人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

化粧品の美容部員には20代から各年代の方を取り揃えていただけると嬉しい。

»

甥っ子(3歳)の母である我が妹は、「母ちゃんは15歳だからね」と教え込んでいて、この間、甥っ子に「○○ちゃんの母ちゃんは何歳なの?」と尋ねたら、ちゃんと「15さい」と答えていました。教育が行き届いています。

数字とひらがな・カタカナが読めるので、体重計の登録まで「15歳」に変更した、という徹底ぶりです。体重計に乗った時、「かあちゃん、4×さい、ってかいてあるよ」と言われたらまずいからです。(笑

そして、さらに、「いい、女の人には、歳と体重は訊いちゃいけないんだからね」という教えも。

我が母も、妹に「お母さんは8歳」と教えていたことがあるので、歴史は繰り返すわけですな。

さて、デパートの化粧品コーナーでお肌チェックというものを受けました。暇だったから。

20代のつるっつるのお肌をした美容部員さんを前に、アラフィーわたくし。

「何か気になっている箇所はございますか?」
「ほっぺたの肉が夕方になると下がってきます」
「夕方になると、ですか?」(←ぴんと来ない様子)
「朝はまだいいんですが、時間と共に下に下がって来るんですよ」
「少しハリが気になる、ということですね」(←実感が伴わないような口ぶり)
「他には・・。ああ、目の下になかった皺が」
「笑ったりすると皺できますよねぇ」(←そーゆうことを言っているんじゃないんだが)
「笑ってなくても皺が・・・。ほら」(←と言わなくてもいいことまで解説する)
「ああ、お疲れになると、出て来ちゃうこともありますねぇ」(←さらに実感が伴わないような様子)
「まあねぇ、歳だからしょうがないんですけどね」(←徐々に自虐的になってくる)
「いえいえ、もちろん年齢というのはありますが、それでもあーだーこーだー」(←後半はだんだん聞こえなくなってきた。心理的な要因により)
「・・・・」
「お肌、この機会でお測りしますね。これが今の状態です。」(とモニターを見せてくれる)
「ふむ」
「こちらが田中さまと同年代の方のラインです。つややうるおいなどすべての項目で上回っていますね」
「あ、そうですか?」(←急に機嫌が直る。現金)
「特に、うるおいは・・・あと、メラニンもいいですねぇ」
「日に当たらないように気を付けてきたので」
「その効果ですねぇ。素晴らしいですね」
「ええ、まあ」(←褒められてかなりいい気になってきている)
「これからも今のケアを続けてくださいね」
「はい」(←かなり素直)

・・・というわけで、格別何かを勧められるこもなく、もともと必要だった1点だけ購入して辞去したのでありました。

以前からずーっとずーっと思っていることなんですが、美容部員さんは、2-30代が多いようですけれど、40代50代60代70代と各年代をそろえて置いていただけないかしら?

80代90代の美容部員も需要あるかも知れません。(シニア人材の活用にもなりますし)

20代のぴちぴちつやつや美人に我が肌の状態を説明するのは、多少屈辱的で、しかも、説明しても説明しても、なんだかわかってもらえない。実感できないからですよね。

もし、50代のカッコいい美容部員さんがいたら、絶対にご指名する。共感力が全然違うと思うもの。

各化粧品メーカーのみなさま、ご検討いただければ幸いです(笑)。売上がもっと伸びると思いますよ。

Comment(6)

コメント

kanap

私も同感です~!私が使っている化粧品会社は年代別でブランドが違うのですが、やはり若い美容部員さんに私の年代の化粧品ブランドの良さを語っていただいてもいまいちピンときません。ほんとにそのラインを使って、いい!と実感してらっしゃるのかな?と・・・。

あと同じようなことなのですが、私は少し太っていて大きめサイズのお店に買いに行ったりするんですが、細~い店員さんがいらっしゃるのがどうしても解せません。
通販でもそうですが、店員さん(通販だとモデルさん)の着こなしに共感して「この服を買おう!」って決めることも多いのに、細い方からアドバイスを受けるのも屈辱ですよ(涙)
逆に太めの店員さんがいらっしゃるところでつい買いたくなるんですよねぇ。私がひねくれてるだけかも、ですが(笑)

TanakaJunko

kanapさん:洋服もそうですよねぇー。パンツがぱつぱつなのに、「お似合いですよ」とスレンダーな美女に言われても・・・といつも思いますw。

じーの

はじめまして。23~30歳まで某ブランドで美容部員をやっていました。39歳になりたてです。

諸事情により3年半ほど家事手伝いと言う名の無職で、、、その間に「また美容部員に戻りたい」と思って色んな会社にアタックし続けていますが、年齢と経歴(店長経験あり)が邪魔をして新入社員としては雇ってもらえません(/_;)若い先輩に対してイジワルでもすると思われているのでしょうか(笑)

もともと美肌ではないのですが、それが逆に接客の際の武器になってたんですよねぇ(笑)
「寝不足だとお肌荒れますよね?解りますぅぅ!!」みたいな(笑)

30代後半から、20代では考えられなかった「たるみ・しみ・肌荒れ」。
なるべく悪化させないようにはしてますが、お肌ツルツルの若い美容部員にはこの苦しみは解るまい。

「この人、肌汚いなー」という美容部員は必要ないのは解ってますが、なんというか、
お客様の年齢層が広いのに美容部員の年齢層が狭い昨今に疑問を抱いております。

はじめましてなのに、長々書き込んですみません^^;
まだ暑い日が続きますので、お身体ご自愛くださいね★

TanakaJunko

じーのさん:コメントありがとうございます! 美容部員をなさっていらしたのですね。50代は50代の美容部員に見て欲しい!という生の現場の声が化粧品会社に届くとよいのですが・・。

記事を楽しく読ませていただきましたが、全く同感です。何故なら、同じ美肌の基準であっても、年代による肌の違いが出るのは自然なことなので、20,30,40,50,60代と各年代別の美容部員がいても不思議ではないと思います。(なかには、平均年齢80歳代という某化粧品販売会社の営業所員(※職業は個人事業主の分類です。)がいるほどです。)

年齢的に不合格にされました。
若手を採用したいのだとか。
二十歳の美容部員の人と比較されたらたまったものではないが、経験やキャリアを活かして、高年齢のお客様への接客対応、アドバイスには自信満々ですが、会社の方針で落とされるのですよ。

コメントを投稿する