やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

要点を書かずに長いメールを出す人は、単に要点が書けないだけ

»

僕が前職のころ流行ったメールの書き方は、「件名」に要件を全部書いてしまうことです。本文はゼロ。

電子メールが仕事の邪魔になる、というのはよく聞く問題です。でも、それってChatWorkなどのツールを使っても、発信する人の意識が変わらなければ同じなんですよね。スクロールしないといけないメールとかチャットって、見るだけで辟易するのではないでしょうか。

秘書「今度の中国出張の件ですが、5月1日と2日どちらの出発にしますか?」
上司「1」
秘書「出張先でA社のB社長にアポイントを取ってよろしいですか?」
上司「Yes」
(145ページより)

「愛想の無いメールだ」
いや、それでいいんだと思います。必要なことを伝えることが目的なのですから。

過去の経験から、長文になる人の特徴は「言い訳したい人」なのかな、なんて感じています。言い訳したいから、ストレートに書かずに長文になってしまう。さらに、本人は「言い訳」ではなく「説明」だと思っていたりするところが、さらに深いところに陥ってしまうわけですが。

要点をわかりやすく短文で書ける人が大好きです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する