人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「いのち」とは「時間」のことなんです。(聖路加国際病院・日野原重明氏)

»

「オルタナブログ7周年」が素敵な「祭り」になっていて、びっくりしました。

私、昨年6/10にこのブログに参戦した直後に「6」が「番長と遊ぼう」のテーマになっていたのは見ていたのですが、「番長」が誰?何?かもわからなければ、その謎の「番長」という人(もの?)と「遊ぶ」とは何か?もわからないまま、やり過ごしてしまいました。

始めた当時は、「ブロガーミーティング」の存在も知りませんでしたし、PVが何かも知りませんでしたし、「TOP30」とかそういうあれこれも全部知りませんでした。(知らないというのは、教えてもらっていない、という意味ではなく、私が全く無関心だったというだけの話です。どうもスミマセン。)

それを思うと、1年経過して、「昭和」とあだ名もいただいて、新参者としては、まあまあ馴染めたのではないか、とほっと胸をなでおろしております。

ようやく「7」祭りに参加してみれば、あちこちで「うりうり」されている方がいらっしゃって、「ああ、いいな。私も”うりうり”されたい」と羨ましい気持ちで眺めています。 しょうがないので、自分で言っておきます。 

”うりうり” (そもそも、”うりうり”が何かもわからずに使ってますけれど)

ところで、本題です。

昨日(6/14木)、聖路加国際病院・日野原重明先生の講演を聞きました。毎週木曜に通っている上智大学・グリーフケア研究所の「グリーフケア講座」6コマ目の講師でした。

100歳になった日野原先生は、杖もつかずにお歩きになり、檀上に上がれば、90分立ったまま、元気な様子でお話してくださいました。今でも世界中を飛び回っていらっしゃるそうで、すごいことです。(この10月には101歳を迎えられます)

昨日の講演のタイトルは、「死んでいく人が家族のグリーフケアにどう参与できるか」でした。ちょっと「ん?」と思うタイトルです。「家族を亡くし、グリーフ(悲嘆)に暮れる人をどうケアするか、がグリーフケアのテーマなのに、その亡くなる家族自身が残される家族のグリーフケアに関わるか」ということだからです。

色々なお話があった中でこう結論づけられました。

「どのような死に方をするかで、残された家族のグリーフは変わってくる。死ぬ際、周囲の、残る人を悲しませないよう死んでいく、グリーフケアをしながら死んでいく。そのためには、自分が持っている”時間”をできるだけ人のために使いましょう」

・・・残された人が後悔にさいなまれたり、罪悪感を持ち続けたりしないよう、死にゆく時に周囲の人に和らぎを与えることができたらいいし、そういう死に方をすることもできるのだ、といったことをお話されていました。
(前段では、多くの事例を紹介なさった上のことです)

ところで、昨日のお話の中で、とても印象深かったことがあります。それは、「いのち」とは何か?です。

日野原先生は、今でも10日に一度小学生を集めて「いのちの授業」を開催しているそうです。10歳くらの子供たちに「いのちってなんだと思う?」と問いかけると、必ず心臓に手を当てるといいます。先生は、「それは違います」とおっしゃいました。

「心臓は”いのち”ではありません。心臓は単なるポンプです。”いのち”は目に見えないものです。確かにあるものだけれど、でも、目には見えない」

「では、”いのち”とは何か。”いのち”とは、私たちが持っている時間の証なのです。」

「人が望むことはなんでしょう。平和です。平和というのは、”人が与えられたいのち(=時間)を壊されてしまわないこと”です」

「人間は限られた”いのち”を持つ生きものです。」

「人のために使った時間と自分のために使った時間のバランスはどうなっていますか? 人のために使っていますか?」

「あなたが持っている”時間”(=”いのち”をできるだけ人のために使いましょう」

・・・・

「いのち」とは「時間」なのか。そうか、それはとてもしっくりくる。

たとえば、人を殺してはいけないのは、「他人の時間を奪うこと」だからですね。「あれもこれもできたはずの時間を奪うこと」だから、他者を殺めてはいけない。

人が亡くなるというのは、原因がなんであれ、「その人に与えられていたはずの”時間”が無くなってしまうこと」。それが悲しい。

そうか。

「時間を無駄にする」というのは、言い換えれば「いのちを無駄にしている」ということに他ならないのかも。 

世に「時間管理」の本やセミナーはたくさんありますが、「いのち」という観点で説いたものは見たことがありません。ビジネススキルの一環として、「効率よく作業する」「できるだけ生産性を上げる」「短い時間で最大の成果を上げる」という方向での「時間管理」術ならたくさん見かけます。

でも、「いのち」は「時間」なのだ、と言われたら、
「時間を無駄にすること」というのは、「あなたに与えらえた”いのち”を無為にしてしまっていることだよ」と言われたら、ドキッとします。

「時間管理」は言い換えれば、「いのちの管理」なのかも知れません。

「いのちとは時間のことなんです」

考えたことがなかったので、なるほどぉ~と深くうなずいてしまいました。

ユーモアもたっぷりで時々何百人の受講からどっと笑いが起こるような、しみじみした講義でした。いつまでもお元気で。


=========

日野原先生100歳、現役。 今でも多くの活動をなさっています。医療だけでなく、作曲もするし、子供ための教育もする。本も書く。外国でハンドベルのイベントに参加する。などなど。

ワタシがその年齢になるまでまだ51年もあります。びっくりしました。

そろそろ定年が視野に入ってきたなぁ、あと10年ちょっとか、と思っていたのに、まだ50年。半世紀。

それを思ったら、もっとしゃんとしなければ、と背筋が伸びました。

Comment(7)

コメント

never pierre

ウリウリ(・д・)=o)´∀`*)

いのち、深いですね。
考え方は素敵だと思うす。

あくまで私個人の気持ちですが、
「いのち=時間」を仕事の枠組みに入れてしまうと
もろもろが立ち行かなくなる気がして怖いです。

先輩に質問→先輩のいのちを削る
会議を主催→みんなのいのちを削る
残業→自分のいのちを削る

どっかでリカバリできる作業が
あればいいかもですが。。。

石松

うりうりと申します。

「うりうり」とはばんちょ~語で「おりゃ~!ブログ読んだらコメントぐらい残せよな!ボケッ!!」て感じですかね。一般語では簡単に「コメント」のことです。

命とか時間とかは今の私にとって難しすぎるのでこれに関してはうりうりしませんけど、田中さんのブログに関してうりうり。
田中さんってデビュー一年目にして、この田中さんのブログのPVは知りませんけど、うりうりされているのは五本の指に入るのではないでしょうか?!
ここでアップルネタ抜きでここまでうりうりを貰えるのは凄いですよ。
田中さん特有の「ほにょ」な感じの言い回しとか読むとついうりうりしたくなります。
田中さんのエントリーと同様、田中さんとこに残すみんなのうりうりも楽しいものばかりですよね。
私も一度くらい変なうりうりを残させていただきましたけど、いつも田中さんのエントリーとそのうりうりをいつも楽しみにしています。

田中さん、少なくてもオルタナ58周年まで「いのちの管理」をしながらいつも通りの生きるのが楽しくなるブログをお願いします。
私もたまにはうりうりさせていただきます。

TanakaJunko

never pierreさん:お久しぶりです。うりうりありがとうございます。言ってみるもんです(笑

仕事の場合は、その先輩が自分の人生を他者のために使ったことになるからいいのかなあ、なんて解釈しました。その分、自分もまた別の人のために時間を使うってことかしら? (不勉強なので、浅い理解かもしれませんけれど)

TanakaJunko

石松さん:とうとう「うりうり」ゲット! ぼそっとつぶやいてみるものですねぇ。うれしい。

うりうりの意味、よくわかりました。解説、ありがとうございます。

オルタナ58周年の時、ばんちょ~は、きっと今と変わらぬたたずまいだと思います。(キッパリ

梅崎正行

いのちは時間。なるほど。
私たちはほかの生き物の時間を奪ってしか生きていけません。
相手にお願い事をする、相手を食べるなどなど。相手に迷惑をかけてまで、なぜ生きていくのか。
それはなにかを伝えて行くため、広めていくためではないでしょうか。子孫としての遺伝子もそうでしょうが、人の考えや思い、そして、感動などを伝え、広めていくことがいのちの宿題のような気がします。そのことでほかの人を元気にする、また充実した時間をおくる手助けをする、そんなことが少しでもできたら、自分もいい時間を預かって、利子をつけて育てられたような気がすると思います。
いい時間の使い方をしたいと思いました。

TanakaJunko

梅﨑正行さん:コメントありがとうございます。利子をつけるというのは、自分に与えられたいのち(時間)に感謝して、誰かに”お返し”するということですよね。ホントにそうですね。しっかりと生きなければと思いました。ありがとうございました。

匿名

aichitemashita

コメントを投稿する