人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

やる気のない人は、最初からやる気がなかったわけでもなく、二度とやる気が湧かないわけでもない。

»

「やる気ない人」というのがいるとして、そういう人が周囲から言われることは、

●言われたことしかしない
●言われたことの内最低限しかしない
●言われたことすらしない
●言われたら反抗する

・・・などで、要はなにごとにつけ「する」よりは「しない」方向に頑張ってしまうのが「やる気ない人」の特徴だったりする。

長らく「やる気ない人」に見えている人が最初からそうだったかというとそうでもなく、今からもう変わらないのかと言えばそれもまたそんなことない、ということを忘れちゃいけないと思う。

最初はやる気あったのに、やる気がなくなってくる場合、考えられることの一つが、

「どうせ言っても無駄」
「どうせやっても無駄」
「どうせ考えても無駄」

という無気力感。

色々提案してみた。
やりたいことを言ってみた。
様々な企画を提示してみた。

その都度、上司に全否定された。
上司は、ブラックホールのように受け止めたまま、上にも上げず、なんら反応もしない。
・・・いろんな「無気力」の体験が積み重なり、どうせ変わらないなら、余計なエネルギーを使うのはやめよう、

と省エネモードになっていく。

あるある!

これを「学習性無力感」という。無力感を学習しちゃうのですな。


で、そういう風に「やる気なくなった」人はもう永遠にやる気ないかというとそうでもなく、

ボスが代わって、「なんでも聞くから言って」といい、それは眉唾だぞ、と最初は半信半疑でも、そのボスが本気で動き、本気で矢面に立ち、本気で何かを変えようとしていることがわかれば、部下だってだんだんと「これは、できるかも」「言ったらやらせてくれるかも」などと感じるようになり、そして、少しずつ、枯渇していたやる気がよみがえってきて、気づけば、

「こうしたらどうですか?」
「こうはいかがですか?」

と提案するような人になってくることもある。

「やる気」なんざ、本人の意識次第だ。
上司や周囲に影響されないのが大人のやることだ。

などと、能天気な上司は言っちゃったりするけれど、そんなことなくて、周囲のちょっとした働きかけや姿勢に影響を受け、やる気再燃、ということもままあるのであった。

・・・

周囲にやる気のない(と思われる)人がいたならば、彼・彼女をそうさせた原因があるんじゃないか?と疑ってみることも必要かも。

・・・・・・・・・・・・

あと、周囲のやる気ない人の原因を作っているのが、案外、自分だったりして、という客観視も時には大事かもしれない。

人は、やる気に関して、被害者意識は持ちやすいけれど、加害者自覚は持ちにくいものだから。

Comment(4)

コメント

匿名

ある人を、15年以上手を尽くして待って、様々に対策してもだめで、戦力外通告しました。本人以外、得意先も他の職員も支持してくれました。退職の翌日、「皆さんが腐ったみかんの隣にありながら、いいミカンでいていてくれてありがとう。今日が生まれ変わりの日です。今まであの男を雇用してきた私の経営者責任は重いです。後任の皆さんが、すでにあの男のしりぬぐいで大変な目に合っていてすみません。(以下略)」の話をして、会社の雰囲気は今最高潮です。同じことを言っても、一人実行しないものがいることの組織への害は巨大でした。

ぴっこり

自分の周りを見る限り、ご説に同意しかねる

匿名

初日からそんな感じの人なんですけど。慣れてないだろうから一生懸命こうした方が良いと教えればば、集中してるから話しかけるな!と怒鳴り、ほっとけば、普通の人の4倍、5倍の時間をかけ、まだできないの?と言えば、教えてくれない!意地悪されてる!ってキレる人はどうしたらいいんですか?

匿名

コメント欄見てると、やる気(やる気概)無い社会がやる気無い人間を作ってって更にやる気喪わせた末にソレを理由に排除してく感が物凄い(……笑)。

コメントを投稿する