やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

管理職にならずに収入を上げる方法、あるいは50歳以上のスペシャリストの活用

»

こんな記事を見かけました。

「50歳過ぎた社員は新しい価値を生まない」空前の人手不足でも進むバブル世代のリストラ(Business Insider)

その昔、バブル世代と言われた世代がありました。いま、48歳くらいから53歳くらいの人たちのことですね。就職に苦労せず、むしろ企業側が新卒を必死に確保した、と言われている世代ですね。

子会社の断続的なリストラを実施する東芝は2017年11月の東芝デジタルソリューションズの300人の削減に続いて、1月中旬、東芝インフラシステムズなど子会社2社の満50歳以上の社員、約100人の削減を発表した。1月30日には電機大手のNECが国内の約3000人の人員削減、翌31日には富士ゼロックスが国内外約1万人の削減を発表している。

こういう記事を見ると、50代としては暗い気分になってしまいますね。本当に、50代は使えない人たちが多いんでしょうか。これって、「日本人は英語が下手」とか「男ってさあ」に近しいニュアンスを感じてしまいます。使えない50代がいることと、50代が使えない、という話は別ですもんね。

非管理職でも賃金が高

僕的には、この言葉が一番気になりました。管理職じゃないと、賃金が高くてはいけない、ということのようです。

管理職になるのは、同期の中でもほんのひと握りのはず。で、この理論だと、30代、40代でバリバリ働いていた人たちの大多数は、50代で使えない人だということになってしまいますよね。そんなことはない。

ある企業では、賃金はグレードにしていて、管理職になるコースと、専門職になるコースを作っていて、どちらも同じグレードであれば同じ賃金になる、ということを実現しています。そんな会社って増えてきていると思うんですけどね。

むしろ、エンジニアとしてのスキルは高いけど、マネジメントが不得意な人に、賃金のために管理職にする、というのはナンセンス、時代遅れな気がします。

50代で独立する人が増えていて、それはそれで応援したいですが、退職する前に出来ることがあるような気がする今日この頃です。

Comment(2)

コメント

50代半ばですが、仕事に歳はあまり関係ないと思っております。
確かに歳を重ねることで、経験値や知識は増える部分もあります。
それは業務を進める上では当たり前の事。
 
本来仕事はどれひとつとっても同じ仕様は無く、プロセスも千差万別。
毎回毎回、知恵を絞り創造性を発揮して進めるものだと思っております。
そこには年齢より、思考の柔軟性や独創性が必要なので個々の能力の違いかと思います。
 
とかく日本の政治・企業文化は年齢や経歴、ブランドや役職で人を判断しがちですが、
その思考をやめないと国や企業の発展は望めいない時代なのではないでしょうか。
 
また、給与に関しても昔は結婚が速く子育ては40代で終わることが多かったお思いますが
今は晩婚化で50代まで子育てが続く時代です。
そのことを企業も理解して役職が無ければ給与が上がらない評価基準を、
大木さんがおっしゃる通り見直すべきでしょうね。
 
ついでに転職市場も高年齢者を排除するすような募集表記
例えば「将来の幹部育成のために30代~40代の方を優先」など差別的な
募集では本来の人財募集にはなっていないように思います。
更に50代の転職はリストラ対象者とみているようで、低給与提示をやめないと
いつまでたっても人手不足は続くかと思います。
 
同じ50代として十把一絡げにして欲しくないですね。

>kiyoさん
 
> 本来仕事はどれひとつとっても同じ仕様は無く、プロセスも千差万別。
まさに、ここですよね。これを理解していないと、ルールだけ守って理由もわからずルーティン化してしまう。

> 同じ50代として十把一絡げにして欲しくないですね。
はい、そう思います。

コメントを投稿する