人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

時短勤務の上司ってアリだと思うんだけど...

»

「女性は、育休明けに時短使うでしょう?で、リーダーとか責任のあるポジションは任せづらいんだよ」

ってな話を耳にすることがしばしばある。

ふむ、そうだよね、と一瞬思いつつ、
そうなの? ホントにそうか?と疑わしくも思う。

結局、「出社して、会社にいて、長く働ける人」がマネージャとかリーダーを拝命せにゃならん、という価値観がそこには見え隠れする。

しかし、しかーし、
今の時代、別にオフィスにいなくても出来る仕事も多数あるし、
顔見たいのであれば、ネット越しに顔見て話すこともできるし、
もちろん、現場でなければできないことは多々あるものの、
業界、職種、条件次第で、「時短勤務の上司」も可能なのではないか。

いやいや、在宅だと「労務管理」できないし、
とか、「在宅で労働した分をどう勤務時間に参入するのかって課題」があるし、
とか、またまたいろんな声が挙がりそうだけれど、

色んな仕事の仕方が生れてきている中で、
リーダーとかマネージャとかも
「フルタイムじゃなくてもよい」
という風に一度考えてみるのはどうなんだろう?

「うちのボスは、時短中なので、16時にはいなくなる。だからそれまでになんとしてでも承認をもらわねば」
と部下はすごい勢いで仕事をするかもしれないし、
「ボスに話をするためには、手短に要件を伝える必要がある」
とすんごくスキルアップするかもしれない。
結果的に全員の生産性が上がり、残業も抑制され、とても働きやすい世界が作られていくかもしれない。

世の中を変えようと思ったら、今までかけていた「メガネ」をいったんはずして、別の「メガネ」をかけることも大事だと思うんですよね。

「女性も(昭和の)男性並みに働く覚悟があるなら、MGRに昇進させるよ」

というノりで迫れると、

「だったら、結婚するのあきらめます」
「だったら、子どもはやめます」
「だったら、子どもは一人にします」
「だったら、離婚します」
「だったら、会社辞めます」
「だったら、昇格断り、低体温で仕事します」

となってしまう場合もあるんじゃないかと思うのです。(どの選択肢も誰もハッピーにならないような・・・)


フルタイムじゃなくてもいいじゃないか。
常に在席してなくてもいいじゃないか。

一旦、これまでの「常識」を疑ってみるというか、Unlearnしてみる、っていうのも
大切だと思うのです。


もう平成も28年、2016年。

昭和の価値観なんて、すごーく昔の、化石みたいなものになってきている気がします。

Comment(3)

コメント

コリグ

そういう上司を生み出すためには、自宅勤務が平社員のうちから推奨されることが必要かもしれませんね。往々にして、自分のたどったやり方を基準にする人が多いのですし。

困ってるのよ

介護休暇の時短をして、毎日2時に帰る上司の元で働いているのですが、自分の権利を振りかざして威張るので、すごく迷惑です。席を離れる時間も長いのに情報共有しようとしないし、組織としての信頼をとりつくろうのに、残された者にはすごくプレッシャーがかかってきます。

困ってるのよ

介護休暇の時短をして、毎日2時に帰る上司の元で働いているのですが、自分の権利を振りかざして威張るので、すごく迷惑です。席を離れる時間も長いのに情報共有しようとしないし、組織としての信頼をとりつくろうのに、残された者にはすごくプレッシャーがかかってきます。

コメントを投稿する