やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

中年オヤジのダイエットに必要なこと、そして褒められること

»

去年の4月20日にダイエットを始めて、ちょうど1年になりました。ほぼ95kgという、3桁目前になってようやく一念発起し、糖質制限、トレーニングと努力を続けた結果、今朝の体重は77kgということで、約18kg落とすことが出来ました。ざっくり言うと、幼稚園児か小学1年生が一人いなくなったくらいの減量ができました。

スクリーンショット 2018-04-12 8.12.33.png

まず、何十年もダイエットと縁のなかったオヤジが、ここまでがんばれたのは、糖質制限の食事を支えてくれた家族の努力のおかげです。あとは、「褒めてくれる」こと。

人間、何歳になっても、褒めてくれる人の存在はモチベーションに直結するものです。

「痩せたね」
「すごいね」

こんな言葉があることで、「よしっ、もっと頑張ろう」と思えるもの。これがもし逆に、こんなコメントがあったら、、、

「まだまだ痩せてないね」
「もともと太ってたんだから、それくらい痩せて当然」
「それくらいで満足しちゃダメ」

こんなこと言われたら、途中で挫折しちゃいそうです。ダイエットは、自分で満足するところはあるものの、やはり客観的なコメントは大事なものです。

ダイエットは手法が必要ですが、プロセスには家族、そして友人、あと僕にとってはb-monsterのパフォーマー(インストラクター)の協力は必須ですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する