをしたのです。

【教訓】

  • 自分を曲げるような決心はしない

つづく


▼セカンドライフについて真剣に考えるITエンジニアが相談し合える場を作りました

https://www.facebook.com/groups/143401056342545/permalink/143401819675802/

※フリーのITエンジニア、課金ビジネス、投資、ビジネス支援、そしてライティングのプロがいます!

▼お仕事のお問い合わせはこちらへ
top001.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する