人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

「信用」と「信頼」の違いをご存知ですか?

»

かなり前に、「『怒る叱るの違いをご存知ですか?」などという記事を書かせていただきましたが、今日は3年半ぶりに似たような言葉あそびをひとつ。

さて、「信用」と「信頼」、意味の違いをご存知でしょうか。
広辞苑には、以下のように書いてあります。

  • 信用:信じて任用すること。
  • 信頼:信じて頼ること。

おい(^^;)。広辞苑は、どうもこういう「熟語をただ分解しただけ」の説明が目立ちます。

よくよく考えると、「信用取引」という言葉はあるけど、「信頼取引」という言葉はない。また、「信頼関係」という言葉はあるけど、「信用関係」という言葉はありませんね。

私は、このふたつの言葉には、大きく2つの違いがあると思っています。

1.過去を「信用」する、未来を「信頼」する

信用とは、何らかの実績や成果物を作成して、その出来栄えに対しての評価のことをいいます。そのため「信用」するためには、実績や成果物が必要不可欠なわけです。この実績や成果物といった、過去の業績に対して「信用」するのです。

一方「信頼」は、そうした過去の実績や業績、あるいはその人の立居振舞を見たうえで、「この人ならこの仕事を任せてもちゃんとしてくれるだろう」とか「この人なら私の秘密を打ち明けても大丈夫だろう」などと、その人の未来の行動を期待する行為や感情のことを指します。もちろん「信頼」するためには何らかの根拠が必要ですが、その根拠を見たうえで、未来を「信頼」するというわけです。

そう考えると、「信頼」してもらうためにはまず「信用」が必要です。「信用」なしには「信頼」を勝ち取るのは難しいでしょう。

2.物理的に「信用」する、精神的に「信頼」する

前述のとおり、「信用」は何らかの実績や成果物を必要とします。その人の過去の行為(事実)や作り上げてきた作品といった物理的なモノに対して「これは大丈夫だ」と信用するわけですね。ですから「信用」は、モノを評価する人から、そのモノを作った人に対する片方向になるのです。

一方「信頼」は、その人の実績や過去の振る舞いを見たうえで、その人の人間性や習慣、クセ、感覚といった目に見えないものに対して期待し、その期待に応えてくれるだろうという気持ちの表れです。気持ちに気持ちで応えるのが「信頼」です。「信頼」は気持ちと気持ちのつながりですから、双方向です。

さて、仕事にしてもプライベートにしても、気持ちよく活動をするためには双方向の信頼関係を構築することが欠かせません。次回は、「相手に信頼してもらうためには?」というテーマで書いてみることにします。

Comment(44)

コメント

kouji

信じて用い、信じて頼る、程度の認識しかありませんでしたので、とてもスッキリしました^^
分かりやすい説明ありがとうございました。

谷 誠之

koujiさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
お返事を頂戴すると、はげみになります(最近またサボっていますが)。

似たような言葉って多いですけど、それぞれの細かい意味の違いを知ると、すっきりしますね。これからも、どうぞよろしくお願いします。

信用と信頼、どちらも漠然としか判断できておらず、このように文章化すると全く異なる意味合いになるのだと、改めて気付かされました。
とても分かりやすく参考になりました。ありがとうございます^^
(すいません、勝手に私のブログで若干内容を掲載させていただきました。
不快であれば削除させていただきますので、いつでもおっしゃってください><)

谷 誠之

soraさん、コメントありがとうございます。
私の解釈に共感してくださって、とても嬉しいです。言葉遊びとはいいながら、このふたつの違いや関係はとても重要だと思っています。最終的に必要なのは「信頼」なんですね。
もちろん、ブログでの引用、OKですよ。ありがとうございます。

また何かありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

内容を見て感動しボクのfacebookでも引用させていただきました、事後報告で申し訳ありません、本当にありがとうございました。

谷 誠之

西出さん、コメントありがとうございます。
古い記事なのに、発掘してくださり、またリンクを貼ってくださって、恐縮です。
これからもいろいろなことを考えていきます。

こちらこそ、ありがとうございました。

はじめまして。
「信用」と「信頼」を検索して、一番しっくりきました。
事後報告となりますが、ブログで引用させていただきました。
とてもわかりやすいと感じました。
ありがとうございました。

谷 誠之

木内なおみさん、コメントありがとうございます。
ブログも拝見しました。なるほど、「黒子のバスケ」がきっかけだったのですね。
漫画は、色々なことを教えてくれます。私も子供の頃(今でも?)とってもたくさんのことを、漫画から学びました。

こちらこそ、引用してくださってありがとうございました。

匿名

そりゃ信用取引で信じて頼る取引なんてないし
信頼関係もお互い信じて頼りあう関係つまり互恵関係
信じて用いるのは上から目線だから互恵関係が成り立たない

組合

なぜ、過去と未来で両者を区別するのでしょうか。

匿名

 信用も信頼も未来に向かってるんじゃねぇの?信用は裏付けがあり、信頼は裏付けなし(不足)の思い込みがある、そういう事なんじゃね?
 信用に反したら訴訟モノ、信頼を裏切っても裏切られたそいつが悪い、そういうことなんじゃね?
 過去を参照して未来を計る点ではどっちも同じだろうよ。

匿名

物理的に「信用」する、精神的に「信頼」する、とありますが
物理的と言うと、コンピューターテクノロジー、ネットワークの用語において
「信頼性」(信頼性の高い製品です、等)という言葉がありますがこれは精神的な部分からくるものですか?
言葉に関しては馬鹿なんで何とも言えないですが…

私は彼を信頼してるけど、信用はしていないな。
と思っています。
過去のいろいろなコトから、彼を信用はまだできない…
でも、未来に期待して信頼はしてる。
信用はおっしゃるように過去の積み重ねからくるもの。
信頼は未来への期待なのかもしれませんね。

ぴーたん

言葉って難しいですね。
信用は一方的な『お墨付き』で信頼は『信用し合う対等な関係』という考え方もできるかなと思ったのですが、いかがでしょうか?

 

信頼は相手にそうあってほしい形を求めるときに使う。信用は相手が確実にそうだというときに使う。よって私の中では信用のほうがより信じる意味合いが強い言葉である。

ボンソワ

新入社員教育の際に引用させて頂きました
私の会社の社是には「信頼」という言葉が使われており、この信頼という言葉の本質的な意味を調べていた際にこのブログにたどり着きました。
一番わかりやすく、一番納得できる内容でしたので引用させて頂きました。
ありがとうございます これからも読ませて頂きます。

物事の感じ方、受けとり方の違いだなと思う事から言い合いになり、険悪状態になっています。今の自分は信用されていると思うか?この状態だと『信用』出来ない、この先一緒にいれない、いまの態度はキライになったと言われました。信用されないと生活が変わってしまう感じです。後で色々言い過ぎたと言われましたが、ずっと嫌われたままの関係で行くのだろうと寂しく思っています。私の態度が気にいらなかったようで、でもこちらは深い意味も無く相手をやり込めようとは思っていなかったが、そう受け取ったと言われました。どうしたらいいのかわからなったが少し考え方をかえてみたいと思います。私は『信頼』して過ごして行こうと思います。

谷 誠之

コメント、ありがとうございます。
信用、信頼とは別に、「物事の感じ方、受け取り方の違い」はとても難しい問題がありますね。以前、別の記事でも書かせていただいたのですが、本来は「『違い』と『間違い』は違う」のですが、多くの人は、自分と違う人を「間違っている」と糾弾し、修正、あるいは排除しようとします。そして、自分と違う人を「信用ならんやっちゃ」と思ってしまうわけです。
重要なのは、お互いがお互いの「違い」を受け入れることです。

さこさん

似てても違いがあるんだと理解できました。
ありがとうございます。谷さんは紳士ですね。
これからも根気よくみんなを助けてくださいね(^▽^)b

小鳥遊

初めまして。
私は学校でいじめを受けた経験から友達、人を心から信じることができなくなりました。
それがとても心苦しくふと、自分は「信用しているけど信頼はしていない」のか、「信頼はしているが信用はしていないのか」。そもそも違いはなんなんだろうと疑問に思い調べたところこちらにたどり着きました。
分かりやすい説明になんとなく心もスッキリしました。
信用はできないと思ってしまいましたが信頼したいなと思います。
長文本当に失礼しました。
ありがとうございました。
あとこちらをSNSに引用させていただきたいです。
よろしくお願い致します。

匿名

検索していてとても納得できしっくりくる内容でした。正直彼氏には過去のこともあり信用もしてないし、今を見ていて信頼を持てません。でも多少の期待はしてます。FBにてシェアさせて頂いても良いですか?

匿名

信用は片方向。信頼は双方向ということですが、この双方向という意味があまり理解できません。例えば、何らかの実績の信用をもとに、この人なら任せて大丈夫と、未来を信頼できるということですが、この場合どうしても片方向にしか考えられません。。。相手方の実績を一方的に見て、その信用をもとに信頼という説明はわかるのですが、どの場面で相手方のこっちに対する信頼が見えるのでしょうか?
質問、複雑ですみません。。。

チロルチョコ

信用とは?信頼とは?に正しくぶつかっていた1ヶ月があり何とか自力で心無い人達からの脱出ができ今は精神的に安定してきましたがこの先に信用や信頼を置ける人達が
居ない中にまた戻らなくては行けないのかと心無い人達の所に心を同じにしないと戻れないので本当に辛いです。心のコミュニケーションが取れないそんな場所に心有る人は入っていけないのです。寂しい世の中になりました。相手がぶつかってきてもぶつけられたコチラも謝るという事が見なくなり逆に正しく心熱く良くして行こうという考えの者がはじかれます。

スミス

高校時代の部活の顧問に「君は信用してるけど、まだ信頼できない。」と言われたことがあり、意味がわからず参ってしまったことがありました。
部活がそれなりに強い中学校から高校の部活に入ったので、「中学校時代の頑張りは認めるけどこれからの活躍はまだ期待できない」といった感じの意味だったのだとこの内容をみてスッキリしました。
ありがとうございます。

こばやし

ふと信用と信頼の違いは何だろうかと思い検索するとこちらのページに辿り着きました。どの辞書よりもわかりやすく、またイメージのしやすい内容でした。その表現力に感服致します。
ここで1つ質問が御座います。昨今、「ゲキを飛ばす」という言葉があまりにも多く誤用されています。本来「ゲキ」という字は「檄」と表しますが、TVなどの媒体では「激」という字まで使われる始末です。私個人の意見として、言葉は時として、その内容が変わることも認めなければならない時があると考えています。しかし、本来の字すら別のものを使うとなると残念でなりません。谷さんは、この様な言葉の変化をどのように思われますでしょうか。お忙しいとは思いますがご一読頂けると幸いです。

匿名

とても納得のいく説明でした。FBでシェアさせていただけますか?
皆様にとってもとても重要なテーマであるから、長期にわたり読まれているのでしょうね。
私は最近、大切な人を信用も信頼も出来なくなったと感じ、苦しくてたまらなくて、何か定義付けが欲しくなって(^^;、このページにたどり着きました。将来、また誰かを信じお互いに信頼し合うことを諦めません!
とても参考になる記事、ありがとうございました。

匿名

天才だと思いました

Y

谷さん、初めまして。
結婚8年目の30歳主婦です。
夫婦関係に、信用・信頼は、必要不可欠でしょうか?
最近、たまに夫から「お前は信頼できない」と言われることがあります。
別に、浮気や借金をしたとか、そんなわけではないのです。
ただ、私が、使う言葉の定義を間違えて、私の意図が正しく夫に伝わらなくて、後から、「それは、そういう意味ではなかった」と訂正することがこれまでに何度もありました。それで、私の言葉は信用できないらしいです。「愛してる」の言葉すら、信用できないと言われました。
それから、私は、不注意や見積もりの甘さ等からヘマをすることが多く、夫から見たら「こんな時には当然こうするだろう」という事をできなかったりするため、「いざという時、信頼して命を預けられない」と言われています。
確かに、私は、要領が悪いため、重要な事を任されても上手くやれる自信はないのですが、「信用・信頼できない」と言われる度に、とても悲しい気持ちになると同時に、夫の事を大切に思えなくなってきます。
普段は仲良しで、会話も多く、二人の娘を、夫と協力して、うまく育てていると思うのですが、このままだと、いつか夫婦関係は冷え切ってしまうのかな…と、不安に思います。

コメントを投稿する