人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

『女子のキャリア』を読んだ:「過度の配慮」は男女どちらにとっても良くないと思うのだ

»

同じ役割で採用した社員は、同じように扱うべきだと思っています。

「そんなことは、当たり前でしょう?」
「何十年も前からそうしているよ」

と思われる方も大勢いらっしゃると思います。

同じ場所に長期間男女そろっているというと、まずは、新卒者向けの新入社員研修です。
それを例に考えてみましょう。

同一カリキュラム、同一期間、名簿だって男女まぜこぜのあいうえお順で作っているよ。男女同等に扱っているよ、と人事や人材開発の方はおっしゃるでしょう。私たち講師もそれぞれのクライアント先で、男性も女性もなく、扱います。

しかし、よくこういうことが起こるのです。人事の方がつい言ってしまうセリフ。

教室のレイアウト変更があるとき。
お弁当を運ぶとき。
支給される何か(パソコンなど)が届いて配布するとき。
重い何かを配るとき。

「これから机といすを運ぶから、男性3人くらい手伝ってくれない?」
「お弁当を運ぶから、男性2人、給湯室へ取りに行って」

・・・

そう、力仕事の時、「男性」限定で依頼してしまうのですね。

この時点で、同等に扱っていなくなるんです。

これ2つの視点でよくないなと思うんですね。
・女性が「力仕事」は期待されていないと暗に思い、自分のできることに限界を決めてしまう可能性がある
・男性が「力仕事」=いわゆる”男性らしさ”、を期待されてしまうことのプレッシャーを持つ可能性がある

女性だって力持ちはいるし、男性だって力持ちではない人もいるでしょう。
だから、上記のセリフは、こういう風に言うほうがよいと思うわけです。

「これから机といすを運ぶから、誰か3人くらい手伝ってくれない?」
「お弁当を運ぶから、誰か2人、給湯室へ取りに行って」

と。

逆を考えたら、違和感の正体はわかると思います。

「机をきれいに拭いてほしいので女性2人、雑巾がけしておいて」
「女性2人、お茶入れてくれないかな」

・・・何か引っかかるでしょ?

「そうはいっても、男性と女性は肉体的に違うでしょう」という反論もあると思いますが、最初から「力仕事があるから、男性、ちょっと来てーー」というのと、「力仕事があるから、誰か手伝って―、男女問わず!」というのとでは、新入社員の意識が変わってくると思うのですね。

女性に対する「過度の配慮」は、女性の可能性の芽を摘む可能性もあり、また、男性にもプレッシャーを与えることがありうる、ということはちょっと意識していたいことです。

以下は、そんなことを思いながら読んだ本です。

『女子のキャリア』

中に出てくる職場の例が私にとっては経験したことがないものも多く、驚愕しました。私の勤務先(DECと現在の職場の2つだけですが)は、ずいぶん、男女の差を感じさせない風土があるな、とあらためて認識しました。

たとえば、力仕事は男女問わずやりますし、「男性だけー」「女性だけー」と言われたこともないです。この本には、「男性の”昭和”な鍛え方」の例もたんまりと出てきて、「うわ、大変だなあ」と思ってしまいました。

「働く女性を取り巻く環境の変化」とか「いまの時代のキャリア形成」など、とにかく色々と考えさせられる本です。「過度の配慮」についても出てきます。

Comment(4)

コメント

kitakaze

男性側に女性に対する「過度の配慮」を辞めてというなら、女性側も「過度の配慮」をさせない配慮を自ら率先していただきたいと思います。
これこそ「男だけ」の作業ではないと思います。
力仕事しない男がいても、残業で深夜帰宅させても、床を這いずり回る仕事をして服が汚れても男を責めないでほしいです。
「全然気にしません。なんでもやりますよ。」って言って欲しいです。

全ての女性とは言いませんが、ジェンダーフリーと言いつつ、実は男性側の配慮を期待してる方っていませんか?

TanakaJunko

kitakazeさん:お久しぶりです! そうですね。女性の意識も変えないといけません。配慮を過度に期待するというケースもあると思います。(最初からそうだったのか、配慮されているうちにそうなるのか、というのはわかりませんが)この本では、そういう女性側の意識についても触れています。

仲澤@失業者

社会一般の観点では「男(性)」「女(性)」という種別は、生物学的分類ではなく、
社会的「身分」をを指すと考えられます。
この分類においては各々の生物的な特徴は身分の修飾に過ぎません。
現在の社会ではこれらの「身分」に特有の機能をあまり希望しない方向にありますが、
素材の決定的な違いを完全に無視すべきではありません。
そもそも素材がまったく同等であるなら、それらの平等性について語るのは退屈でしょう。
素材が異なることを認める場合は、その協調について議論する余地が発生すると考えられます。
この議論は素材の物理的形状等でわかりやすい例を提示してくれます。
手の無い人にお茶を運ばせるのはやや非効率かもしれないということですね。

pepper

> そもそも素材がまったく同等であるなら、
さて何を基準に素材が同等というでしょうか?
男女の差異? 人によっては生出の違いも差異になったり、ありそう。

主題の本は読んでいませんが、
重たい物は男が運ぶもの、てのが、常識と化しているいる人は、当然、そう声を掛けるでしょう。もっともそれを無意識な前提で、"人"と言う事の方が多そう。で、女性が来ると困った顔になるとか。
本人から聞いた話ですが、アメリカでビールを買った時に、何で女に持たせると店の人に言われた方がいます。女は娘で、男はその父(70over)です。日本より平等と聞きますが。
もっともスーパーとか女性パートが多い職場では、男が当てにならないと言う現実が状況を変えているとも聞きます。どうなのでしょう。

コメントを投稿する