人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

今、「お麩」が熱い! 「お麩会(オフ会)」に参加してきた♪

»

「あさこ食堂」というお料理ブログやそれをまとめたレシピ本も出していらっしゃるシラサカアサコさんが部長をつとめる「お麩研究部」というコミュニティがあります。面白そうなので、私も部員になっているのですが、先日、その「お麩研究部」の「オフ会」ならぬ、「お麩会」がありました。

★あさこ食堂 → コチラ

★お麩研究部 → コチラ

あ、その前に、「お麩」ってどんなもの?という写真を。
Photo_4

「お麩会」参加条件は、「お麩を使った料理を持参すること」。(持参しなくても参加はできたのですが、できるだけ作ってきてね、と)

うつわは好きで集めてますが、お料理はそれと比べるとさほど得意でもなく、しかも、「お麩」を使った創作料理なんて、無理!と思っていたら、数日前にアサコさんから連絡があって、「淳子さんにお願いが。2品作ってきてもらえませんか?」と。

もう、無理!無理!・・・しかし、こういうときこそ、”Can I do it?”思考ではなく、"How can I do it?"思考だ、と思いなおし、あれこれ思案しまくりました。

出てくるのは、駄洒落ばかり。

「お麩ぁようございます」とか「ありがとうございま麩」という挨拶に始まり、
「麩しぎ発見!」「て麩子の部屋」・・・・ってTV番組じゃないか・・・とか、

で、ようやく出てきた名前が

「ナ麩ぉリタン」と「麩ぇ麩ぇロンチーノ」と「カル麩ぉナーラ」。

駄洒落から始まる何か。

さて、この3つのうち、「ナ麩ぉリタン」作っていきましたよぉー。(写真手前左)
Photo

何かおかしいでしょう? 何がおかしいのかずーっとわからなかったのですが、このお麩会終了から30時間くらい経過して、「あ、ピーマン入れ忘れた!」と気付いた始末。

しかし、駄洒落ネーミングと昔ながらの(昭和風の)「ナポリタン」味は、かなり好評でした。うっしっし。

その他作っていったのは、
●カリーぱ麩ぱ麩 (聞いたことある名前ですね、気にしない、気にしない)
●黒ゴマきなこぱ麩ぱ麩
の3点です。(全体像は、以下のとおり。右上がカリーぱ麩ぱ麩、左上が黒ゴマきなこぱ麩ぱ麩です。)
1_2

20人くらい集まったのでしょうか。事前に申し合わせてもいないのに、誰も同じものを持ってこない。そして、すごいアイディア料理ばかり。

中でも感心したのは、

●イカ飯風 (イカに車麩を一生懸命押し込んで、野菜も押し込んで・・・)・・大人気!

*「烏賊」界で、胴体に「車麩」を突っ込まれた烏賊クンは、この方が最初ではないでしょうか?
イカクンたちは、こんな会話を交わしていたかも。

「俺は、お前らとちがって、もち米じゃないんだぞ、詰められたのは」
「え?じゃ、何を詰められたんだよ」
「麩っ麩っ麩っ♪ これがわかるか? 車麩だぜ」
「ええー、いいな、車麩、いいなぁー、そーゆう新奇なもの、詰められていいなぁ」
「うらやましいだろー。麩ふふ^^;」

Photo_2
●車麩の黒かりんとう、白かりんとう。←これ、みんなで、「今すぐ、ヒカリエで販売しよう!」と盛り上がったほどの完成度。おいしかった!。(ご担当者さま、いかがですか? 笑)
1
部長のシラサカアサコさんが、よく作っている

●カラフルな野菜のポター麩 (ポタージュ)
●麩レンチトースト (これもお麩で作っているんですよ。ふわふわ)
O Photo_3
も披露されました。

入り口で、全員が持参料理をお皿に移し、「カード」に料理名を書くことになっていたのですが、誰もが戸惑ったのが、「麩」の書き方。

書き順どころか、どういうつくりの文字かがわからない。「お麩研究部」部員なのに!

当日は、大阪のお麩会社の方も参加されていたので、お聞きしたら、

「私、いつも、麦を書いて、夫です。 ”麩”なんて難しい漢字書きません。」

と笑顔で言われ、ぎゃ麩ん。(←驚き方が昭和です。)

当日、TVの取材も入っていたので、近々放映されるかもーですね。

日本の伝統食材、麩。私もアサコさんと知り合わなければ使うことはまずなかったのですが、意外にいろいろなものに使える。しかも、たんぱく質たんまり。

いろいろな「麩」。試してみてください。

駄洒落ネーミングは、私が考えますんで。

==========
私の3品の簡単レシピ。

●ぱ麩ぱ麩は、共通。
1. 小町麩を溶かしバターにつける(両面)
2. カレー塩 または、黒ゴマきなこ砂糖 をまぶつ

(2.は、ほかに、「シナモンシュガー」「海苔塩」「ソルト&ブラックペッパー」などもOK.スナック菓子を頭に描いて、同じような味付けにすればよし)
*このまま持参しましたが、オーブンで少し焼いてもよいかも、です。

●板麩のナ麩ぉリタン
1. 板麩というのがありますが、「刻み板麩」を売っていたので、それをコンソメ水で戻しました(水でもよかったかも)
2. オリーブオイル&にんにくを炒め、たまねぎ、ベーコン、ピーマンを投入、最後に絞った板麩投入
3. 塩コショウ、ケチャップをどばーっと。

お試しあれ。

=====この本もお奨め(とても助かってます)====

Comment(9)

コメント

なおき

お麩会すげーっ。楽しそうっ!
ところで、麩を使ったダジャレの定番は「恐怖の味噌汁」じゃないでしょうか。「今日、麩の味噌汁?」です。
お麩会に味噌汁がマッチしないようなら、オニオングラタンスープのフランスパンの代わりに麩を使ってもよさそうです。あえてそのダジャレは書きませんけど(笑)

TanakaJunko

なおきさん:すごいですよねー。全部「お麩料理」なんですよ。「恐怖の味噌汁」、そうそういいましたよねー。子供のころ。懐かしい。

すでに、スープの浮き身としても使うアイディア出てるんですよ。いろいろな活用がありま麩。

石松

石松と申します。
ついつい、なおきさんの「恐怖の味噌汁」につられて懐かしくなってコメントしています。
小さい時、家のどんな味噌汁・オスマシにはいつも麩が入っていて、いつも「恐怖の味噌汁」言ってました。私、麩って大好きなのですけどね。
と言うか家は何でも麩が入っていて、スープ類、すき焼きは勿論、水炊きとかの鍋物やおでん(おでんですよ!)、煮魚(ぐちゃぐちゃになってショッパイだけで誰も食べなくて何故入っているのか、作った母親・祖母本人も含めて、誰も知らない)、麩自体は完全に消滅しているカレーとか、たぶん私の知らない物にも入っていたのでしょう。
今日まで私は麩「ふ」は豆腐から作ったと思っていましたけど、グルテン(タンパク質)だったのですね。
グルテンという言葉は誰でも知っていても、実態はだれも知りませんよね。
麩は麩だったんだ。
田中さんや私達の子供のころは「タンパク質が足りないよ〜!」と言うCMの世代(言わせてもらえれば「最後の世代」)ですから、とにかく何でも麩を入れていたのかも。
また別の話、タンパク質ではありませんが、毎日「カンユ」も食べていましたよね。カンユも大好きでした。(私も【昭和】をやってしまった!!)
今住んでいるアメリカでは麩は売っているのを見たことがないけど(と言うか今まで「麩」の存在自体も忘れていた)、急に麩が食べたくなりました。今週末、探してみよう。
ちょっと主題が変わってしまいました。ごめんなさい。

TanakaJunko

石松さん:お久しぶりです! お変わりありませんでしたか。 さて、「タンパク質が足りないよぉー」と言われた記憶はないのですが、世代は一緒だと思います。「肝油」は食べてました。ざらざらしたお砂糖がまぶされているやつですよね。懐かしい。麩、いろいろに活用できますので、お試しあれ。その前にみつかりますように。

石松

石松です。度々すみません。
麩、アメリカでも売っていました。
中国産ですけど麩でした。
中国でも「麩」食べるんだ!中華料理に麩、私の貧弱な記憶の中には無い。(実を言うと私、中華屋でキッチンヘルパーを何年かしていたこともあるのですけど情けない。)

で、やはり田中さんお勧めの「ナ麩ぉリタン」作りました。(ピーマン入りも作りました)
かみさんにも好評でした。
買ってきたのは普通の麩ですけれど次は「イカ飯風」に挑戦したいです。

p.s.「麩」って漢字変換、なかなか出来ませんね。

TanakaJunko

石松さん:見つかりましたかー。「ナ麩ぉリタン」。ちゃんとピーマン入れて作ったのですね、よかった、よかった。今朝のNHK「あさイチ!」という番組でも、その「ナ麩ぉリタン」がスタジオでふるまわれたらしいです。私のダジャレがNHKで拡散されて、うれしい限りですw。

なおき

予約録画していたNHK「あさイチ!」をさっき拝見しました。「ナ麩ぉリタン」が一番大きく紹介されていましたね。
それにしてもまさかNHKと「恐怖の味噌汁」ネタがかぶってしまうとは。テレビを見ながら前後麩覚となりました(笑)
ウチで麩の味噌汁を作るとき、いつも完成直前に麩を入れていました。今度からぬるま湯の時点で麩を投入しようと思います。
「あさイチ!」勉強になりました。

TanakaJunko

なおきさん: 私も何度か映っていましたが、おわかりになりましたか?

さて、恐怖の味噌汁は、なおきさん発みたいですよ。コメント言いただいてからTweetしたら、それが担当者に伝わったようです。NHKでびゅですね!(笑

なおき

淳子さんもちろんわかりましたよぉ。
もし恐怖の味噌汁ネタがなおき発だとしたら、そのネタ代として金一麩°をいただかないといけませんね(笑)
ところでお麩研Webサイト http://ofuken.com/ofu の「グルテンを食材として不通に買うことができます」は、せっかく違う字を書くなら「麩通」と書いてほしいところだったりして。あさこ先生によろしくお伝えくださーい。

コメントを投稿する