人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

「怒る」と「叱る」の違いをご存知ですか?

»

いや、辞書の上での意味はほとんど一緒なんですけどね。
広辞苑なんて、「おこる」の意味に「叱る」って書いてあるぐらいですから。

ただ、コミュニケーションとか育児とかの世界では、「怒る」と「叱る」は別だ、と教えているものが多いですね。で、色んな文献や資料、意見などを読みあさってみたんですが、その中で(私なりに)もっともしっくりくる文章を見つけたので、ご紹介します。

それは、

   「自分のために怒る。相手のために叱る。

というものです。

「怒る」とは、相手が自分に悪い影響を与えたり、自分が指示したとおりに動いてくれなかったりした場合に、自分が腹をたてたことを相手にぶつける動作なわけです。「オレハオコッテンダゾー」ということを相手にわかってほしいとか、うっぷんを晴らしたいとか、相手を困らせたいとか、そんな理由ですることなんですね。そのような自分の目的が果たせればそれでいい。相手がそれでどうなろうが知ったこっちゃない、というわけです。

一方「叱る」とは、相手が自分を含めて誰かに悪い影響を与えたり、自分が指示したとおりに動いてくれなかったりした場合に、相手をより良くしようとする注意やアドバイスを、あえて声を荒げたり語気を強めたりして相手に伝える動作です。(会社の場合だと)金銭的・社会的に損失になるような行いだとか、(育児の場合だと)生命に関わる行いだとかを是正する、そして本人が同じ間違いを繰り返さないようにする、そんな理由ですることなんです。

人間は感情の生き物ですから、「怒るな」と言われても難しいですよね。相手が対等の立場だったら怒ってももいいと思います。ただ、感情的に怒るとかえって逆効果になる場合もあります。相手がもし部下だったりかわいい子どもだったりする場合は、感情的に怒る前に一瞬「まてまて」という気持ちを持って、それを「相手のためになるように叱るにはどうすればいいか」を考えるようにすれば、より効果的に自分の気持ちを相手に伝えることができるようになるんじゃないか、と思うんです。

「相手のために叱る」ということを突き詰めれば、実は上司に対して叱ることもできるんじゃないかと。これはとっても難しいことですけどね。例えば朝令暮改な(朝言ったことと夕方言ったことが違う)人に「部長、さっきと言っていたことが違うじゃないですか!」と怒ったら、それこそ火に油を注ぎます。ここはひとつ冷静に、「部長、その指示の真意がよくわかりません。我々にもわかるように、ちゃんと説明してください」とでも言ってみてはいかがでしょうか。これでも、「オマエの言っていることはわからん、わかるように説明しろ」と叱っていることになるんですよ。

さて、効果的に「叱る」ために重要なことを3つ。

  • すぐ叱る。あとになって「あの件だけどね・・・」と叱るのは効果が薄い。
  • 短く叱る。言いたいことは山ほどあっても、ダラダラと説教するのは意味がない。できれば二言、三言ぐらいで。
    それから、叱ったらすぐその場を離れること。ニラミをきかせると逆効果。
  • 1対1で叱る。みんなの前で叱って恥をかかせる必要はない。
    部内で最もデキるヤツがミスをした場合は、あえてみんなの前で叱るという超高度な技もあるが、失敗すると怖い。

効果的に叱って、デキる部下を育てましょう。

Comment(10)

コメント

ぶん

「怒る」と「叱る」をうまく使い分けるのは本当に難しいですね。ついうっかりすると、叱っているつもりが怒っているのですから。怒られているほうもたまりません。
部下だけではなく子育てにも言える話しです。

「コーチング」というテーマで卒業論文を書いているのですが、参考にさせていただきました。ありがとうございます。

「怒る」と「叱る」の違い、十分理解でき、この解説はわかりやすいです。
最近、怒ることの簡単さ、叱ることの難しさを最近痛感しております。

 この内容を私のブログにも掲載させてください。

こんにちは。怒るとは、怒りの表明。
叱るとは、行動でしょう。
感情と行動はそもそも別物と思います。

谷 誠之

た さん、コメントありがとうございます。
確かに、おっしゃるとおりなんです。「怒る」は感情の起伏であり、「叱る」は相手に対する行動であり、このふたつは明らかに別ものなんです。

ただ、残念なことに、このふたつを区別していない(区別できない)人が非常に多いのもまた事実です。怒りに任せて相手を叱責したり、逆に叱らなければならない立場なのに(怒りを伴わないから)叱らなかったり。

だから、ちゃんと区別してくださいねって意味で、この記事を書いたんです。

星 聖一

とても共感できました。

先日、妻とちょっと言い合いになり、その時に「叱る」と「怒る」の違いで議論になりました。
私が考えていた「叱る」と「怒る」の違いは谷様の考えと全く同じでした。
ですので、基本的には怒ることを極力せず、冷静に叱ることを心がけていました。

ところが、先日の妻との口論で妻は『私に対して叱るときは怒って欲しい』と言ってきたのです。
『「叱る」だと弱いから怒ってくれないとわからない』と。

私は始め理解できませんでした。
「叱る」と「怒る」は別次元のもので、混同されるべきものではないと考えていたからです。

妻の中では両者は基本的に同じ意味で、相手が目下の場合は「叱る」、同等又は目上の者に対しては「怒る」を使うべきだと。
それに「『叱る』と『怒る』を区別していない人も多いよ。辞書にもそう書いてあるし」と。

私は「単に間違えている人が多いだけでしょ。辞書も、そういった多数派の意見を取り入れただけじゃない?」と返しました。
確かに、言葉というものは日々変化するものですし、大多数が「正」になることも少なくありませんので、『叱る』と『怒る』が同じ意味になる日もそう遠くないのかもしれませんが…。

ただ、谷様のお話を伺って、自分の考えに自信を持つことができました。
これからも、『叱る』と『怒る』をきちんと使い分けていきます。

ありがとうございました。

谷 誠之

星さん、コメントをありがとうございます。
なるほど、『叱るだと弱い』ということは、奥様は、「叱る」のもっとキツイやつが「怒る」だと思っていらっしゃるのでしょうか。諭すように言い含めるのが「叱る」で、語気を荒げて強く言うのが「怒る」だと。

だとすると、上司に対して語気を荒げて強く言うのは逆効果ですね、たいていの場合。

「辞書」には、大きく2種類あります。通常の本と同じく、売上を上げ、儲けることが期待されている辞書と、売上は二の次で、正しい日本語を啓蒙することを目的とした辞書です。前者は売れることが命題となるので、どうしても収録語数が増える傾向があります。後者はより難しい言葉を中心として収録する傾向があります。

ことばは一種の統計学のようなものなので、圧倒的多数の人がそのような意味で使えば、辞書に載る意味も変わってきます。難しいですね。

Y.O

小学生の男の子の母です。高学年に入ってから、毎日のように宿題のことで『息子を追い詰めてる…』といろいろな方々の投稿を拝読させて頂き痛感いたしました。上手に叱る方法模索しながら息子に寄り添っていこうと思います。
また子供との距離の取り方などアドバイスよろしくお願いします

Y.O

谷さん、アドバイスありがとうございました。
ご指摘ハッとさせられました。
私はいつも子供に『大きくなって自分が困るんよ‼』『みんながしてることできないでどうするの?』などと、ただただ追い詰めていたんだと…。これは〔叱る〕ではな
く〔怒る〕だったんですね。このあとは決まって反抗的になるか、無気力感丸出しになるかで、私の望む結果に結びつくことは一度もありませんでした。宿題はやるにはやっても嫌々だから身に付くわけないし、何より母親に思いきり罵倒された感が半端なかったのでしょうね〔反省〕

コメントを投稿する