人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「これ言うと、セクハラになっちゃうかなぁ」「はい、セクハラですよ」

»

職場には5-60代が多く、しかも、男性ばかりで、若い女性というだけでかなり少数派だという20代の方から聴いた話だ。

その5-60代の男性が、

「いいねぇ、女の子は、チョコ配って、ニコニコしていればいいんだから」

と嫌味でもなんでもなく、本当に心から「いいねぇ」と感心するように言うらしい。

チョコレートを配ったからそう言われたわけではなく、なんでもない時の日常会話の中で「女の子ってのはそういうもんでしょ」というニュアンスでの発言のようだ。


あらー、いまどき、そんなこと言っちゃうのぉ、と私なんぞは驚いてしまうのだけれど、やはり、今でもこの手の会話はそこここで交わされているに違いない。

「それ、セクハラですよね」と私が言うと、
「まあ、そうなんですけど、セクハラと言ってもしょうがないというか、言い返すのもなんだし」とのこと。

これまたわかる。

「セクハラですよ」と言って、その場の空気を乱すのも、と配慮してしまうのだろう。←そんな空気、読む必要はないけれど、自分自身の仕事のしやすさを考えて、言葉を飲み込む気持ちはわかる。

さらに、

「これ言うと、セクハラになっちゃうかな」と言う前置きをつけて、何か発言するという人もいるらしい。

「これ言うと、セクハラになっちゃうかな」と言われたら、
「はい、セクハラですよ」と多少笑顔で応じるという手をアドバイスしたのだけれど、うまくいくだろうか。

こういう時、目を吊り上げて、「セクハラです!断じて許さん!」」という手もあるのだけれど、それより、笑顔で言い返すほうが相手には伝わりやすいような気もする。

もちろん、1回ではダメで、2回も10回も100回でも言い続けることが大事である。

「それ、セクハラですよ」

繰り返しているうちに刷り込まれるだろう(たぶん)。

それにしても、冒頭の発言、突っ込みどころが満載なんだが、どーしたらいいんだろう。

「いいねぇ、女の子はチョコ配って、ニコニコしていればいいんだから」

やれやれ。

まだまだ、こんなことを言われている女性が日本にいるかと思うと、なんだかなぁ、と思ってしまう、まったく。

===================

※誤解を招いたようなので少し加筆修正した。(最初から5行くらい) 2016年2月17日 19:25

Comment(3)

コメント

tron

そもそもにこにことチョコ配る必要もないと思うのですが、どうでしょう?
愛想振りまいて優遇されていると、周りの男性から思われてしまっているこの女性にも一因あるのではないでしょうか?
かわいい女を演じるなら、それに反応した男に対して「セクハラだ!」とマジレスせずに軽くあしらう技量を持っていて欲しいものです。
それが出来ないなら本命さん以外にチョコを渡すべきではないと思います。

バレンタインデーなんて子供たちのイベントにしておけばいいんですよ。
いい大人が義理チョコだのなんだのって、職場でやっているのがそもそもおかしいと思います。

tron

この発言がセクハラかセクハラじゃないかと言われれば、まあセクハラになると思いますよ。
でも、こういう先入観が生まれてしまった元々の原因は「女は愛嬌」を実践している人が一定数いるからだと思うんです。

「まだ作業あるけど、もう遅いから女性は先に帰っていいよ」「力仕事だから男性がやってください」「汚れるから女性はいいよ」「女性は会費半額ね」という時に「いやいや女だからって区別しなくていいです。」という女性にほとんど出会った事ありません。

まず「そうですか(にこ♪)」「ありがとうございます。(にこ♪)」ってなるんですけど。

都合のいい時には女性という立場に甘えている人いませんか?
結局、女性の敵は女性なんだと私は思っています。

匿名

そんなの相手にイライラしてる方が損ですよ。

コメントを投稿する