やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

諦める人の思考回路と、しぶとい人の思考回路、どちらが成功するか

»

まあ、一目瞭然のタイトルですみません。仕事、勉強、ダイエット、なんでも諦めないことが肝心だと言われており、当たり前のことですが、諦めたくなるときってありますよね。僕自身、過去に何度ダイエットに挑戦したことか。何度やっても、やりかけで終わってしまい、ダイエットを開始する前よりも太っていたり。いわゆるリバウンドだったらまだマシで、リバウンドする前にもなっていない。

勉強もそうですね。僕がPMPの勉強を始めたのが40歳を超えてから。万全で挑んだつもりの第1回テストが、まさかの不合格。悔しいのと同時に「もう、いいか」と諦めかけたこともありました。第2回で合格したのは、そこで諦めなかったから。

諦めるって、とても簡単なことだと思うんです。ダイエットを諦める。勉強を諦める。仕事も諦める。自分の人生を諦めさえすれば、どれだって簡単に諦められるんだと思います。

しかし、問題は今は昭和の時代ではない。昭和の時代は「1億総中流社会」で、たとえ諦めたとしても「食べていける」社会だったと思います。仕事を諦めたとしても、そこそこの規模の会社に勤めてさえいれば、辞めさせられることもない。勉強を諦めても、将来的にそこそこの会社に勤務できる。

今の時代は、諦めた人を切り捨てる怖さと真剣さを持ち合わせていると感じています。2011年に「新・ぶら下がり社員」症候群という本が話題になりましたが、あれから7年経って、一生懸命諦めずに頑張っている人たちが、諦める人たちを救わない時代になってきているように思います。

しぶとい人の思考回路からすれば、諦める人たちは自分たちのテリトリーにいない、いらない、ということなのだと感じる今日この頃です。

Comment(2)

コメント

理人

団塊の世代の人達って年功序列で、若い頃は薄給でもいつかは俺にも何かしらのポストがあるって価値観で育って来て、温い感じでやってきた人もいれば、妙に体育会系、精神論系で「俺が若い頃は・・・」なんていう人もいたり。
今の社会人ってそういう価値観の上司にあたってしまうと不幸というか、なんというか。。。
各個人の個性に合わせたキャリアアップ方法ってあると思うんですよね。

知人に何人か自閉症スペクトラムが原因で社会(学校も含め)になじめない人が何人かいます。
今の社会のペースについていけないんですよね。
彼らは発達障害なので治らないんですよ。
特に2次障害を発症するとなかなか社会復帰できないんです。
自己肯定感が極端に低くなって「みんな頑張ってるのに俺はダメ人間だ」って思ってたりしてます。

大木様は「頑張れる人」だと思いますが、「頑張れない人の本当の理由」は理解できないでしょうし、当の頑張れない人は「何でそんなに頑張れるの?」と悩み続けているのも事実なんですよ。

そういう人達を受け入れてくれる社会ってのも無いと、はっきり「お前らいらない」と言われると彼らの人としての存在価値を全否定されてしまうので、ちょっと厳しいかなと感じました。

まあ、大木様の会社としては「いらない」で結構でしょうし、そういう人たちはそういう人たちて適当にやっててよって感じなのかも知れませんが。

社会全体から発せられている「お前ら社会不適合者」感が、敏感な彼らの心に突き刺さってるという世界もあるって知っておいてもらいたいなと思いました。

※大木様のおっしゃってる事は、誠にごもっとで反論の余地がないのですが、そこをあえて書かせていただきました。

>理人さん
ご丁寧なコメントありがとうございます!
どの年代からでも頑張れるはずなのですが、どうしたらそういうモチベーションを持てるか、あるいはそもそも持てる人なのか、ということがあるかもしれませんね。

コメントを投稿する