人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

「信用」と「信頼」の違いをご存知ですか?

»

かなり前に、「『怒る叱るの違いをご存知ですか?」などという記事を書かせていただきましたが、今日は3年半ぶりに似たような言葉あそびをひとつ。

さて、「信用」と「信頼」、意味の違いをご存知でしょうか。
広辞苑には、以下のように書いてあります。

  • 信用:信じて任用すること。
  • 信頼:信じて頼ること。

おい(^^;)。広辞苑は、どうもこういう「熟語をただ分解しただけ」の説明が目立ちます。

よくよく考えると、「信用取引」という言葉はあるけど、「信頼取引」という言葉はない。また、「信頼関係」という言葉はあるけど、「信用関係」という言葉はありませんね。

私は、このふたつの言葉には、大きく2つの違いがあると思っています。

1.過去を「信用」する、未来を「信頼」する

信用とは、何らかの実績や成果物を作成して、その出来栄えに対しての評価のことをいいます。そのため「信用」するためには、実績や成果物が必要不可欠なわけです。この実績や成果物といった、過去の業績に対して「信用」するのです。

一方「信頼」は、そうした過去の実績や業績、あるいはその人の立居振舞を見たうえで、「この人ならこの仕事を任せてもちゃんとしてくれるだろう」とか「この人なら私の秘密を打ち明けても大丈夫だろう」などと、その人の未来の行動を期待する行為や感情のことを指します。もちろん「信頼」するためには何らかの根拠が必要ですが、その根拠を見たうえで、未来を「信頼」するというわけです。

そう考えると、「信頼」してもらうためにはまず「信用」が必要です。「信用」なしには「信頼」を勝ち取るのは難しいでしょう。

2.物理的に「信用」する、精神的に「信頼」する

前述のとおり、「信用」は何らかの実績や成果物を必要とします。その人の過去の行為(事実)や作り上げてきた作品といった物理的なモノに対して「これは大丈夫だ」と信用するわけですね。ですから「信用」は、モノを評価する人から、そのモノを作った人に対する片方向になるのです。

一方「信頼」は、その人の実績や過去の振る舞いを見たうえで、その人の人間性や習慣、クセ、感覚といった目に見えないものに対して期待し、その期待に応えてくれるだろうという気持ちの表れです。気持ちに気持ちで応えるのが「信頼」です。「信頼」は気持ちと気持ちのつながりですから、双方向です。

さて、仕事にしてもプライベートにしても、気持ちよく活動をするためには双方向の信頼関係を構築することが欠かせません。次回は、「相手に信頼してもらうためには?」というテーマで書いてみることにします。

Comment(19)

コメント

kouji

信じて用い、信じて頼る、程度の認識しかありませんでしたので、とてもスッキリしました^^
分かりやすい説明ありがとうございました。

谷 誠之

koujiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
お返事を頂戴すると、はげみになります(最近またサボっていますが)。

似たような言葉って多いですけど、それぞれの細かい意味の違いを知ると、すっきりしますね。これからも、どうぞよろしくお願いします。

信用と信頼、どちらも漠然としか判断できておらず、このように文章化すると全く異なる意味合いになるのだと、改めて気付かされました。
とても分かりやすく参考になりました。ありがとうございます^^
(すいません、勝手に私のブログで若干内容を掲載させていただきました。
不快であれば削除させていただきますので、いつでもおっしゃってください><)

谷 誠之

soraさん、コメントありがとうございます。
私の解釈に共感してくださって、とても嬉しいです。言葉遊びとはいいながら、このふたつの違いや関係はとても重要だと思っています。最終的に必要なのは「信頼」なんですね。
もちろん、ブログでの引用、OKですよ。ありがとうございます。

また何かありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

内容を見て感動しボクのfacebookでも引用させていただきました、事後報告で申し訳ありません、本当にありがとうございました。

谷 誠之

西出さん、コメントありがとうございます。
古い記事なのに、発掘してくださり、またリンクを貼ってくださって、恐縮です。
これからもいろいろなことを考えていきます。

こちらこそ、ありがとうございました。

はじめまして。
「信用」と「信頼」を検索して、一番しっくりきました。
事後報告となりますが、ブログで引用させていただきました。
とてもわかりやすいと感じました。
ありがとうございました。

谷 誠之

木内なおみさん、コメントありがとうございます。
ブログも拝見しました。なるほど、「黒子のバスケ」がきっかけだったのですね。
漫画は、色々なことを教えてくれます。私も子供の頃(今でも?)とってもたくさんのことを、漫画から学びました。

こちらこそ、引用してくださってありがとうございました。

匿名

そりゃ信用取引で信じて頼る取引なんてないし
信頼関係もお互い信じて頼りあう関係つまり互恵関係
信じて用いるのは上から目線だから互恵関係が成り立たない

組合

なぜ、過去と未来で両者を区別するのでしょうか。

匿名

 信用も信頼も未来に向かってるんじゃねぇの?信用は裏付けがあり、信頼は裏付けなし(不足)の思い込みがある、そういう事なんじゃね?
 信用に反したら訴訟モノ、信頼を裏切っても裏切られたそいつが悪い、そういうことなんじゃね?
 過去を参照して未来を計る点ではどっちも同じだろうよ。

匿名

物理的に「信用」する、精神的に「信頼」する、とありますが
物理的と言うと、コンピューターテクノロジー、ネットワークの用語において
「信頼性」(信頼性の高い製品です、等)という言葉がありますがこれは精神的な部分からくるものですか?
言葉に関しては馬鹿なんで何とも言えないですが…

私は彼を信頼してるけど、信用はしていないな。
と思っています。
過去のいろいろなコトから、彼を信用はまだできない…
でも、未来に期待して信頼はしてる。
信用はおっしゃるように過去の積み重ねからくるもの。
信頼は未来への期待なのかもしれませんね。

ぴーたん

言葉って難しいですね。
信用は一方的な『お墨付き』で信頼は『信用し合う対等な関係』という考え方もできるかなと思ったのですが、いかがでしょうか?

コメントを投稿する