やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

あおり運転を受けてみて、改めて感じる「人の本性」

»

先週と今週は、関東近隣をクルマで移動しています。一箇所だけなら電車で良いのですが、何箇所も横断的に移動するので、圧倒的にクルマのほうが便利。例えば先週は、墨田区の自宅→神奈川県の橋本→相模原→横浜市の本牧→自宅、といった具合です。なので、どうしてもクルマで行くことになります。

僕のクルマは、購入してすぐに前後にドライブレコーダーを設置しました。その際に、店舗の方から「後ろにドライブレコーダーがあることを明示したステッカーを貼っておくと、より煽られにくくなりますよ」というアドバイスをいただいたので、ビジュアル的には好きではないですが、ステッカーも貼りました。

そのクルマで走っていても、後ろからガンガン煽ってくる人がいるんですね。まあ、ニュースになるほど酷いわけではなく、道を譲ればすぐに追い越していくんですが、それにしても煽られると気持ちのいいものではありません。早くそんな人から遠ざかりたい。

大抵は古いクルマなんですが、きっとそれがその人の本性なんだろうなと思います。ハンドルを握ると性格が変わる、という人もいますが、そうではなく、それがその人の本性なんじゃないかな、と。普段は取り繕っているだけで、ハンドルを握ると気が大きくなる。ドーパミン全開みたいな。

僕が若い頃には、速いクルマに憧れましたが、速いこととあおり運転は全然違う話ですからね。前に妙に遅いクルマがいるのであれば、早めにパッシングをするとか、方法があるとは思うんですが。

キレやすい大人が増えたと言いますが、自分はそうはなりなくないな、という反面教師でした。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する